リンク

2013年3月29日金曜日

上げも下げも鈍い展開

海外が休日となるために動きが乏しいです
ただ値位置的には気をつけておきたいところであるため
週明けの急激な動きも想定しておきたいです。
仕掛けるには動いてからでもと思っています



怖いほど静かなドル円

グッドフライデーを前に静かな展開になるのは当たり前なのですが、
値位置が94円を挟んだところとう点で警戒しておきたいですね

94円を割り込んだところも見せても、
下げ足を早めずにもみ合いを見せていました。
方向的には円安との方向と見えますが、
キッカケ待ちであり、
押し目を待っている気配もあったので
多少の円高をみせた時にある程度の反応があると思っていましたが、
ここまで様子見をしていると言うことは、
一気に動き出すところを待ち構えているところでもあります。


そのため、長期的には円安とみたいのですが、
一気に動いた時に下げが深くなっては
損失が大きくなることもあるので、
動き出してからの仕掛けでもよいのかなというところです。

ドル高になったときに調整安を期待する動きもあるかもしれませんが、
こういった待機状態から動き出す展開の場合は
調整的な押し目も期待できないことがあります





NY金


NY金先物市場概況

◎金は反落、銀は続落、米GDP上方修正が金を圧迫

 COMEX ゴールド4月限:1594.8▼11.4、シルバー5月限:2832.3▼28.9

 28日のニューヨーク金は反落、銀は続落。終値の前日比は、金は16.1~11.4ドル安、中心限月の6月限は11.5ドル安、銀は28.9~28.5セント安、中心限月の5月限は28.9セント安。
 金6月限は、しばらくもみ合ったが、米GDPの上方修正で量的緩和の早期停止観測が広がったことや、株価上昇で安全への逃避買いの解消が強まり、下値追いとなった。



●NY為替市場概況


●NY為替市場概況

◎ドル・円は続落、複数の米指標の弱さでドル円:94.12▼0.28、ユーロドル:1.2819△0.0047

28日のドル・円は続落。

グッドフライデー(聖金曜日)の祝日をあす29日に控えるなか、
昨年第4四半期・米国内総生産(GDP、確報値)が事前予想ほど上方修正されなかったことなど
複数の米経済指標の弱さが嫌気され、一時、94円を割り込むなど軟調に推移した。
米東部夏時間午後4時05分すぎ現在、
ダウ工業株30種平均は前日比52.38ドル高の1万4578.54ドル。
また、10年物米国債の利回りは同0.0033%上昇の1.8487%。



2013年3月28日木曜日

ドル円

酢タネを探る気配があるが、月末などを踏まえて商いが閑散である
ただ蚊以外の市場になってくると活発になる可能性もあり、夜には注目だ
動き的には下値には93.50円でサポートがあり、上値としては94.60円ではレジスタンスがある
長期的にはドル買いとなりやすいところだが、雰囲気としては押し目を期待している気配だ。





白金

下げても上昇トレンドがサポートしている様子がある
4800円を割り込むまでは、押し目買いが出て下げ渋る気配
円高が一気に来ると勢いで4800円割れとなるが、そこからの展開を注目したい




東京金の展開

為替が主導権を握ってる展開です
4850円を割り込むと下げ足は早くなるところです





ゴム相場

持ち合いを下抜けており、売られております。
アングル的に見ても本日の実線で上昇トレンドを割り込んで終えると、チョックキンの安値を更新する展開となりそうです。



問い合わせ



kita_kuni1976@yahoo.co.jp

ホームページ





kita_kuni1976@yahoo.co.jp








ドル円

ドル円
もみ合いを見せているが、足取りは重い気配を見せている
じりじりと円高期待もあるが94円を割り込まないと早足にならない様子。
本格的に動くのが4月からなのか、長期的な仕掛けを作るにはまだ早そうだ



問い合わせ



kita_kuni1976@yahoo.co.jp

ホームページ












2013年3月27日水曜日

東京ゴム

短期指標をチャート上に表示しました


北の国から商品先物取引








無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ







ドル円が円安を見せた

若干円安を見せていますが、まだ円高に対する警戒感はぬぐえないところ
94.78円では上値抵抗を見せているところがあり、ここを上抜けて維持してくるか注目
下値としては93.50円がサポートとしている、長期的には円安の気配を見せているが押し目を見せる警戒をしておきたい










無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ


北の国から商品先物取引



2013年3月26日火曜日

ドル円をみる

円高もそれほど進まずにもみ合う展開のドル円
材料待ちの展開ですね。
方向的に円高に動く余地を残しているので注意しておきたいです。
ただ93.50円近辺ではしっかりとドル買いもある様子なので
ドル売りでの深追いは避けたいところ。
短期で売りつつ、決済をまめにして様子見ながら作戦がいいのかも










無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ


北の国から商品先物取引





円高を見せている

ドル円が円高を見せています。
96円からの調整安の範囲として見られています。下値としては93.50円を割り込まなければ再び買われやすく、高値更新を狙うところです。
93.50円を割り込むと状況的には方向観を円高に切り替えて考えておかなければいけないかもしれません。
長期トレンドがまだ上昇の傾向となっていますが、93.50円を割り込むとトレンドを割り込み下値警戒となるために円高を警戒するポイントとなります。
目先は93円台でもドル買いが入りやすいところであり、押し目買いとされやすいですが、94円に再び回復を見せたときにすぐ売られてくると円高の警戒をしておきたいです。









無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ


北の国から商品先物取引



2013年3月25日月曜日

NY金

流れは下げる気配だが1620ドルを上抜けてくると買い展開としてくる気配











無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ


北の国から商品先物取引



ドル円警戒

96円後半までの上昇を見せたドル円でしたが
徐々に上値の重さを見せています。

月末に向けてのドル買いが減っており、円高が目立ち始めました。
移動平均的にもデッドクロスを見せており、このまま円安を見せてこないとテクニカル的にもドルが売られやすい状況になります。
そうなると買われていたドルを手放す展開から、94円割れなどの警戒もして追い着たいところです。







問い合わせ



kita_kuni1976@yahoo.co.jp




無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ


北の国から商品先物取引



2013年3月22日金曜日

ドル円があやしい動き

ドル円が強い差を見せていたのですが、95円を割り込んできてから、怪しい展開を見せております
。移動平均がこのまま下げを見せてくるとデッドクロスを見せてくるため、円高の警戒となる気配です。ただ長期移動平均のほうは、95円の前半にあるため、ここをサポートラインとしてくるところです。
この辺の値動きは注意していきたいです。



2013年3月21日木曜日

ドル円

週末を踏まえて売買をしていきたいです
日足で見るとまだ強さを見せていることから上値の警戒となります

ただ週末との展開のため、利益確定的な売買も出てくるので、その辺を注意しておきたいです。
来週は年度末の展開となってきます

kita_kuni1976@yahoo.co.jp








無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ


北の国から商品先物取引



ドル円の強さ

円高を見せても押したところから買われるドル円
底堅い展開を見せていることから売り方がやられる展開です
96円の高値を視野に入れており、高値更新を見せても不思議ではないところです。
長期的な展開としてはドル買いが優勢なところであり、円安方向を踏まえた売買をしていきたいです。



2013年3月19日火曜日

売買指標の数値の設定方法

ご紹介している数値は移動平均を利用したものです。

移動平均でも指数平滑平均を利用し

数を4と9にしております。



短期の場合は時間足を利用しているので、売り買いのサインが出るたびに売買の逆転となり、ポジション無しと言うのがない状態で紹介しております。

つまり常に売り玉か買い玉を維持している状態。



長期指標に関しては日足で表示しており、売買の逆転サインが出るまで維持をすると

せっかくの利幅が小さくなることも多々あるためにルールを作り決済をしています



ルールは各自が設定するのがいいと思いますが、僕が採用しているのは

最大利益幅に対して20%減少したら決済

例えば)

買って、翌日上昇し、100円上がった。

翌日も50円上昇。この時で買値から150円上昇しています。

さらに翌日に今度は40円下がった。となると次の日足の寄り付きで決済となります。

150円の上昇に対して20%の値幅は30円となり、買値から(150円-30円)120円の値位置がストップラインです。上昇が続けば最大利幅も増えていくので、ストップラインも上昇していきます。



買って下がった場合、上げれずにもたついている場合

こういったときは短期線(4)、中期線(9)にタッチして引けた場合に決済としております。



こういったルールを設定しておくだけでも非常に有効な戦略になります。



ちなみに移動平均が買いサインを維持しており、途中で決済しポジションがなくなった場合の

再スタート値は

損切りの場合、買値に戻った場合に再開とし、



最大利幅から20%の値幅縮小が出た場合は、決済した値段を再び超えて終えた場合に再び買いスタートとしております。



短期線は乱高下があると決済手数料などで振り回されてしまいますが、リアルでチャートをみながら売買する分には損切りを小さくすることが出来るので実際の売買戦略にも有効と思います。
















商品指標

指標を発表しておりましたが、夜間の値動き時には更新できないので

皆さんが手元でわかるように指標の数値を後ほど紹介いたします。

この数値と決済ルールを摘要することで大幅な損切りを回避して、利益が出ている時は出来るだけ引っ張るような形にすると安定した利益を追求できると思います。





短期指標 ②4912円 買い仕掛中

長期指標 ポジションなし



白金

短期指標 ②4884円 買い仕掛中

長期指標 ②4850円 売り仕掛中



ガソリン

短期指標 ⑨76720円 買い仕掛中

長期指標 ⑨76290円 売り仕掛中



ゴム

短期指標 ⑧278.8円 売り仕掛中

長期指標 ⑧276.5円 売り仕掛中







ホームページ





FXはこちら





無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ









2013年3月18日月曜日

円高警戒感も出ている

急激な円高に対しての警戒感から買い戻す気配を見せたりもしていますが
円高が終焉した様子がまだないようなので円高警戒としたいです。











無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ


北の国から商品先物取引



ドル円

急落に対しての窓を埋めた後の円高を警戒したいです
キプロスショックの影響がすぐ終えるような気配がないことから、ドルが売られやすい展開を見せています。





商品 売買指標





短期指標 ②4916円 売り仕掛中

長期指標 ②4856円 買い仕掛中



白金

短期指標 ②4961円 売り仕掛中

長期指標 ②4959円 買い仕掛中



ガソリン

短期指標 ⑨77820円 売り仕掛中

長期指標 ⑨79070円 買い仕掛中



ゴム

短期指標 ⑧280.9円 買い仕掛中

長期指標 ⑧284.6円 売り仕掛中



もみ合う展開が続いています。

移動平均の売り買いサインがすぐに変るため、方向観がなかなか出てこないようです

またあとで短期指標(移動平均)の売買変化を表として更新します




2013年3月15日金曜日

商品市場の戦略





短期指標 ②4937円 買い仕掛中

長期指標 ②4856円 買い仕掛中



白金

短期指標 ②4955円 買い仕掛中

長期指標 ②4959円 買い仕掛中



ガソリン

短期指標 ⑨77690円 買い仕掛中

長期指標 ⑨79070円 買い仕掛中



ゴム

短期指標 ⑧280.9円 買い仕掛中

長期指標 ⑧276.5円 売り仕掛中



まだゴムは売り仕掛中になってます。

これがどうなるか今後の展開に注目してます








ホームページ



FXはこちら




無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ














ドル円が底堅い

現時点での展開から夕方までは動きをそれほど見せずにくるのか
しっかりとした展開を見せており、ドル買いが強い気配です。
週末と言うのもあり、大きくポジションを取るには控えておきたいところ











無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ


北の国から商品先物取引



ゴムの戦略

反動的な上昇がもう終えたのか
下げてきてますね。
動き出すと大きいのがゴムの特徴なので注目したいです






商品が上昇 ドル円は方向観見せず

金白金が乱高下のサインを出してます

揺さぶられるところですね。

ゴムがちょっと下げの分の上昇を見せてくるのか注目ですね





短期指標 ②4937円 買い仕掛中

長期指標 ②4856円 買い仕掛中



白金

短期指標 ②4955円 買い仕掛中

長期指標 ②4959円 買い仕掛中



ガソリン

短期指標 ⑨77690円 買い仕掛中

長期指標 ポジションなし



ゴム

短期指標 ⑧280.9円 買い仕掛中

長期指標 ⑧276.5円 売り仕掛中



揺さぶられております。ゴムがここから再び上昇を見せてくると決済をして様子見かなと考えております。




先物取引ブログ






2013年3月14日木曜日

ドル円

緩やかな攻防が続いています
まだドル買いのが根強く残っているようで
95円前半に来てもドル買いとされやすいところです

上値としては96.71円の高値を取ろうとする気配ですが、
上昇を見せるためには勢いとつけるための押しが欲しいかなという所

明日は週末になります。





商品の戦略



短期指標 ②4917円 売り仕掛中

長期指標 ②4856円 買い仕掛中



白金

短期指標 ②4928円 売り仕掛中

長期指標 ②4959円 買い仕掛中



ガソリン

短期指標 ⑨77600円 売り仕掛中

長期指標 ポジションなし



ゴム

短期指標 ⑧297.5円 売り仕掛中

長期指標 ⑧276.5円 売り仕掛中






【送料無料】商品市場入門新版 [ 鏑木繁 ]

価格:1,365円(税込、送料込)





エリオット波動から金の戦略

仮説です
2012年の7月を上昇のスタートと見た場合
2012/10月で第一波とすると11月に向けての下げが2波
そして2013/2月の高値が3波としたら
2月末に向けた下げが4波となり
次は5波に向けた上昇なのだろうか
それとも4波の下げはもう少しあるのだろうか







ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。