リンク

2013年7月8日月曜日

ゴムの戦略会議

ゴム
240円を割り込んでくると、崩れやすい気配
下値抵抗とされている237.25円を割り込む気配があり
注意したいところ。
上値としては243.70円があり
ここを上抜けても250円を上抜けるまでは戻り売りとされやすく
注意しておきたい




運用成績


kita_kuni1976@yahoo.co.jp


問い合わせ

北の国から商品先物取引







ゴムの戦略会議室

ゴム
250円から頭重い展開を見せています
243.65円を目先の上値抵抗としており、
ここを上抜けていないので237.25円を
下値抵抗とした展開を見せてきます


240円のところがしっかりとした抵抗を見せており
ここを割り込んでくると下げ足を早める警戒のところです。






金の投資の戦略

雇用統計の発表からドル高という展開を見せています。
再び101円台を維持
この状況から強いドルというイメージがあり
金が売られやすい展開を見せているところになっているようです。

NY金も買われるよりは戻りは売られる展開を見せており、
下値の警戒をしておきたい。

国内も安いところは買っておくという展開から、下値が深くなり
買いを進める人は安いからという理由で勧めやすいが
歯止めが果たして掛かるのだろうかという不安がある現状では
安易に買いを仕込みづらい

買うとしても短期を狙ったり、急反発があったときはすぐに決済をして
様子見のポジションを取っていきたいところですね






運用成績


kita_kuni1976@yahoo.co.jp


問い合わせ

北の国から商品先物取引







ドル円これから注目大

ドル円のドル高は2度目の100円越えとなり、
割り込まずに101円を見せています。
底堅さををみせているところもあり、
ドル売りとするのはリスクが高いようにい思えますね。
ここからのドル高の強さは本物かもしれません、
ポンド円は売りポジションですが、全体的な上昇がでてくると
すぐあげるところもあるので、売りの深追いは警戒しておきたいですね

システムによる売買サイン
ドル円 長期指標 97.906円  買い仕掛中
ユーロ円長期指標 129.092円 買い仕掛中
ポンド円長期指標 150.777円 売り仕掛中
豪ドル円長期指標 91.546円  買い仕掛中     

問い合わせ


実績表







無料
(2013.03.01時点)
posted with ポチレバ


北の国から商品先物取引




ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。