リンク

2013年7月29日月曜日

商品の戦略


じりじりと下げましたが、加速がつくほどの下げではなかったようです。
そのため買い戻しの警戒感が出ています。
反発が出てくると4203円が上値抵抗を見せていますが
4210円前後のほうが戻り売りとされやすい気配のため
この値段をポイントとしてみておきたいです。

下げ続けてくると4150円を下値抵抗としており、
ここを割り込むと4100円割れの警戒です。

白金
雲を抜けれずに下げているために売られ地合いを見せています
4610円前後ではまだ戻り売りとされやしために
上昇を見せても戻り売りに注意したいです
下値では4510円が押し目買いとされやすく
ここを割り込んでくると4490円を下値抵抗としてきます。
更にここを割り込むと4400円われも視野に入れたいところです。

ガソリン
73230円の下値抵抗を意識しており
ここを抵抗とした展開を見せる気配です。
ここを割り込むと72350円を下値抵抗としており
割り込むと71500円で押し目買いとされる気配です。

上値では74130円が戻り売りとされやすく
ここを上抜けると75000円を視野に入れた上昇を見せそうです

ゴム
239円を下値抵抗としており
ここを割り込むと、232円割れを見せる気配です
上値としては243.5円に上値抵抗と見せていますが
それほど強い抵抗でもないようです。
245円にはしっかりとした抵抗もあり、戻り売りとされてきますが
ここを上抜けてくると250円を次の抵抗とした展開となりそうです。


金融・投資 ブログランキングへ


-->




運用成績


kita_kuni1976@yahoo.co.jp


問い合わせ

北の国から商品先物取引







消費税率引き上げをめぐる

来年4月に予定される消費税率引き上げをめぐり、安倍晋三首相が増税による経済への影響について、複数案に分けて検証するよう関係部局に指示した。
政府筋がロイターの取材で明らかにした。ただ、検証は消費増税実施の際の追加対策の見極めが目的で、増税の選択肢を示すものではないと説明している。


政府筋によると、1)消費税率を現行法通り2014年4月に8%、2015年10月に10%に2段階で引き上げる、2)最初に2%上げ、その後1%ずつ引き上げる、3)毎年1%ずつ引き上げる──などのケースで国内経済への影響を検証。予定通り実施した場合と小刻み上げ案の比較検討を試みる。
消費税の問題はFX,CXともども目の離せない内容です。
先読みをして市場は常に動いているので、それを踏まえた展開を仕掛けなければいけません。



金融・投資 ブログランキングへ


-->






kita_kuni1976@yahoo.co.jp


問い合わせ

北の国から商品先物取引







ドル円戦略

ドル円
98.79円を割り込み96.65円を紫檀ね抵抗としてくる展開
95円ではしっかりとした下値抵抗を見せているために
ここまで下げると押し目買いとして
ドル買いの人気を再び見せるところ






ゴムの戦略

ゴム
243.5円を上値抵抗としており、ここを再び反発して上抜けるか
午後からの動きに注目したい
下値としては235円近辺では押し目買いとされやすいが
そこまでは目立った抵抗が無いので240円を割り込むと
ずるずると下げやすい。






全体的なムード

全体的に下げムードを見せていますね
このまま下げ続けるかというと押し目も狙われるところと
なりそうですが、
戻りも売られやすいところ






ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。