リンク

2013年12月25日水曜日

動きなしのところですね。息抜き動画です

我が家の次男です。ニュースでも何でもない動画ですいません。







お勧め本 スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学

題名だけ見ると別に読む必要ないのかなと思いますが
経済学の本です。そして価格とコストなどの本です。
つまり投資運用するに当たり読んでおいて損の無い本です。









昼のニュース動画はこちらから

南スーダン死者数千人か 国連はPKOを大幅増強:Mプラス:テレビ東京








パソコンなどからご覧ください。スマホでも大丈夫と思います。









一生お金に困らない「華僑」の思考法則

お金に対する悩みが一番つまらない悩みだと思います。
そんな私もたくさん悩むのですが、物に対して悩むと言うのが切ないですね。
だから、一番最初にクリアしないといけない課題なのかもしれません。










NYは動き薄い

きょうのNY市場、この日発表になった米耐久財受注が強い内容となったことでドル買いの動きもやや見られた。ただ、クリスマスイブということで動意薄の中、反応は続かず、小幅な値動きに終始している。また、米新築住宅販売件数も予想を上回り、前回分も上方修正されている。在庫も改善が見られ、比較的好調な数字と思われるが、市場の反応は限定的だった。
ドル円は104円台前半での振幅が続いた。株価が堅調で、先行き期待感からの円安の動きがドル円をサポートしている。ただ、この日は米国債利回り上昇、米株も高値更新となったが、105円台を試す動きまでは見られていない。クリスマスイブということもあるが、さすがに105円には慎重さもうかがえる。104.50から上には相当程度の売り圧力が控えているようだ。
ユーロドルも小幅な値動きが続いていた。米好指標からのドル買いで、やや売りが優勢になる場面もあったが、大きな下げには至っていない。
きょうのユーロドルは1日を通してじり安の展開が続いている。12月のユーロは強い展開が見られていたが、それは短期金融市場での資金ひっ迫懸念から、短期金利が上昇していたことが主因としてあげられる。ただ、それもここに来て落ち着いてきており、短期金利もここ数日は横ばいで推移していることから、ユーロ買いも一服といったところのようだ。
来年のユーロに関してはファンダメンタルズの弱さから、ユーロ安を予想する声も多い。しかし、年初に関しては過剰流動性の減少も予想され、資金需要は引き続き強いとの見方から、ユーロはもしばらく底堅いのではとの指摘も出ている。








ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。