リンク

2014年2月28日金曜日

商品先物の売買戦略

とうとう来月は年度末です。
あっというまの25年度でした。


東京金
4350円を割り込み、4365円まで回復して終了。
微妙なところですね。
2/18の高値からの下落と2/26からの下落が似た幅になっており、
ここで下げ完了とされてくると
再び4426円超えを試す展開となってきます。

4350円を再び割り込むと下げ幅が完了してないことから
4300円を視野に入れてくるところとなりそうです。


東京白金
金同様にいやらしい値位置にいるところ。
日足では4800円を超えて雲を一時的に上抜きましたが、
結局引けにかけて下げており、
下値でも雲の中に居ることから
方向観の探りあいとなっているようです。

売買が一定範囲内で固まっているために、
動いてきたほうに追随した建て玉と損切りした落ち玉が重なり
動きに方向性がでてくるところ、
慎重に見てから仕掛けたいですね。


東京ガソリン
雲を下抜けており、上値重い気配を見せております。
年度末の月のため乱高下も激しいかもしれませんが、
戻りを売りたいところ。

79660円を上抜けてくると
80540円を上値抵抗とした展開となりますが、
ここをさらに突破してくると
81000円を上値抵抗とした展開を見せるところです。

上下に揺さぶられることもあるので、
ぶれる幅をしっかりと見てから仕掛けたいです。

東京ゴム
227円の上値抵抗をしっかりと意識しておりました。
下げずに反発を見せてきたことから、
底打ち観が出ており、再び227円を試す気配です。

ここを超えてくると230.6円で再び戻り売りの警戒ですが、
下値の抵抗が227円となり、
押し目買いを見せやすくなってきます。

227円を維持してくると236円越えが視野に入るところ

再び227円を割り込むと注意しておきたいです
。玉整理的な売買の上昇であったこととなり、
上昇がダマシの下げを見せるところとなりそうです。









異次元緩和「極めて効果的」=岩田日銀副総裁

日銀の岩田規久男副総裁は28日、
銀行貸出は前年比2%台半ばと過去のデフレ脱却局面と比べて大きく伸びており、
マネーストック(広義流動性)も1月は前年比4.4%増と
1998年以来の高い伸びであると指摘し、「異次元緩和は極めて効果的」と強調した。

衆院予算委員会での畑浩治委員(生活)への答弁。

岩田副総裁は、
異次元緩和は「強力な金利低下圧力や資産入れ替え(ポートフォリオ・リバランス)効果により
銀行貸出を増やす方向に作用する。

家計や企業のデフレ予想を抜本的に転換し資金需要を生み出すのが目的」と説明。

これまでデフレ脱却局面では
企業や家計が現金・預金を大量に溜め込んでいるため
「貸出残高はむしろ減り、だいぶ遅れて増え始めるが、
今回はすみやかに貸出が増えている」とした。

異次元緩和「極めて効果的」=岩田日銀副総裁 | Reuters

















102円を割り込んだドル円によって

ドル円が102円を割り込み安いところを維持しております。
このまま102円に回復してこないと、全体的に円高の影響を受けて
商品先物も下げの影響を受けてくるところです。

金、ガソリンの下げが主導してくるのか
ゴムの伸びが帳消しにされるような下げになるのか
13時以降に注目しております。

一目均衡表ではドル円が雲を下抜けしており、2月上旬の安値からの上昇トレンドを下抜けする気配から
為替のほうにも市場の関心が向いていることからも、とても注目しております。

3月は年度末という展開からある程度動いてくることを想定してますが、
荒波に飲まれないようにしていきたいところですね。








ゴム市況

【市況】

東京ゴムは上昇。円小幅高、工業品の下落にも買い優勢となり、
期先2本が序盤早々に221円台を試した。
月末の買い戻しか。

 午前9時19分現在の前日比は、1.8~2.2円高。
 推定出来高は4167枚。そのうち夜間取引が2500枚。



相場の監視疲れに

私はエビオスを飲んでいたのですが、最近こちらに興味をもっています。

身体が資本とはよく言ったものですね。

体調が悪いと正しい判断が出来ません。
正しい判断が出来ないと、売買が適当になってっしまいます。
そんなになったら、勝てるはずないですよね。

投資は市場との戦いですが、体調管理は基本の基本です。

スーパービール酵母Z 660粒
アサヒフード&ヘルスケア (2000-09-18)
売り上げランキング: 111




2014年2月27日木曜日

夜ってお腹空きますよね

飲んでも食べても、夜になればなるほど
お腹が空いてきます。
胃が宇宙のように感じます。

腹が減っては戦ができぬ

熊本もっこすラーメン 123g×10個
五木食品
売り上げランキング: 230

私は麺類が好きなんです。
そしてインスタントでは焼きそばが大好きです。
ごつ盛り ソース焼そば 171g×12個
東洋水産
売り上げランキング: 135




2014為替で勝負するなら

データ勝負です
基本的なことは手元に置いておきましょう
日々の売買を見返しましょう。

毎日、為替のことが目に付くようにしましょう

一冊は持ちましょう
FOREX NOTE 2014 / 為替手帳 (黒)
エイチスクエア株式会社
売り上げランキング: 1,280




商品先物の戦略 ゴム注意

明日は月末です

東京金
週足で見ると雲を突破したところから売りたたかれております。維持できずに下げを見せており、基準線と転換線のクロスを見せる気配から、注意が必要です。
もう少し売りたたかれる気配がありますが、4350円を割り込んでも反発してくると下値期待が薄くなりそうです。
4350円を割り込み、反発が弱いと高値からの調整安を見せてくる展開から4300円に近づく気配です。

東京白金
雲を突破できずに売りたたかれて終了。ただし基準線を割り込まずにいることから、調整安として再び上値を試す気配もあります。4721円を割り込むと雲を下抜けすることから、上値重くなる気配です。4782円を突破してくると再び上値を試す展開から4800円を超えてくるところ

東京ガソリン
じりじりと下げを見せていますが79790円を割り込まずにいることから、まだ反発の警戒があります。
割り込んでくると79660円に押し目買いとされる気配がありますが、ここからの反発が弱いと下値を探ってきます。

東京ゴム
価格の変動幅が拡大されてきてます。これに取引量も増えてきているので、通常天井圏で発生するといわれているものです。注意したいですね。天井という値位置ではないですが、もう一段の下げを見せてくる気配もあり210円を割り込んで200円も視野に入るかもしれません。上値では221円を超えてくると上値期待が出てくるところですが、227円では戻り売りが控えている様子があるために注意のところです。





総合取引所創設で商品市場はどうなるか

JPX常務執行役 山澤光太郎氏に聞く
先物ジャーナル

アジアでナンバーワンの取引所に
 ──総合取引所の中に商品先物市場が入ることについて、率直にどう思うか。
 「JPXには先行きのビジョンがあって、それは『アジアで最も選ばれる取引所』ということ。政府からは『アジアでナンバーワンの取引所になれ』と言われているが、現物のほうは、取引高、上場企業の時価総額、どちらで見てもアジアナンバーワンだ。ニューヨークがあってナスダックがあって、3番目が東証(東京証券取引所)という世界。
 でも、デリバティブは決してそういうステータスになっていなくて、取引高でみると全世界で17位。アジアで9位。JPXがさらに取引高を増やしてアジアの中でフレゼンスを増やしていくことを考えていくと、コモディティの分野は絶対に必要だろうと思う。
 なぜかというと、お客様がそれを望んでいるからだ。要するに、今のHFT(高速取引)をする人とかフロップハウスなどのお客様はグローバル的にみてすごく増えている。そういうお客様にとっては、デリバティブでいえば原資産は何でもいいわけだ。デリバティブの先物でもオプションでも、複数のデリバティブ商品の市場価格の動きをみながら、その相関関係に基づいて取引するだろう。それは、幅広ければ幅広いほどいい。だから、(日経)225と金、225と為替のアービトラージをするとか、そういうタイブの取引参加者が増えてきているので、顧客のニーズに応えられない取引所は、生きていけないと思う。
 そういう意味で、東商取さんが株をやるのももちろんいいのだろうが、ワンストップで、1つのシステムでさまざまな多数の商品を幅広く提供する取引所でないと、成長できない。そういう意味では、総合取引所に商品先物市場が入るというよりも、コモディティを含む幅広い商品を提供する取引所であるということは、とても意義あることだと思う。
 もう1つ、コモディティがアジアで1つの焦点になってきていると思う。ICE(インターコンチネンタル取引所)がシンガポール・マーカンタイル取引所を100億円くらいで買った。金額自体はたいした値段ではないが、でも、ほとんど取引高がゼロの取引所を買ったという点では高いのかもしれない。それは要するに、取引から清算までセットに持っている取引所をインフラとして買った。中身はこれからICEが売っていくということだろう。それから、ユーレックスがもっと小さいプライベートな取引所の株を52%買った。SGX(シンガポール取引所)と香港取引所がMOU(覚書)を結んでコモディティや人民元のビジネスをやっている。CMEはマレーシアに出資して、ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)では全部グローベックスというシステムで取引が行われている。また、上海のフリートレードゾーンに原油の先物のマーケットができた。やはりアジアの時間帯でのコモディティビジネスは、グローバルにみんなが見ている。
 そういう中で、日本は今とてももったいないことになっていると思う。総合取引所をめぐるさまざまな議論で、前向きな動きがとれなくなっている。中国が2020年までに国際金融マーケットになっていくのだという議論をしていて、こうした世界ナンバーワンのコモディティの需要国の動きが極めて急な中で、それに対応する形で、シンガポールでもグローバルなメガマーケットも動き始めており、そういう状況下でJPXも東商取さんも含めて何の動きもしていないということが、もったいないと思う」
 「(日本の)コモディティのマーケットがかなり危機的な状態になっている。この10年間、グローバルなコモディテイ・マーケットの出来高は5倍になっているが、一方の国内の出来高はこの10年間で5分の1になっている。この中でどういう手を打っていくかといったときに、日本のマーケットのためにオールジャパンで頑張っていったほうがいいと思う。なるべく早いタイミングで総合取引所が実現すればよいと、私自身は思っている」



中国人民銀行(中央銀行)が唐突に元安誘導

中国人民銀行(中央銀行)が唐突に元安誘導に乗り出し、投機筋の間に衝撃が走っている。

一方的な元高をけん制することが狙いとの見方が出ているが、市場関係者は、人為的に元安リスクを発生させても真の自由化にはつながらず、投機筋が割安感から再び元買いポジションを膨らませる可能性があると分析。市場原理の導入に向けた大胆な改革が必要と指摘している。

元安誘導をめぐっては、元の変動幅拡大に備えた動きとの観測も出ているが、中国への資金流入は続いており、変動幅を拡大した場合、一段の元高を抑制できるのか、という疑問の声もある。

人民元のスポットレートは1月13日以降、1.5%以上急落。下落率はギリシャ債務危機以降で最大となった。

元急落は、人民銀行が基準値を連日、元安方向に設定していることが背景。市場関係者によると、大手国有銀行も中銀の要請で元を売っている。

政府系シンクタンク、中国国際経済交流センターの王軍シニアエコノミストはロイターに「人民銀行としては、これ以上一方的な元高が進まないことを市場に理解させ、他の主要国通貨のように元を上下に変動する体制を整える必要がある」との見方を示した



2014年2月26日水曜日

投資をやる上で神棚はありますか

最後の最後は運頼み
相場の答えは神様しか知らないと昔からよく言いますが、

どこの相場会社にも、必ず神棚があります。

そして、個人投資家が増えている中

神棚を祭っている方はどれくらいいるのでしょうか

私は、家にも会社にもあります。

大きなものでなければいけないというのはありません。

今はこれくらいのが主流です。札一枚サイズです


増田 大神宮袖付
増田 大神宮袖付
posted with amazlet at 14.02.26
増田
売り上げランキング: 1,552




商品先物の売買戦略

あっという間に月末に来ましたね
やっとこ春を感じる季節にもなりました。
雪かきから開放されると思うとなんとも晴れやかな気分になります。

では商品先物の分析を始めます

東京金
週足では4415円の一目均衡表の雲から頭を出している状態
ここからたたかれてこなければ、4500円も早そうなところ。
売りたたかれて再び頭を雲に入れてくると、もみ合い気配が出てきます。


東京白金
じりじりと上昇を見せており、4737円を超えているところを維持
4800円に入ってくると、利益確定も踏まえた売りが出やすくなるために注意したい
下値では4737円を再び割り込むと調整を踏まえた下げを見せる気配です。


東京ガソリン
下げを見せてきています。80000円を割り込む気配から戻りが売られやすい展開です。
81160円では戻り売りとされる気配があります。下値では79750円を割り込み買戻しなどの買いで再び79750円を超えてこないと上値重い展開となってくるところです。

東京ゴム
月末を踏まえた様子見ムードを見せており、220円を超えてきても戻り売りとされやすい気配があります。
したんでは216円を割り込むと下値を探る展開から210円を視野に入れておきたいところです。





札幌の商品先物会社

北海道は春がやってきたような天気が続いています。
このまま新年度になってくれるととてもうれしいのですけどね。

そんな春を迎える北海道の投資市場は昔から比べるとちょっと寒い感じです。
札幌の会社も3社くらいしかいません。

商品先物を中心に扱っているのが、対面だと岡安商事0120-130-861

fxだと3社とも扱っているようです。

ネット売買になると会社がどこにあっても関係ないのか、
取引会社は撤退をしていきます。
さびしいものですね。

しかし、対面でしか出来ない売買もあるはず
そして、人を通して行うことでのメリットも必ずあると思っております。

なぜなら、市場は人の手によって売買されているからです。
そういった肌で感じるものを担当者を通して実感してもらい、
ただのマネーゲームではなく、人と人の繋がりを感じれる売買をしていただきたいなと考えたりもします。

取引を継続するかどうかは、担当者の人柄というのがとても大事ですね、

よい出会いがあればと思います。





ネット取引の比較

ネット売買が盛んに行われています。
しかし、売買量的には対面のほうが多いような感じもします。
ネットは口座数は沢山あるのですが、休眠口座がとても多い


結局のところすべての情報収集や判断を自分ひとりで行わないといけないことから、
リアルタイムのニュースにとても疎くなります。

これはみなさん本業を持っているために、
売買するタイミングとニュースの入るタイミングが
必ず一緒というものでもないためなんです。

そこで人を通して売買をすると、
担当者が秘書のように情報を逐一チェックしていますので、
みなさん、本業に力を入れつつ、
売買するときに担当者の情報に耳を傾けるだけで
よいという点がとても良いと感じております。

それを考えると、ネットで売買しつつ、
担当者もいて情報集をしてもらうというのが

ベストのような気もしますね。

ネット売買比較サイト



2014年2月25日火曜日

商品先物の売買戦略

動きの激しい展開が続いております。
私のところもばたばたとなっており、忙しい日々です。

日経平均なども動きを見せており、株式、商品先物、FXとどれもこれも魅力的ですね。

東京金
上昇を続けている金ですが、週足を見るとまだ一目均衡表の雲を上抜けしておらず、基準線と転換線のクロスが近いことから、月末に近辺に急展開もありそうなので注意したいです。
4415円を超えると買い玉の決済も見せており、戻り売り注意のところですが、上抜けてから割り込んでこないとそこがためと成りもう一段の高値警戒となりそうです。
下値では4370円では押し目買いとされている気配があります。

東京白金
高値から反落を見せており、一目均衡表の雲を上抜けてくると売りの警戒を見せているようです。
下値では4737円では押し目買いとされていることから、上値を探る気配をみせています。
4800円を超えてきても上げすぎ感がないところです。

東京ガソリン
上げ下げを繰り返しもみ合いを見せています。
下値では81350円を割り込んで買いが出てこないと、80400円を次の押し目買いのところとされているようです。
上値では82520円を超えてくると久々の雲を突破することから、上値期待が出てきます。

東京ゴム
226.5円では戻り売りとされている気配から、この辺では売りに気をつけたいところ。215円前後では押し目を拾う動きを見せており、押し目買い警戒です。ただ押し目買いの勢いが弱いと売りが出てくるため210円を視野に入れた展開を見せそうです。





米経済への楽観論

[ワシントン 24日 ロイター] -米国を襲っている異例の寒さが第1・四半期の経済成長を抑えるだろう。しかしエコノミストの間では、その後に持ち直しの動きが見えてくる可能性は大きく成長率は次第に上向きになる、との楽観論に動揺の気配はない。

第1・四半期の国内総生産(GDP)成長率は、非常な低温と、米国の大半の地域を見舞った大雪や凍結などの悪天候のために最大で0.5%ポイント押し下げられる見込みだ。

天候に加え、企業による在庫圧縮の動きや、長期失業者向け給付の失効といった一時的な要因もマイナスに働く。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スイート氏は「足元の減速により、すべての人の経済に対する楽観姿勢が試されている。しかしこれまでのところはソフトパッチ(一時的な鈍化傾向)にすぎない。住宅以外では、最近のデータがファンダメンタルズの変化を示唆しているとは考えていない」と語った。

同社は今年の米成長率見通しを3.1%に維持しており、他のほとんどのエコノミストも、1月の大雪で雇用から小売売上高、製造業活動に至るまで急ブレーキが掛かった後でも、年間成長率見通しに修正を加えてはいない。

もっとも2月も大半の期間はひどい天候だったため、しばらくは低調な指標が続くもようだ。

ゴールドマン・サックスのエコノミスト、デービッド・メリクル氏は「気象条件が平年の基準から大きくかい離した場合、経済指標に影響を及ぼし得る。2月はこの冬で最も厳しい月のように思われ、まだ最悪時期はやってきていないことがうかがえる」と述べた









2014年2月24日月曜日

商品先物売買戦略

東京金
一段上値の跳ね上げた展開でした。
週足で見ると一目の雲の中におり、4415円を上抜けると雲を上抜ける展開です。
それまではまだ戻り売りの気配も越していますが、押したところに買いが入ったことから上値警戒したいです。
下値では4333円を割り込むと雲を下抜けしてくることとなり、下値を探る期待がでてきます。

東京白金
4740円を超えてくると売りが出てくる気配から、終値は上値抵抗とされている4737円を割り込んで終了。
じりじりと買われているために4800円超えの期待が強く出ています。下値としては4700円を割り込むと一目均衡表の雲を割り込み舌抜けとなる展開です。

東京ガソリン
もみ合いの最中であり、方向を探る展開を見せています。
82520円を上抜けると一目均衡表の雲を上抜けることから、上値を探りやすくなりますが、81350円を割り込むと80400円を押し目買い警戒のポイントとした下げを見せる気配です。

東京ゴム
上値探りを失敗し、急落を見せています。210円を視野に入れるような下げを見せており、下値警戒の展開。
再び220円を上抜くと226.5円を上値抵抗とした展開を見せてきますが、戻りは売られやすい気配です。








日経平均は下げに転じる、中国株安を嫌気

<12:46>  日経平均は下げに転じる、中国株安を嫌気
日経平均は下げに転じ1万4800円付近で推移している。下げ幅は一時100円を超えた。「上海総合株価指数 が2%を超える下落となったことが嫌気された。3月5日から始まる中国全人代で、市場に安心感を与えるような2014年の成長率目標が出るかどうかが注目される」(準大手証券)という。
<10:53>  日経平均はやや伸び悩む、戻り売りが上値抑える
日経平均はやや伸び悩み、1万4900円台前半で推移している。10時45分現在の東証1部売買代金は7219億円と低調。市場では「弱含みの円相場に反応して先物買いが入ったものの、上値では戻り売りも多い。好業績銘柄等の個別物色の域を出ていない」(ネット証券)との声が出ている。
<10:10>  日経平均はプラス転換、下値堅く切り返し
日経平均はプラス転換し、1万4900円台後半で推移している。特段大きな材料が出たわけではないが、「下値が堅かったことで、短期筋が上方向に仕掛けたようだ。実需筋は様子見で商いは薄いが、前週末から上方向に仕掛けたがっている短期筋がいるようだ」(大手証券トレーダー)との声が出ている。   一方、「為替が1ドル102円台半ばで落ち着いていることを手掛かりに、買い戻しが入っているのではないか」(岡三証券シニアストラテジストの大場敬史氏)との指摘もあった。
<09:26>  反落、大幅高の反動で利益確定売りが優勢
寄り付きの東京株式市場で日経平均は、反落して始まっている。前週末に400円を超える大幅高となった反動で利益確定売りが先行した。21日の米国株が小幅安となったこともあり、主力輸出株などに売りが出ている。小売り、保険もさえない。半面、その他金融、ゴム製品などがしっかり。
シドニーで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、今後5年で2%以上の成長押し上げを図ることで合意したが、具体策の策定は11月と先の話であり、手掛かり材料になりにくいとみられている。来週の米ISM製造業景気指数や米雇用統計で米景気の状況を見極めたいとのムードもあり、上値を買う動きは限られている。
<08:30>  寄り前の板状況、主力輸出株はまちまち

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 が売り買いきっ抗、ホンダ 、ソニー はやや買い優勢。キヤノン 、パナソニック はやや売り優勢と主力輸出株はまちまち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック はやや売り優勢。
ロイターより








2014年2月23日日曜日

デスク周りの快適度アップ。

常にデスク回りを快適にしたいものです。
今回はモニター周りの快適度アップ作戦。

モニターの下に台を置くと、不思議と超絶便利になります。
LIHITLAB TEFFA 机上台<590> A7332-24 黒
LIHIT LAB.
売り上げランキング: 14

キーボードを使わないときは、
このモニターの下に閉まっておくと
書き物などのスペースが出来上がり猛烈に快適になります。

私は伝票などの記入するものも多く、
且つキーボード操作もあるため
両方利用できる状態を常に考えていました。

このモニターの下にしまうという考えは
まさに目からうろこでして、
衝撃を受けたのを今でも覚えております。



-->





2014年2月21日金曜日

鼻毛カッターとは言いません。

昔は鼻毛カッターといっていたのですが、今は言わないようですね。
エチケットカッターというそうです。
なんだか時代だなぁと
こんなことからも しみじみ思ってしまいます。

Panasonic エチケットカッター 黒 ER-GN10-K
パナソニック
売り上げランキング: 5

このカッターは鼻毛だけじゃなく、眉毛も切れるというので、とても優れものですね。
眉毛をお手入れしているお父さんは息子の目からも、ちょっと尊敬のまなざしで見られることもあるようです。
お手入れって言うのは、自分だけのためではなく、周りのためでもあるのですね。

私はもっぱら手で抜いてました。










FX売買戦略

ドル円
もみ合い圏の中にいるために、
突破したほうに仕掛けて生きたい

ユーロ円
141円を突破してくると、
ユーロ買いに拍車がかかりやすく、
上値を探る展開となる

139.80円では押し目買いとされる傾向から、
ユーロ買いに注意したいところ。

ポンド円
一目均衡表の雲から少し顔を見せているところ、
171円を付けてくると
雲抜けからポンド買いとされやすくなる。

169.7円でも
ポンドの押し目買いとされる気配があり注意したい。









商品先物売買戦略

再びドル高ムードになり国内商品は上昇を見せた。
日経平均もしっかりと上昇を見せており、
ムードが全体的に強気となっていたようです。


東京金
下げに対しての反動もあり、
円安の影響などを受けて上昇 

4366円の高値近辺では
戻り売りの出方が気になるところ。

再び4325円を割り込んでくると、
戻り完了観からの下値を探る売りに気をつけたい


東京白金
4740円を超えてくると
買いの圧力がしっかりと出ているところから、
上値を試す展開が期待されているようです。

下値では4666円を割り込むと
一目均衡表の雲を割り込み、
上値の重さから下値を警戒しておきたいです。

東京ガソリン
基準線と転換線のクロスを見せたところから、
反転して上昇を見せてきました。

このクロスが騙しとなるのか!?

今後の展開が気になります。

82570円を超えてくると直近高値の更新となり、
83300円の一目均衡表の雲を突破する気配。

東京ゴム
転換線の下で終えているところ、
227.90円を超えてこないと
再び売りが出てくるために注意したい。
227.90円を超えてきても235円を突破できるのか!?








ドル円の攻防

ドル円が上下ぶれていますね。

fx
もみあいの中をまだ脱していないところです。
まだ上下に十分ぶれる余地があり注意したい。

週末ということもあり、もう少し動きそうです。
じわじわとドル買いを見せているため103円近辺へ試す気配があります。
ただそこから再びドル買いを継続できるかというと
材料的に欲しいところのため、何も出てこないとドル売りとされてきます。











日経平均が大幅反発

前場の東京株式市場で日経平均は大幅反発した。前日の米株高や、外為市場でドル/円がやや円安方向に振れたことなどから幅広い銘柄が買われ、一時328円高となった。前日の大幅安を受けて買い戻しが入った格好だが、先物から上下に振らされる構図は変わっておらず、市場ではボラティリティの高さを指摘する声も上がっている。

前日の米国株式市場では、2月の米製造業PMI速報値が56.7と、2010年5月以来の高水準となったことが好感され、ダウ工業株30種.DJIなど主要3指数が上昇。東京時間でドル/円が102円台半ばまで円安に振れたことも、日本株を支援した。

前日に317円下げた日経平均だが、午前の取引は前日比292円高で終え、下落分をほとんどを取り返した。岡三証券・日本株式戦略グループ長の石黒英之氏は、「前日に過剰に売られた反動」と指摘。空売り比率が21営業日連続で30%を上回る異例の高水準が続いていることを挙げ、「買い戻しエネルギーはたまりにたまっており、きっかけ次第で買い戻しに拍車がかかりやすい」と述べた。

米国の指標が好調だったことで、投資家マインドは若干改善されたものの、市場では依然として日経平均のボラティリティの高さを警戒する声も出ている。TOPIXの上昇率が約1.5%であるのに対し、日経平均は上昇率約2%となっており、先物に押し上げられている面が強い。


     style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
     data-ad-client="ca-pub-8132327215834938"
     data-ad-slot="4625451170">





ミラートレードとは

FX売買におけるトレード方式に様々なやり方があります。
今回はその中のひとつ
ミラートレードについて

FX会社にシステム自体が直接発注をかけ、自動的に運用される仕組みで、まるで、鏡に映したかのようにプロのトレーダーの売買システムを利用できる

・ミラートレーダーを提供するFX業者
シストレ24(インヴァスト証券) 
FXCMジャパン証券
セントラル短資FX  
FXトレード・フィナンシャル
AVAFX

最近良く耳にすることが多いシステムトレードです。
値段を見てしまうと無駄に売買してしまったり、仕事が手につかなくなるという方には、とてもよいシステムと思います。

段々と人の手から離れていきますね。
顧客の担当者が営業マンからシステム開発者へと切り替わっているのは時代なのでしょうか。









2014年2月20日木曜日

商品先物売買戦略

東京金
週足の目で見ると一目均衡表の雲に突入しており、4275円の雲の下限を割り込むのかに注目されています。
4253円近辺でも押し目買いとされる気配があり、割り込んできてもこの辺では注意です。
日足では基準線と転換線に開きが出ており、この下げがある程度の下値を模索する気配です、
反発してくると4325円あたりでは戻り売り警戒としておきたいです。

東京白金
4740円では上値の重さを見せており、売られています。ここを上値の抵抗とされているところから、ここを上抜くと上値期待が出てくるところです。したんでは雲を割り込む気配から4645円の買い戻し警戒ラインを割り込むと下値をさらに探る展開のため4600円割れ警戒としたいです。

東京ガソリン
週足の目線ではまだもみ合い圏から抜け出せずにいるところ。
日足では基準線と転換船のクロスを見せているために80000円割れ期待の声があります。
ただ80000円を割り込むと押し目買いなども控えているために買戻しの注意です。
下げずに上値を探ってくると83300円越えが視野に入ってくるところ

東京ゴム
235円を上値抵抗としており下げを見せました。上値の重さを見せているようですが223円を割り込まないと
210円を底値としたトレンドラインが崩れていないので再び235円を試す展開を見せる気配です。
223円を割り込むと220円の買戻しを警戒しつつ再び210円を視野に入れて起きたいところ








日経平均は一時300円を超える下落

東京株式市場の20日午後の取引で、
日経平均は一時300円を超える下落となり、
1万4400円台半ばから後半で推移している。

2月中国製造業PMIの悪化を受けて日経平均先物が下落し、
裁定解消売りが膨らんでいるという。

市場では「中国の要因に加え、
アベノミクスの中長期的な成長戦略が遅れていることに対し、
海外投資家の間で嫌気が差している」(国内証券)との指摘も出ている。







アジア株 香港株は急速に下げ幅を拡大

東京時間11:18現在
香港ハンセン指数   22328.87(-335.65 -1.48%)
中国上海総合指数  2157.32(+14.77 +0.69%)
台湾加権指数     8550.45(-26.56 -0.31%)
韓国総合株価指数  1933.16(-9.77 -0.50%)
豪ASX200指数    5403.50(-4.74 -0.09%)

アジア株は上海を除いて下落。香港株は1.48%安、
中国HSBC製造業PMIを受けて急速に下げ幅を拡大している。

上海株も上げ幅を縮小、来月の中国全人代を控えて政策期待から
一時1.2%上昇する場面も見られたがPMI発表後に上げ幅を縮小している。
中国2月のHSBC製造業PMI速報値は48.3と
好不況の分岐点となる50を2ヵ月連続で下回った。







乾燥する季節、風邪予防にも加湿器で対策だ

静電気もバチバチやってくる季節ですね。
毎日の除雪と交通網の渋滞と戦っています。

暖房を入れなければ寒いし、点ければカラカラです。

私は寒がりなので、暖房を入れることを選択するのですが、
のどがカラカラになるのも困りようです。

そのための対策が加湿器
どこでも使ってると思いますが、これもお勧めですよ

のどの乾燥は風邪なども引きやすくなります。
風邪を引いたときに加湿することも重要です。











2014年2月19日水曜日

便利なのは4色ペン。カッコ良さも備わってこそビジネスパーソン

ペンにこだわる方はとても多いですね。
でも便利なペンって525円くらいの4色ペン
とても便利なんですが、安っぽさが残念なところ

お客様のところで、サッと取り出しサッと記入
これが安っぽいものだとなんだかガックリです。

私の仕事が金融業ということもあり、投資に対してお金を預かります。
お金を預ける相手が、なんとも安っぽい雰囲気を出してしまうと、
お金がドンドン減っていきそうですね。

そういう観点からも使い勝手がよく、高級感というこの2点ははずせないキーワードなんです。

そのキーワードにマッチしたボールペンを今回はご紹介
LAMY 2000 4色ボールペン L401 〔正規輸入品〕
LAMY (2013-01-06)
売り上げランキング: 72

これは猛烈にお勧めです。
カッコよくても使えないペンは話にならない。

使い勝手が良いが安っぽいペンは家で使え!ってことになりますが、
これは別!

見た目も使い勝手さもこだわる方必須です。
これは本当に良いですよ








金が注目ですね

金が下げを見せています
4330円台からじりじりとさげをみせており、
4320円台にきてます。
この4320円では下値抵抗とされて、押し目買いが待機しているような状態のため
ここから買いで値が支えられるのか!?
それとも割り込んでいってしまうのか!?

こういったところに注目したいです。

戦略をもう一度掲載しておきます

東京金
利益確定の売りを期待するも円安の影響を受けて上昇
4365円前後を上値抵抗としているところから、
再びここを上抜けてくると4400円を見せる気配

4320円では押し目買いとされる気配があり、
4300円もしっかりとした下値抵抗を見せているところ。
海外の金がドル高から売られているが、
押し目を拾うような展開を見せてくると
再び国内も押し目買いを見せる気配








東京 19日 ロイター

[東京 19日 ロイター] -黒田東彦日銀総裁は19日の衆院予算委員会で、日本経済再生には構造改革が極めて重要と述べ、政府に対して成長戦略の強力な推進を求めた。小川淳也委員(民主)の質問に答えた。

総裁は、デフレからの脱却には「さまざまな政策が必要」との認識を示しながら、日銀が掲げる2%の物価安定目標は「日銀の責任において早期実現に全力を尽くす」と語った。

同時に「構造改革が日本経済の再生にとって極めて重要不可欠」と指摘。政府が成長戦略の実行を加速させていくことで、「よりスムーズに物価安定目標を達成できる」とし、「是非、政府において引き続き強力に成長戦略を進めていただきたい」と要請した。

また、日銀が2年程度で2%の物価安定目標の実現を目指す中で、総裁は「経済・物価情勢の改善に伴って、名目長期金利に上昇圧力が加わってくることは確か」と指摘。それでも大規模な国債買い入れを柱とした日銀の異次元緩和の推進によって、国債保有に伴うリスクプレミアムを圧縮し、「経済・物価情勢の改善に伴って生じる金利上昇圧力を抑制している」と語った



ニュース一覧

日経平均 前引け 100.88円安 14742.36円(11:40)
アジア株はまちまち テンセントは5日連続で上場来高値を更新(11:24)
東京市場 黒田日銀総裁2 政府にはぜひ成長戦略を強力に進めてほしい(11:16)
東京市場 黒田日銀総裁 経済、物価改善に伴い長期金利に上昇圧力(11:07)
通貨オプション ボラティリティー イベントを前にポンドの短期ボラ高止まり(11:05)
【視点】日銀会合後に円安株高02月19日07時18分山岡和雅の視点
【NY市場】弱い指標にドル売り優勢の中、ユーロに資金が流入02月19日06時51分為替市場レビュー
【ロンドン市場】円安一服も調整は限定的、あすへの期待つなぐ動き02月18日21時17分
Klugクルーク - FX投資家向けの為替ニュース・相場コラム・経済指標カレンダー
【視点】日銀会合後に円安株高02月19日07時18分山岡和雅の視点 【NY市場】弱い指標にドル売り優勢の中、ユーロに資金が流入02月19日06時51分為替市場レビュー 【ロンドン市場】円安一服も調整は ...






金が下げを見せています

金がじりじりと下げを見せています。
天井を打ったとみるには時期尚早であるので、
押し目をどこまで見せてくるか

4320円を下値抵抗というところから、
もう少し下値余地がありそうです。

本日の戦略から
東京金
利益確定の売りを期待するも円安の影響を受けて上昇
4365円前後を上値抵抗としているところから、
再びここを上抜けてくると4400円を見せる気配

4320円では押し目買いとされる気配があり、
4300円もしっかりとした下値抵抗を見せているところ。
海外の金がドル高から売られているが、
押し目を拾うような展開を見せてくると
再び国内も押し目買いを見せる気配








今朝のモーニングサテライト見過ごした方はこちら

毎朝の日課になってる方は多いと思います。
モーニングサテライト
ここから私たちが寝ている間のニュースなどをチェックし
本日の戦場に出陣となりますが、
朝はばたばたしていることも多いと思いますので
見過ごした方はこちらからどうぞ
ニュースモーニングサテライト:テレビ東京



今は何でもネットで見れて本当に便利な時代です。
これからドンドンと科学が進むことを考えるとワクワクが止まりませんね







2014年2月18日火曜日

テプラーって作るための作業が結構手間ですね。

仕事上テプラーとの付き合いはとても長いです。
テプラーで見出しを作ってファイルに貼り付けると見栄えが違います。
ペンで書いてしまってもいいのですが、見栄えが悪くていけませんね。

ここでひとつ問題が、テプラーはセットしたり、準備するのが面倒に思ってしまいます。
えええええええ???っ手感じに思われるのですが、
わざわざペンで記入すれば終わるような作業を、テプラーを出して文字を記入してセットして印刷
これが手間になるんです。
特に忙しいときなど。

そんな手間をカットしてくれるものを見つけました。
CASIO PCラベル&メモプリンター KL-E20
カシオ計算機 (2002-02-28)
売り上げランキング: 992

これパソコンに接続して使うんです。
つまりPC作業の合間にサクっと作成することが出来るのですよ!

これは良い!!
グッジョブです。








fx戦略

日中は国内が動きを見せてくれました。
これからの時間は国内の発表を踏まえた海外勢が仕掛けてくる展開となります。

ドル円
直近の高値を更新し、上値期待の声もありますが102.90円を超えてくるまでは、ドル売りが待ち構えている気配です。上値抵抗をしっかりと抜けてくると、底打ち観から105円を視野に入れた展開を見せそうです。
上値を探るのを失敗すると102円割れを警戒となります。
102.50円を割り込むと下値を探ろうとする展開から102円割れを見せるか注目しておきたいです。ここで割り込んでくると上値重いとみたいです。

ユーロ円
140円をしっかりと上抜けたことで上値期待観があるのですが、一目均衡表の雲にまだいるために警戒はしておきたいです。141.80円ではユーロ売りも控えている気配から注意しておきたいところ。
ここを超えてくると142.50円突破に期待したいです。
下値では140円が下値抵抗とされているため、ここを割り込んだときにユーロ買いが弱いとじりじりと下値を探る展開となってきます。

ポンド円
一目均衡表の雲を突破したことにより上値期待が出ています。
下値抵抗が170.70円と成り、突破したことからの利益確定の売りを注意したいところ。
171.70円を突破してくると上値期待からの173.70円を視野に入れた展開を見せそうです。

豪ドル円
93円突破期待があり、ここを上抜けてくると期待感から買いが集まりやすいところ。
突破が難しくなると失望感からの92円割れを警戒したいです。












商品先物戦略 夜間から

日中に日銀の発表から為替が大きく動き商品先物も変動を見せました。
為替を考慮しつつ今後の展開を考えていきます。

東京金
利益確定の売りを期待するも円安の影響を受けて上昇
4365円前後を上値抵抗としているところから、
再びここを上抜けてくると4400円を見せる気配

4320円では押し目買いとされる気配があり、
4300円もしっかりとした下値抵抗を見せているところ。
海外の金がドル高から売られているが、
押し目を拾うような展開を見せてくると
再び国内も押し目買いを見せる気配

東京白金
上昇の勢いが、それほど感じらなかったがじりじりと上昇
4740円を超えてくると決済売りなども見られるところから、
じりじり下げを見せた。

金に追随する展開から
金の動向を見て仕掛けておきたいところ。

4670円では一目均衡表の雲があり
下値抵抗とする気配。
ここを割り込んでも4600円がしっかりとしており、
押し目買いに注意したい

東京ガソリン
上昇を見せてきた。
上値抵抗である82100円を突破できるか!?
ここに注目が集まっている。

下値抵抗では81000円があり、
この辺では押し目買いとされてくるが、
割り込んでくると上値の重さから下値を探る展開

東京ゴム
235円の上値抵抗を意識した展開、
高値で突破を見せているが、売りが出て下げて終了

再び235円を突破してくると
240円を視野に入れておきたいところ
下値では232円とし、
ここを割り込むと230円割れの警戒











日銀金融政策決定会合

リスク要因は、新興国経済動向、欧州債務問題、米国経済の回復ペースなど、
貸し出し支援融資、最終的な残高30兆円見込み
成長支援融資、総額3.5兆円から7兆円に倍額

これにより一気に為替が円安ドル高となりました。
突然でした。
あとはこれがどこまで持続できるのか!?
伸びが弱いとたたかれてきます。

そうなると絶好のドル売りとなり、再び101円台となります。
102円を割り込んでしまうと、ドルの頭の重さを見せ付けることになるために
100円割れも視野に入れての展開になるかもしれません。

しっかりと維持してくると、方向がドル高という思惑からドル買いを目先見せてきます。
103円再びという展開となってきます。
この水準注目です。











ドル円の行方

ドル円が頭重い展開を見せています。
105円を突破できなかったことから
じわりじわりとドル安を見せており、
長期的な方向性がドル売りとされているようです。

目先101.50円に下値抵抗となっているところから、
この辺からのドル買いを見せてこれないと、
101円割れがすぐに出てくる気配です。

上値としては102.20円を再び上抜けてくると
底堅さを期待させることからドル買いの勢いが少し出てきます。

目先の方向を見てからしっかりと仕掛けたいところです。











ペーパーレス化 書類はすべてデータに。

デスク周りなどを快適に使うため、机の中もすねて物を少なくと考えております。
その中で紙での資料がとても多いのです!
なぜこんなにもというくらいに、資料だらけ
社内書類から、市場のデータ、なんでもかんでも紙になってます。

世の中ではペーパーレスと叫ばれていますが、現場に浸透しているところは少ないのかもしれません。

私は手元に来た紙の書類を自分でデータ化して、保存しています。
そうすることで、スペースの確保と書類を探し出す手間がとても楽になります。

データ化して楽になるのか?と聞かれますが、確実に楽になり、そして短時間で見つかります。
これは皆さんがグーグルで調べ物をするのと同じ。

たとえば東京金の市場データを知りたい場合に、それが2013年2月のことを知りたいとします。
つまり去年のデータ、
これを2013年2月と検索するだけで、関連データはすべて出てくるわけです。
そして、思い出せていなかった重要なデータも、2013年2月と検索することで関連データが出てくるので見逃すこともありません。
これは本当に便利なんです。

このデータ化をするにあたり、通常のプリンターでも出来ますが、業務用の大きな複合機でもないと遅くてたまりません。
そんなときにお勧めするのがこのスキャナー
FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500
富士通 (2012-11-30)
売り上げランキング: 184

これが市場に出てきたとき、私は驚愕しました。
こんな手軽に、しかもスピーディーにスキャナーができるというのは
なんて素晴らしいのだろう!!!
このペーパーレス化によりすべての作業が捗る事になります。
もちろん、通常の引き落とされる電気代やガス代などもこういったもので保存しておくととても便利です。










2014年2月17日月曜日

通勤時の時間を埋める

私はバス通勤をしています。
毎日、バスに揺られながら、会社に向かいます。
基本的に読書をして時間をつぶしたりとしてますが、それ以外としてはニュースのチェックをしてます。
そのニュースの確認として便利なアプリをご紹介
iphoneアプリ
これはとても便利なニュースアプリです。
自分好みに設定も出来ますので、通勤時の必須アイテムとなってます。








2/18商品先物の戦略 17日夜間から

動きを見せてくれている商品市場です。
夜間は米国が休場なので、動きが閑散になりそうです。
為替も102円を割り込んだところを動いております。

東京金
4300円を超えても上げすぎ観を見せていないことから、高値警戒の声が多かったです。
4350円台では利益確定の売りを注意しておきたいところ、勢いから再び4300円を割り込む下げも十分ありえるところです。下値では4320円近辺では押し目買いとされる気配もあります。ここを割り込んでくると4270円を下値抵抗とした展開を見せてきます。

東京白金
4340円前後では上値手一行を見せているところもありますが、それほど強い抵抗でもないために、上値を探ると4800円を視野に入れた展開です。ただ4800円では上値抵抗がしっかりとしていることから、戻り売りに注意のところ。
下値では4656円を割り込むと4600円を視野に入れた展開です。

東京ガソリン
上値抵抗を82100円とし、下値抵抗を79660円としているところ、この間でのもみ合いが続いております。


東京ゴム
じわじわと上値を探る展開を見せてきています。235円を目先の上値抵抗としており、ここを突破してくると246.50円を上値抵抗としたところ。
下値では227円を割り込むと下値の警戒です。さらに225円を割り込んでくると再び220円を視野に入れた下げを見せるため警戒です。









ゴム!!

商品先物戦略ゴム編

ゴムが伸びてきています。
上値抵抗とされていた
232円を突破していることから

235円を視野に入れての展開です。

ただ午後からの利益確定の売りを気をつけつつ

おしめを拾う動きを見せる気配。

210円を目先の底打ちとして上値を探る展開となるなら

面白い上昇を見せてくれそうです。









異常気象を踏まえて災害対策、食料編

大雪とか色々と自然災害てきなものが目立つ気がします。
ある程度は家の中に要れば対応できる時代ですが、一歩も出れないと困ることも色々と出てきます。

今回は災害対策グッズということで色々と紹介させていただきます。
まずは食料
何が必要かといえば、まずは
水!!
[2CS] 四季の恵み 自然湧水 木曽 (2L×6本)×2箱
勝水
売り上げランキング: 4

お茶とかコーヒーという声もありますが、水は色々と使うことが出来るため水が常備するものとしてはお勧めです。料理にも使えるし、身体を洗うことも出来る。なんにでも使うことが出来るのです。

食料
ウーケ ふんわりごはん 特盛り国内産100% 300g×24個
ウーケ
売り上げランキング: 77

米がなければ始まりません。力の源と考えてもらってもいいと思います。



そしてこれ!手軽に栄養補給できるという点ではアウトドアにもお勧めです。
これ一本でお茶碗一杯分
井村屋 えいようかん 5本
井村屋 えいようかん 5本
posted with amazlet at 14.02.17
井村屋製菓
売り上げランキング: 83



あとは種類があると食べ飽きることも減ります

最後にこの定番。日常的に食べることはお勧めしませんが、万が一の時には保存食としてはベストです。

日清 カップヌードル 77g×20個
日清食品
売り上げランキング: 148

必要ないと思って私の周りに常備していない人は意外に多かったです。そういった方に限り、いざという時に回りにおこぼれを貰おうと考えている人もいます。
まずは自分の身は自分で守ることを考えないといけません。その上で余裕が出てくると周りにも目を配ることが出来ると思います。
最近の異常気象は無視できるものではないようなので、みなさんも万が一の対策はお勧めしております






-->




2014年2月14日金曜日

2/17商品先物の戦略

東京金
4300円を上抜けずに終了。
為替の円高の影響から下げを見せてましたが、海外の金が上昇を見せていました。
4245円を下値抵抗としており、ここを割り込むと4224円を割り込む気配
4275円を再び上抜けると4300円越え試す気配です。

東京白金
下値抵抗が4645円とし上値抵抗を4737円とする気配です。上値抵抗近辺からの戻り売りに注意しつつ、上抜けてくると4800円を視野に入れる気配です。4645円を割り込むと4600円われを見せる気配があります。

東京ガソリン
方向観がまだでてこないところです。81000円を上値抵抗としているところから、ここを上抜けると82000円あたりからの戻り売りにも気をつけたいところ。79790円を割り込むと雲を下抜けることから再び下値を探る展開を見せる気配です。

東京ゴム
じわじわと下げていることから下値警戒感の声も出ています。228円を上値抵抗としており、ここを上抜けると230円を超えてくるところ。下値では220円を下値抵抗としているために、この辺でも買戻しを注意したいです。抵抗を割り込んでくると210円を視野に入れた展開を見せる気配です。













タブレットを使ってfxや商品先物をする人が非常に増えている

一昔前まではスマホで売買というのが、主流でした。
最近では、タブレットが老若男女使うようです。

そしてそのときに、タブレット操作が皆さんの最大の問題点になるそうです。
これだけは取引会社の担当者に聞いてもすぐさまわかるものでもありません。

タブレットといっても沢山あります。毎年毎年新しい物が発売され、操作が変わり
嫌になってしまいますね。

そんななかのアドバイスです。

わかりやすい操作方法として私はipadをお勧めします。
これはiphoneからもそうですが、操作方法が統一されており、直感で操作しても扱えるようになります。
しかも、ipadと担当の方に伝えれば、操作方法はひとつしかないので、売買のやり方についても問題なく進めることが出来ると思います。

やまりスマホでチャートなどの分析ソフトを見る場合は、画面が小さすぎますね。








2014年2月13日木曜日

fxの売買戦略

為替が相変わらずの乱高下を見せております。
日経平均もしっかりと下げを見せており、市場が荒れるのかという声も聞こえてきますね。

ドル円
101.73円あたりでは買戻しされる気配があり、この辺では押し目買いが出やすい気配です。
上値では103.10円に上値抵抗とされているところから、ドル売りに気をつけたいところ
週足を見るとまだまだ乱高下もありそうなので振り回されずにしっかりとポジション調整をしたいところです。
大きくポジションを取るにはもう少し動きを見たいなと考えています

ユーロ円
138.40円を割り込むと上値の重さから売りがさらに出やすいところです。上値では139.70円あたりではユーロ売りとなりやすいために注意したいです。

ポンド円
171.51円を上抜けると利益確定のポンド売りに気をつけたいところ。ただここを上抜けてくると押し目買いとされやすいために上値を探る気配です。下値では168.76円と167.10円では押し目買いとされてポンド買いを見せる気配もありますが、それほど強い気配もないことから下げに気をつけていきたいところです。













2/14バレンタインの商品先物戦略

明日はバレンタインです。
市場は関係ないでしょうね。

東京金
転換線と基準線が重なり、上ヒゲの長い陰線で引けました。4245円前後を上値抵抗とした展開を見せる気配があり、重なった二つの線がデッドクロスとなると再び下値を探る展開となりそうです。4149円に雲がありここを下値抵抗とするところ
上値では4245円を上抜けると4255円前後から再び戻り売り気配に気をつけたいです。

東京白金
下値警戒の気配を見せつつ終了
4645円を抵抗ラインとした展開となりそうです。ここを上抜けると下値抵抗として4737円を上値抵抗とした展開。割り込むと4590円を下値抵抗とした展開となる気配です

東京ガソリン
80600円を割り込み終了、戻り売りとされている気配がありますが、まだもみ合い圏のため方向観探りの気配です。上値抵抗では80600円とし、ここを上抜けると80950円で再び戻り売りの警戒
下値では79790円を割り込むと買い戻しの警戒があるところです。

東京ゴム
上値抵抗を試せずにずるずる売られた展開です。
227円あたりで再び戻り売りの気配を見せています。ここを上抜けて230円をつけてくると買い圧力がでてくるために232円を試す気配。下値では225円を割り込むと220円を下値抵抗とした展開となり、210円を視野に入れる気配があります。















日経平均下げを見せている

日経平均が下げています。
円高を見せていることもあり
商品市場は全他的に下げを見せていました。


金は調整的な下げを見せる気配から
4242円を割り込んだときに、
上値抵抗として推移するのか注目


ガソリンは雲のところに居るため。
80000円を割り込むと
下値を再び探る展開として動きそうです。


ゴムは232円の上値抵抗を
意識している展開を見せているため、
225円の下値抵抗に触れてからの動きに注目です。


引けにかけて少し動きそうな展開があり、目が離せないですね








2/13商品先物の戦略

今回は送れて記述しております。実はインフルエンザにかかってしまい、苦しんでおりました。
薬をもらい復活したので、夜間は終わりましたが、日中の戦略を記入します。

東京金
週足で見ると4242円の一目均衡表の雲を割り込んでいる状態。
ここから雲に入った抵抗を受けて下げてくるか注目。下げをmしえてくると4242円を上値抵抗とした展開となるところ、下げずに維持してくると4415円の雲を上抜ける気配がある。

東京白金
きれいに雲に沿って上昇を見せています。ただ雲も薄いところのため下値抵抗は弱いところ。
4737円前後では、戻り売りとされやすいところから注意しておきたい。下値では4645円を割り込むと下げに転じる気配です

東京ガソリン
一目均衡表の雲の中にいるところ、下値抵抗として80610円を見せていますが、それほど強い気配もないです。雲の下値が79790円となりここを割り込むと、下値探りが始まるところと見ています。
上値では82100円に上値抵抗を見せており、この辺まではもみ合いしながらの展開かもしれません。

東京ゴム
232円の上値抵抗を意識している気配、ここを上抜けてこないと戻り売りとされやすく再び下値を探る展開もあるので注意したいところ。








2014年2月10日月曜日

2/12 商品先物の戦略

上昇が目立った週明けのスタートでした。国内では明日は休みとなりますが、海外は休日ではないために、水曜日は2日分の海外の動きがやってきます。そのために国内では夜間取引もそれなりの売買がありそうです。

東京金
雲をしっかり問うわ抜けて4200円を意識した展開を見せております。4221円の直金高値を視野に入れた展開を見せる気配です。下値では4145円を下値抵抗としてますが、ここを割り込んできても押し目買いとされやすいところ。

東京白金
動き的に弱かった展開です。4635円では戻り売りの気配もありますが、それほど強い抵抗でもない様子です。4590円を割り込むともう一段下値を探る気配を見せてくるため注意したいところです。

東京ガソリン
雲の突入しているところ、ここから再び下値に圧力を受けるのか、82100円の上値抵抗を目指すのか注意したい。
82100円前後では戻り売りとされやすいことから注意したいところ。79790円を割り込むと上値の重さから再び下値を探る展開を見せてくるところとなりそうです。

東京ゴム
210円を底打ちとした上昇を見せている気配です。232円を上抜けてくると240円を突破しようとするところがあり注意したい。225円を割り込むと220円割れを見せるか注目したい。220円を割り込むと再び下値を探る展開を見せてくるところ。









濡れた室内はよく滑る。革靴のスプレー式室内の滑り止め、

札幌はとても良い天気です。
こんな日は路面の雪が解けてアスファルトが見えたり、人通りの少ないところでは表面が凍りになりよく滑ります。
外での滑り止めは前回紹介した、靴に装着するものがベストなんです。
油断できないのが室内!!
濡れた靴でみんなが通るタイルなどの通路は、驚くくらいのスベリです。
その滑り止めとして


これがベスト。
靴の裏にシュッと吹き付けるだけ。
装着式の滑り止めは、スパイク上になっているためにタイルなどを傷つけてしまいます。
そのためこのスプレーだ度傷をつける心配はいりません。

この時期の滑り止めとしても縁起がいいので、学生の靴の裏にもシュッとしてあげたいところですね。

Amazon.co.jp 一般








2/10商品先物戦略

全体的に下げに対しての反動が目立った週末でした。
為替も円安の流れとなり、今までの下げで持ちこたえれなく
手じまい売りが一巡し手からの展開となったようです。

東京金
上昇により基準線と転換線がクロスを見せてきました
。この上昇が目先の底打ちを思わせる展開となる気配です。

雲を上抜け4136円を下値抵抗とする気配があり、
4160円前後の上値抵抗に対して、
どういった動きを見せるか注目です。

再び4136円の雲割り込み、
下げを見せてくると4110円を次の下値抵抗としてきます。

ここを割り込んでくるともう一段の下げを見せる気配です。

東京白金
転換線と基準線のクロスからしっかりとした展開を見せており、
上値を探る気配を見せています。

4650円近辺では戻り売りとされやすいところもあり、
注意したいところ。

下値では4590円を割り込むと
上昇失敗から下値を再び探る展開となるところです。


東京ガソリン
上昇を見せていますが
79740円の上値抵抗を意識している展開から、
今後の動きを注目です。

このまま雲をに進入するような上昇を見せてくると
82100円を上値抵抗としたところですが、
雲にはじかれて再び下げを見せてくると
下値は深くなるところです。

東京ゴム
下げに対しての調整的な上昇を見せています。
222.2円を上値抵抗としていることから、
今後、もう少し伸びてくると228円を上値抵抗とした展開となり、
ここを突破してくると235円を視野に入れたいところ。

突破してもすぐ割り込みを見せたり、
230円手前でちょろちょろとしているなら、
まだ反落の気配があり下値の警戒です。

しっかり上値抵抗を抜けるまでは
下値探り継続と見たいところです。












2014年2月7日金曜日

滑る革靴にはこれ

私の通勤は坂道を登ったり降りたりです。
小樽から通っているので坂道は本当に多いのです。

雪が降っただけなら問題ないんですが、
雪が降らずに路面が凍結してるとき

これは、坂道が地獄坂になります。
昔あったドリフのコントのように坂道を滑り落ちていくのです。

そこで見つけたのがこれ


本当に必要ですよ!滑って頭打つよりいいですからね。
取り外しできるからなおさらいんです。







2/10 商品先物の戦略

全体的に下げに対しての反動が目立った週末でした。
為替も円安の流れとなり、今までの下げで持ちこたえれなく
手じまい売りが一巡し手からの展開となったようです。

東京金
上昇により基準線と転換線がクロスを見せてきました
。この上昇が目先の底打ちを思わせる展開となる気配です。

雲を上抜け4136円を下値抵抗とする気配があり、
4160円前後の上値抵抗に対して、
どういった動きを見せるか注目です。

再び4136円の雲割り込み、
下げを見せてくると4110円を次の下値抵抗としてきます。

ここを割り込んでくるともう一段の下げを見せる気配です。

東京白金
転換線と基準線のクロスからしっかりとした展開を見せており、
上値を探る気配を見せています。

4650円近辺では戻り売りとされやすいところもあり、
注意したいところ。

下値では4590円を割り込むと
上昇失敗から下値を再び探る展開となるところです。


東京ガソリン
上昇を見せていますが
79740円の上値抵抗を意識している展開から、
今後の動きを注目です。

このまま雲をに進入するような上昇を見せてくると
82100円を上値抵抗としたところですが、
雲にはじかれて再び下げを見せてくると
下値は深くなるところです。

東京ゴム
下げに対しての調整的な上昇を見せています。
222.2円を上値抵抗としていることから、
今後、もう少し伸びてくると228円を上値抵抗とした展開となり、
ここを突破してくると235円を視野に入れたいところ。

突破してもすぐ割り込みを見せたり、
230円手前でちょろちょろとしているなら、
まだ反落の気配があり下値の警戒です。

しっかり上値抵抗を抜けるまでは
下値探り継続と見たいところです。









2014年2月6日木曜日

これがあると超便利、机が広がる両手が空くブックスタンド

仕事柄パソコンを毎日見らみ、キーボードとマウスを操作して仕事をしています。
机の上には手帳や資料や電話、電卓が引き締めあってます。

ポジションは大体決まっており、すぐにどこに何があるかわかる状態になってます。
そして、書き物も多いので、そのスペースを確保しつつパソコン作業になります。

そのため少しでもディスクの周りはスペースを確保したいのです。
そんなときにこれは超便利です。

ブックスタンド

ELECOM EDH-004 ブックスタンド
エレコム
売り上げランキング: 85
手帳とかも立てて置く事が出来る。
本も立てられるのでPC見ながら作業するときなど、
机の上を広く使いたい場合はとてもいいです。
このスタンドは省スペースで使えて安定感があるのでとてもよい。

私が持っていたのは後ろに長い尻尾みたいなのがバランスをとるためにあり、これが結局のところスペースをとっていたために使い勝手は半分でした。
かなり使いましたけどね。








2/7商品投資戦略

東京金
一目均衡表の雲を上抜けようとしてましたが届かず失速、
基準線と転換線は現状まだクロスをみせておらず、上値からの圧力が強そうです。
4088円を割り込むと雲を下抜けしてくる展開から、再び下げを見せてくるところ。
4136円近辺では上値抵抗がしっかりとしており、ここを上抜くと底打ち感からの上値探りを見せてきます。ただ上値抵抗もしっかりとしていることから戻り売りとされる気配です。

東京白金
反発気配から上値警戒とされているところ。4554円を上抜いてくると4600円の上値抵抗を視野に入れた上昇を見せそうです。この辺では戻り売りとされる気配。4540円を再び割り込むと基準線と転換線のクロスが騙しとなり、下げは深くなりそうです。

東京ガソリン
上値の圧力を意識して頭重い展開、79740円を上値抵抗としており、戻りは売られやすい気配。
下値を探る展開を期待したいです、

東京ゴム
205円を視野に入れた展開を見せてきてます。
戻りは売られやすいところですが、急落に対しての調整高は気をつけたいところ。










東京ゴム


東京ゴムが215円前後でもみ合いを見せています
この辺が下値抵抗を見せているところであり、再び割り込んでくると205円を早めに見せるかもしれません。
売り方の買戻しから上昇も見せるところもありそうですが、戻りは売られる気配です。










FX初心者や子供の勉強も含めて、ゲームでFX取引

経済を勉強したり、世の中のお金の流れを知る上でとても重要になるのが投資
この市場を正面から向かい合い、自分の興味から学ぶ姿勢を作ることができるなら
それはとてもよいことと考えています。


だからといって、いきなりリアルマネーを子供に使わせるというわけにもいかないので
まずはゲームで市場というものを体感してもらいたい。
そして普段何気に使っているお金というのが、どういう流れをしているのか
経済の影響をどう受けるのか、
こういったことを実感してもらいたい。

もちろん子供だけではなく、大人だって市場と向かい合うということに関しては一緒です。
そういう意味で試す価値はあると思います。


マネパ1000万人のFXトレーニング (レバレッジ規制対応版)
元気 (2010-09-16)
売り上げランキング: 13,334
ここで儲けることができたなら、あなたは本物かもしれません。








ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。