リンク

2014年7月31日木曜日

東京金

上昇期待ですね



2014年7月29日火曜日

東京白金の分析

東京白金

動き的には乏しかった白金



動き的に期待されているのは上昇のようです。
下げたところは拾う動きを見せており
再び5000円期待がでているようです。


上昇前の下落の警戒もされているようですが
下げたところは拾われるという見方から
上値期待を継続したいです。



東京金も動き出してきたか

じりじりと東京金も動きを見せております。
ここからさらに動きを見せてくれるのか

ゴムのように上昇に勢いが出てくるか

白金が静かな展開のため注意しています。

午後からの展開に期待しています



動き出した東京ゴム

ゴムの上昇を狙っていました
動き出してきましたね。

買いを仕込んでいる会員の方々はここからが面白い所と思います

随時メールにて情報を提供していきますのでお待ちを

貴金属も少し上抜く気配が出ています。
ゴム同様に上昇に勢いがほしいところ



2014年7月28日月曜日

出だしやすい

少し下げてくるのかな

下げたところ拾われるかな



2014年7月25日金曜日

東京ゴムの期待

前回述べたとおり
ゴムの上昇を期待している
下値からの切り替えしから底打ち期待へと市場の期待が出ている
こちらとしても買いを仕込んでいることから
もう少し上値を探ってほしい。

有料サポートをしている以上はしっかりとした実績を提供しなくてはならない。

実績がなければ契約は終了だ。
シビアだが当たり前なのだ



東京とうもろこし売買分析

東京トウモロコシ

今週24000円を割り込み
そこから買戻しを見せていますが
調整高をまだ継続している様子

戻りはまだ売られる気配があり、
売られてくると23950円割れの警戒をしておきたい。





2014年7月24日木曜日

東京金の調整高

東京金
下げに対しての調整高が警戒されているが
戻りに対しては再び売りが待っている
次下げたときに4,215円を割り込めるか注目



東京ゴム上値期待か

東京ゴム
今回のこの下値抵抗からの上昇は期待したいところ
後は上値の208円に対しての展開だけ
ここを突破してくると上昇力はさらに強くなる



金が下げてきてる

東京金
下げを見せてきています

国内では4260円の下値抵抗を割り込み
買戻しが弱くずるずると下げを見せているところ

4220円のところに下値抵抗を見せているため
下げが加速するとこの辺までの下げも想定したいです。





商品先物、東京ガソリンの売買分析

東京ガソリン
前日の下げの反動を見せているようです
79700円を割り込み上昇を見せていることから
下値抵抗を意識しての展開

上値でも80100円を上値抵抗としており、
ここを上抜いてきたときの売り圧力に気を付けたい

80700円でもしっかりとした上値抵抗を見せていることから
戻り売り注意

ボックス圏内での展開を見せており、
上下どちらに抜けてくるかを見極めて仕掛けたいところ





2014年7月23日水曜日

東京金、少し下げれるかな

東京金
じりじりと午後から下げを見せています
このまま継続できるのか

前日に4300円の上値抵抗を超えれず、
下値抵抗を試した様子

下値を試してもその後買戻しを見せており、
ボックス圏内の展開です。

午後からの動きが少し弱っていることから、
再び下値期待の展開となってます。

4260円を割り込み買戻しを見せてこないと
売りこまれてくるために下値期待です。



2014年7月22日火曜日

東京金の売買分析

東京金

商品先物の連休明けは少し静かなスタートになりそうです。

ただ海外の動き次第で急展開してくるために
油断はできないのは毎度のことですね。

東京金は4260円を割り込むと
押し目買いとされている気配ですが、
それほど強い下値抵抗を見せていないために
4220円の下値抵抗を注意しておきたいところ。

上値では4300円を超えてくると戻り売りに注意。
その手前では4285円近辺でも
売り圧力を見せる気配があり、
下値に注意したいところ



2014年7月19日土曜日

東京金の分析

東京金

4260円を意識しての展開だがまだ上値の伸びず、
戻り売りの警戒は継続
再び下げて4260円を割り込むと4220円を割り込む気配

ここを割り込んでくるともう一段の下げの警戒となるところ
下げを見せずに上値を試し4280円を試してくると
上値期待が再び出てくるところ。

4310円では売り圧力もあるために
戻り売り警戒としておきたい
現状では下値期待の声が大きいようだ





2014年7月18日金曜日

札幌夏祭りが始ります


本日から
札幌夏祭りです
大通り公園がにぎわいますよ

第61回さっぽろ夏まつり 2014年7月18日(金)〜8月20日(水)







東京金の分析

東京金
4314円まで上昇を見せ
4300円割れまで下げた金です。


下値からの切り替え氏を見せて
4310円前後の上値抵抗を意識している様子があります。

日中に再び上値を試したときに戻り売りとされてくるのか
戻り売りとされてきたときに下値期待が出てくる気配です。



2014年7月17日木曜日

東京ゴム上昇を見せました、今後は

東京ゴム

上昇を見せて204円の上値抵抗に近付きました。

ここで戻り売り警戒としておきたいですが、
203円を維持してくると
再び底を固めて上値を試す気配

ただ205円でも上値抵抗が
ありこの辺でも再び売りたたかれる気配です。

203円を割り込むと上昇気配の後退から、
下値を探る展開となり
200円割れの警戒となりそうです。



ビールがおいしいこの季節!北海道ではジンギスカンが大賑わい

夏真っ盛りの北海道です。
でも北海道の夏はあっという間。
短いんですよねぇ~

短い夏ですが、夏の暑い日に飲むビール最高ですね。
北海道ではビールジンギスカンという

ゴールデンコンビが存在します。

めちゃめちゃ相性ばっちり

ジンギスカンは全国的に有名ですが、ジンギスカンには種類があります。
タレ付きとタレ無し(生肉)

この二つ全く別物と思ってもらいたい。

タレに染み込ませているものと
タレには焼いてからつけて食べるもの

人それぞれの好みですが、これによっても行く店が変わります。
タレ付き
松尾ジンギスカン
松尾ジンギスカン 特上味付ラム 1kg
松尾ジンギスカン 特上味付ラム 1kg
価格:1,990円(税込、送料別)
タレ付きといえばこれになりますね。
店舗ももちろんあります。
社内でもハッキリと二分されており、道産子でも派閥に分かれるのです。

タレ無しは
だるま 
これは店舗しかありません。もう有名ですね。
一度は食べてほしい。
今は店舗も増えているのですぐに食べることもできます


札幌ジンギスカンだるま - マップ~だるままで~








どっちも食べたい。たくさん食べたい
育ちざかりを連れて行く
などの理由がある方はビール園がお勧め!

飲み食い放題で肉もどちらも食べれます。

サッポロビール園









東京白金の分析

東京白金

金同様に大きく下げを見せていました。

4900円を割り込み買戻しも少し見せているようですが、
下値抵抗としているには4860円前後としているようなので、
引き続き戻り売りの警戒

上値としては4920円に上値抵抗を見せていることから、
この辺に近付いたときの戻り売りに注意したい





2014年7月16日水曜日

連日下げてる東京金

東京金が週明けから下げっぱなしです。
上値重く売りたたかれております。
4220円前後では一目均衡表の雲を見せており、
下値抵抗とする気配です。

ここから買戻しとなるには現状では材料がないために
戻りは売られやすい所

4230円を割り込んだ時に買戻しが緩いと4220円を割り込み
4180円割れを見せる気配です。
そのため下値を警戒しておきたいところ

反発を見せてくると4310円では上値抵抗としていることから
まだまだ戻り売りに注意としておきたいです。



2014年7月14日月曜日

東京金の急落






東京金が急落を見せました
ユーロドルに対してのドル高から金が売られて、
国内が反応したということです。

ここからさらに下げを見せてくるのか

まずは急落に対しての反発を警戒


毎度のことですが、急激に動いたものは
問題が継続しない限り伸びたものは縮まります。
今回は急落なので調整高の警戒はしておきたい。

海外の金売りが継続されているかは
夜間取引の金を見れば一目瞭然なので
そこを見つつ仕掛けていくところ。

スタートから下げ
を見せていないようであれば、買戻しの警戒
買戻しを見せてきたときに提灯筋がついて
買いの勢いがつくかもしれませんが、
この上昇に便乗して買わずに、
買ったものを決済するくらいがちょうどよい

あくまでの調整高の範囲としてみているため、
この上昇が継続されるのかはまだまだ不透明です。

そのために上昇に対しては
一歩引いたうえで見ていないといけません。
その後再び売られてくると
下値も深くなることもあるために気を付けたい展開

ドル円が不安定を見せていることから
乱高下も激しく見せてくる期待があります。
そのため下げても再び買いが出てきたり、
上げても売られたりとするために
為替の動向もしっかりとみることが重要なところ。



東京トウモロコシ

東京とうもろこし
さげてます。一気にとはいきませんがじりじりと下げています。
うれしいですね。



このまま24000円を割れるのか注目のところですが、
買いが入ってくると買戻し的なことからも
反発も急反発としてくるため
深追いせずに決済もしておいた方がいいと考えています。



東京ガソリンの分析

東京ガソリンが下げを見せております
80000円を割り込んだところ
79500円を割り込み買戻しなども出ているようです、
そのため下げに対しての買戻しを警戒しつつ、戻りは売りたいところ

80000円を超えてくると上値期待感の新規買いも出てくるために、
戻りはじっくりとみたいです。

79500円を超えてなかったり、
超えても再び割り込むのならば売りとしたいところです。
77000円割れてくれると魅力的ですね。

トレーダーズショップ新着商品










2014年7月11日金曜日

東京金の分析

東京金

4400円台には到達できずに終了した週でした。
上値抵抗を意識しつつ上値を探る展開を見せており、
4400円を突破できなかったことで調整売りも警戒したいです。


ただ押したところや上値を探る展開が
続いているために買われやすい所






4400円を突破しても
達成感からの売りよりも
上値抵抗を突破した感のほうが強そうです。

下値では4300円近辺では押し目とされる気配から、
その辺の下げまでは押し目の範囲として取られそうです。

上値期待が継続されているために
押したところは拾われる展開となる気配



2014年7月10日木曜日

バフェットからの手紙

世界一の投資家が見たこれから伸びる会社、滅びる会社

 
これからの市場で儲けを出すために成功者の知識を覗いてみるのは非常に有効です。

バフェットからの手紙 [第3版]
ローレンス・A・カニンガム
パンローリング
売り上げランキング: 2,946




2014年7月9日水曜日

7/16からの証拠金


見えない方はこちらから






東京トウモロコシ やはり下げた!

東京トウモロコシ
想定通りの展開を見せてくれてます
24000円を勢い的に割れても不思議はない様子

買戻しもところどころ見せてくると思いますが、
まだ戻り売りとして攻めていきます。





東京ガソリン

東京ガソリン
80000円を割り込み買戻しを見せて終値では80200円

押し目買いを見せているようですが、戻りも売られやすい様子
引き続き戻り売りとして攻めていきたいところ
81000円を超えてくると上値の警戒をしたいです。

再び80000円を割り込むと下値深くなる期待があり注意しておきたいです。





金の売買戦略 

東京金
字理事路と下げを見せて、4300円も割り込みました。
割り込んだところからは買戻しを見せていますが、上値も重い様子。
.
前日の買戻しの勢いを継続してくると
4310円を上抜けるところですが、
上値重いままだと再び4300円を割り込む展開。






再び割り込むと夜間に出てきた押し目買いの期待は
薄いかもしれません。

上値重い展開からダラダラとしたところかな。




2014年7月8日火曜日

東京ガソリン注目

東京ガソリン
安値から切り替えし終えております
80000円に近付くと買戻しが入っている様子。

ただ80000円を割り込んでも上値重いと
78000円を視野に入れた展開をみせるところ

戻りは売られやすいのですが、
安値からの切り替えしが気になるため、
戻り売りに気を付けつつ
下値探りを期待したいところ





商品先物、東京金の売買分析

東京金

4310円を基準としてみておきたいです。
ここを割り込んだ時にしっかりと買いが出てくるのか。

4330円を超えてくると
売り圧力を見せる気配もあり、
戻り売りに注意したいところ

雰囲気的には売られてくる気配のようですが、
ロコロンドン市場の展開を注意しつつ仕掛けていきたいです。


為替が上値重くダラダラとした展開が続いています。
101円の半ばに来てもドル買いとなる気配も弱く、
市場予想では円高の声も出ているために
商品市場では下げ圧力に注意したいところ





2014年7月7日月曜日

「勝てる投資家」を育成する

THE MASTERSとは、「勝てる投資家」を育成することを目的、「本気で学びたい方」に「本気で応える」投資家育成アカデミーです。
個人投資家のうち、「勝つ人」と「負ける人」の割合をご存知でしょうか。
その割合はしばしば「2:8」とも「1:9」とも言われています。
投資の仕組みとは「上がる」か「下がる」かだけです。
なぜ、多くの人が負けて、市場から撤退を余儀なくされるのでしょうか。
なぜ、多くの人が、投資に参戦しようとしないのでしょうか。
その答えは、いたって簡単です。
「投資で勝つ術(すべ)」を知らないからです。
多くの投資家が、正しい投資行動を理解せずに投資を行い、
市場から撤退し、そして、「投資は怖い」「リスクが大きい」と逃げていくのです。
私たちは、正しい投資行動のできる投資家を育成し、
それが、日本経済の成長に繋がればとの思いから、
「勝てる投資家育成」にチャレンジ致します。

MASTERSとは | 投資家育成メディア MASTERS
個人投資家のうち、「勝つ人」と「負ける人」の割合をご存知でしょうか。 その割合はしばしば「2:8」とも「1:9」とも言われています。 投資の仕組みとは「上がる」か「下がる」かだけです。 なぜ、多くの人 ...






ゴムの下げ

東京ゴム
懸念していたゴムの下げがでてきました。
以前に予想した内容通り210円を割り込みをみせており、下値抵抗の弱さを見せたことからの動きです
下降トレンドの展開とみていた通りの動きを見せており
下値期待が強くなっています。





2014年7月4日金曜日

ゴムが下げてきた

ゴムが下げてきています

ほかの商品がおとなしいのですが、
ゴムだけ下げを見せており
注意のところ

210円を割り込んでくると上値の重さを見せる気配があり
売りが出てきやすいです。






2014年7月3日木曜日

ドル円円安

ドル円が円安に動いています
週末に差し掛かる段階でドル高に動いているのは今までのドル売りが買い戻されているようです。

101円の底打ち感が強くなってくるとドル買いの勢いがドンドンついてくるところ
上値期待からもドルで買い攻めたいところです。
ただ再び101円台突入ということもあり、ストップロスを使いながらの仕掛けとしたいです



ガソリンの展望

東京ガソリン
前回の予想通り7月1に向けて下げを終えた後は上昇を見せています。

地政学的な材料で買われた後の調整安を現状では見せている様子
80000円を下値抵抗としたてんかいとなり 81000円を突破期待の声が出ているところ

80000円を割り込んできても押し目とされる気配があり、注意したいところですが地政学リスクの後退ニュースが出てくると再び売り圧力が出てきます。





2014年7月2日水曜日

東京ゴム220円が上値天井としていたようだ

東京ゴム



前回 220円の上値抵抗を抜けれるかどうかというところから
突破を失敗して下落
押し目として現状では買いを見せているところ


このまま買いを継続できるのか!?

215円を上値抵抗としているところがあり、
ここを上抜けてからの伸びに注目したい。

伸びが弱いと再び売られてくるところとなり215円を割り込むと
下値を探る展開を見せるところ

210円では下値抵抗として買いを見せてくるところだが、
ここで買われてきても戻り売りとされやすいために注意したい。

220円を上値抵抗とした展開から下落基調としてみている
215円と210円の値位置は注意するところとしておきたい。





2014年7月1日火曜日

東京トウモロコシの分析

東京トウモロコシ
久々の穀物を記入します。
分析は常にしているのですが改めてブログに記入するのは久々です




急落しております
週足を見ると一目均衡表の雲をした抜けしており、
調整高を見せてきても再び戻りが売りたたかれるのかというところ

24000円を視野に入れておいた方がいいかもしれません



シカゴを見ても上値お重く売り叩かれているため
400セントを視野に入れた展開となりそうです。

穀物は動き的に乏しくなり、人気もなくなっています。
ちょっとさびしいところですが、
今回の動きをきっかけに少しだけでも活気づいてほしいですね





商品先物東京金が上昇を見せた

東京金


調整安は押し目として買われて再び4300円越えとなりました。



押したところに絵画を見せてきていることから上値期待となりますが
現時点ではもう一度押し目を見せることもあり、
下値に対しての警戒をしつつ攻めていきたいところ

ロコロンドンなどの金の動きに注視しつつ仕掛けたいです
ドル安となりつつもそれほど金が買われていないことからも海外でも警戒されている様子。
ただ国内では円安となると上昇の動きを見せやすいために注意のところ。
ロコロンドンと為替の展開を注目です



ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。