リンク

2014年10月31日金曜日

ドル円伸びる

ドル円が伸びています。
押し目待ちに押し目なしといった展開のようです。
連休明けは112円かもしれません。
商品市場ては売られており資金のシフトを見せています。東京金はこのドル高により下げトレンドがしっかりとなりそうです




ドル円が111円

ドル円
連休に入る段階で日銀がやってくれました
追加の金融緩和

この影響でドル円は111円まで上昇
商品市場の大引け前は110円台でしたが
夕方になるにつれて円安を進めており111円台突入
[スポンサードリンク]




110円からの伸びが弱かったので
円買いされるのかと思いましたが
とうとう111円に入りました。

この影響からドル高の基調が
もう少し見せてくるところになるかもしれません。


ドル買いポジションを決済してしまいましたが、
どこかで仕掛けた方がいいのか
高値掴みになるのか微妙ですね。





じりじりと円安基調を見せている

ドル円
ドルがじわじわと買われています。
109円ではしっかりとしている様子から109.50円を試そうとする気配。

110円までは円安の基調とみています。
110円を超えれるだけの材料が現時点では難しいので
110円前後では注意したいところ



東京金の売買分析

東京金
ドル高を見せている展開から金が売られやすい所
4300円の上値抵抗がしっかりとしており、上抜くのが厳しい展開を見せています
下値抵抗として4200円、ここを割り込んでも押し目買いとされて気配ですが
10月の安値4176円を割り込むと下値深くなって切るために注意したい。
月末ということもあり下げに対しての買戻しでポジション整理を見せるところもありそうです。
ポジションの整理として買戻しを見せての上昇は再び売りたたかれることになりやすいため
その辺を注意しておきたいです。



2014年10月30日木曜日

ユーロ円の分析 fx くりっく365

ユーロ円
140円の上値抵抗を見せてから頭重い展開が続いている10月です。
この上値抵抗を突破しないと失望的なユーロ売りを見せてくる傾向があり警戒としたいところ。


失望売りを見せてくるとユーロ買いのポジションを整理してくることから下げの勢いをつけてくる心配もありそうです

注意しておきたいところ



fxドル円予想 

ドル円
もみ合いから抜き出ており前回の紹介通り上値を試す展開
110円の高値を試す気配です。
一目均衡表の基準線と転換線がクロスを見せたことから
抜け出ていることを示しているように上値期待が強いところ
[スポンサードリンク]





月末になるため勢いが継続できるか難しい所から
上昇に対しての利益確定を含めた
ドル売りを見せてくるところもありそうです。

週足も月足もまだ上昇基調を崩していないことから
ドル買いが中期的には継続を見せそうですが
110円を超えてからの動きはまだまだ不透明なところから
大きくポジションをとるには慎重にしたいところ





2014年10月29日水曜日

商品先物 東京金の売買分析

東京金
4285円にある一目均衡表の雲を意識している様子。
再びここを試してくると4300円抜けを見せる気配です。

ここを上抜けできないと4300円を天井とした下げを見せる気配から警戒したいところ



東京ガソリンの売買展望 フィボナッチ指数から

商品先物戦略
東京ガソリン

68550円から上昇を見せているガソリン
10月に高値81250円を着けてそこから68550円まで下げました。

68550円からは上昇を見せており今後の展開が気になります。

[スポンサードリンク]





10月の下げ幅として12700円
この下げ幅に対して0.318のところが72590円となります。
まだまだ戻り売りの範囲とされているところ
0.5のところが74900円となり、ここまで来ると半値戻しとなります。
それでもまだ調整高の範囲です。

0.618のところとなると76400円となりここまでくると底打ちと認識されて買いを見せていたという形になってきます。
76000円台にきてからあわてて買うのであれば遅いのでその前に先手で攻めていかなければいけません。現時点では0.318のところにいるためにこの辺からの押し目などを見せるのか注目

下げを見せて再び買われてくるなら底打ちとされての展開を見せるところ

0.5の74900円まで一気に来た場合。
その時にも押し目を見せてくるか待ちたいところです。
この時の下げが一時的な展開となると再び押し目買いとされてくるため上値期待が強くなります。

逆に下げを見せたときに戻りが弱いと調整高終了となり下値を探る展開となってくるため
慎重に仕掛けたいところ





東京ゴムが楽しみな展開に

東京ゴム
173.8円で底を打ったように上昇を始めて
200円を付けています
前回まではここが上値抵抗となっていましたが、
ここを突破してきているために上値期待がますます出ている様子

[スポンサードリンク]




次の上値抵抗とされているのが
205円

ここを突破してくると210円となるところ
ゴムだけに動きが速くて売買チャンスも多いので市場人気はあります
ただ金の方が市場の関心が向きやすいことから
ゴムは玄人向けという方も多いです。

売買チャンスは平等にやってきますので
年末に向けてボーナスづくりとしていきたいです。

押し目見せてくれるかな



2014年10月28日火曜日

商品先物 東京金はここから反発を見せれるか

東京金

下値抵抗近辺まで下げたことから、4250円前後からの反発を見せて来ないと頭打ち感からさらに下げてくる展開

買い戻しなども入りやすいために調整高を見せる気配もあり、上昇しても戻り売りに気をつけたいところ




2014年10月27日月曜日

東京金の分析

東京金
4300円を前に失速を続けています。
月末の週となり売買も控えられている様子。
このことからも売られやすい環境となりそうです。




ドル円が108円を挟みもみ合い。
先週で上値に突き付けた展開を見せて
再び108円を割り込んでいることから
調整的な下げとされているところがあります。


ドル円が下げてくると金は買われやすいことから
4300円を再び試せれるのか

と注目されておりますが、買い方としては安値を拾いたいところから
もう少し押し目を待っているかもしれません。


下げたところから買い拾われてくると
今度は4300円越えを試そうとするところ



2014年10月24日金曜日

ドル円はもみ合いを突破とみてよいのか

ドル円
前回、もみ合いの中と紹介したドル円が
108円を付けて一気に上昇、これを上抜けとみるか
現時点では再び110円を試す気配がありそうです。突破したことにより調整的なドル安もありそうですが、下げたところは押し目買いとされやすく再びドル高基調を見せる気配です。





強い東京ゴム

東京ゴム

底打ちから上昇をしっかりと見せている東京ゴム
200円を手前に失速しているようですが、ここには一目均衡表の雲があり意識している様子です。
ただそれほど強い抵抗でもないことから上抜け期待が市場に出ています。
大引けに向けた勢いで抜けるのか夜間に抜けにかかるのか
この展開に注目です。



東京金の展開予想

東京金
ドル円の上昇により金が売られています。

円安の影響よりも金価格に対しての反応の方が影響を与えている状態。
4300円近辺の雲を上値抵抗としており、
今回のNY金の下げにより売られているところ
上値抵抗を意識した展開からさらに売られやすい気配です。






4270円を下値抵抗としており、
ここを割り込んで買いが出てこないと
4250円までの下げを見せる気配です。


そこまで下げてくると押し目買いの期待もあり、
再びドル円をにらんだ展開となるため
さらに売り込むかどうかはもう少し様子見たいところ。


反発を見せてくると4300円越えを試すことになり
上値期待が増大してきます。



2014年10月23日木曜日

東京金上値を意識しているところ

東京金
4300円の上値抵抗を意識している様子
押したところにしっかりと買いが入ってくると4300円を突破する勢いだが
押し目が入るほどの下げもないために膠着状態




4270円では下値抵抗を見せており、
4280円を割り込むと押し目買いとされる気配です。
上値を探るために勢いをつける意味で下げが欲しい所

このままもみあいを見せてくると
買い方が待ちきれずに投げてくる気配です。

そうなるとダラダラと下げてくる
大引けまでに押し目買いとされてくると上昇もありますが、
引けが近づくと夜間の様子を見てから徒の展開となりやすく、
押し目買いは日中では入りづらくなります。

押し目を見せずに4300円を突破してくると
買い方が攻めに来ていることから
上値のもう一段上昇に期待したいところです。








底打ちからの反騰を続けている東京ゴムの戦略

商品先物
東京ゴムの売買戦略

173.8円から上昇を見せている東京ゴム
195円では一目均衡表の雲に当たることから
上値抵抗としている様子





上値抵抗を意識して調整的な押し目を見せる気配があります。
この下げたところとして192円を下値抵抗としている気配です。

ここを割り込むと190円を下値抵抗としており
192円はしっかりとした抵抗を見せていることから
割り込むと下値警戒

ここから反発を見せてくると195円突破期待とされてきます。

調整を見えずに上昇を見せてくると
200円を上値抵抗とした展開となるところです








2014年10月22日水曜日

本業以外で月10万円を狙う。これが基本かな

副業にもいろいろとある。
なかなか利益が発生した時に微々たるものが多数だ。

基本的にリスクを踏まえて行うことを前提に探すと色々と出てくる
その中には投資が中心としてある。




1000万円儲けるとか一億稼ぐという
大それた目標はもっと先においておいて
まずは細かく勝つことをしてほしい。


自宅にいても職場にいてもネットや電話一本で売買をすることができ、
情報は通常のニュースを利用することで得ることができます。

そして何より怪しい商材ではなくまっとうな投資となるため
どんな人でも平等にチャンスがあります。

後はやり方次第。

やり方は一人一人の働き方の隙間時間を
利用したりするので色々とあると思います。


皆さんが自分たちの担当者などに
じっくりと相談されることがベストと思いますので、
まずは小さな勝ちパターンをたくさん作っていただきたい。


私としても相談は何時でも受けております。
明日上がるのか下がるのかと聞かれても、正確にこっちだ!
とはいえないですが、一緒に予想したりすることは可能です。








ドル円の展望を押せて商品市場を制する

ドル円が107円で落ち着きを見せています
高値で110円を付けてそこから105円台まで急落
下げたところから買戻しという展開として円安期待がささやかれていましたが
動き的には静かな展開が続いています。




前回ジムロジャースの韓国と北朝鮮の統合の話を記載しましたが、
そういったアジア圏の強みが浮き彫りになってきていることから
積極的なドル買いという展開が見れなくなってきているかもしれません。


ドルもしっかりとしてきてもアジア通貨の上昇から
円高という展開も想定していく必要がありそうです。


ツアー徒的には三角もみあいを形成しているので、
ここから抜けてきたほうに一旦動きを見せるところ
その動きを見せるまではじっくりと見たいところです。

大きくポジションを取ってしまっても、
反対方向に急激に動きを見せることもあり
このもみあいを抜けるまではデイトレ的な短期売買を主体としておきます







東京金、朝の戦略

東京金

夜間取引では上昇を見せて4300円の高値を付けています
この4300円を超えてほしいという市場の期待があり
朝から注目されているところ





移動平均の5日21日ではゴールデンクロスを
見せているために買いを集めやすい状況です。


一目均衡表でも基準線と転換線のクロスがあり
方向性の切り替わりを見せる気配からも
4300円からの展開に注目されているところ

まだ大引けになっていないので
ローソク足が確定していません。

日中の動きでゴールデンクロスもなくなるかもしれないので
その辺を注意していきたいと考えています







2014年10月21日火曜日

商品先物東京金の売買分析

東京金
4300円の上値抵抗を意識している様子。
ここを上抜くと高値を試す展開を見せるところ
ロコロンドン市場の金の上昇と円高の綱引きのところ

円高にもかかわらず買われている様子です。






下値としては4250円を下値抵抗としていることから
この値位置近辺では押し目買いとされやすい


割り込んでも買いが出てこないと警戒したいところです。


基準線と転換船のクロスがありそうなので、
そこも注目しております






2014年10月20日月曜日

東京金がジワリと上昇

東京金
4261円を付け直近の高値を更新

為替が円安となりその影響から上昇を見せています。

目先は買われやすい気配から拾われている様子。




午後の展開としてもう一段の上昇期待とされていますが
円安だけの材料となると上昇が難しい所


夜間取引されているロコロンドン市場の金が上昇を見せてくると
国内では上げ材料とされて買われてきます。


材料が出尽くしにもかかわらず、
下げを見せずに高止まりをしてくると
底打ち感からの買いが
再び出てくるために上値期待となっています。







東京金の分析

東京金
上昇を見せている東京金

上値抵抗4260円を突破してくるともう一段の上昇期待が出てきます。


前回高値を突破できずに下げを見せてくると
上値の重さを感じさせることから売りを見せてくるために注意したい。





2014年10月17日金曜日

商品先物東京金の売買分析

東京金
金は円安を受け、買い優勢で始まったのち、
序盤の買いが一巡すると、上げ一服となった。
午後に入ると、リスク回避の円高を受けて小幅安となったは、
終盤のドル建て現物相場の上昇を受け、まちまちとなった。

分析
長期的には4330円では上値抵抗とされている様子。
短期的には4250円を上抜けると上値期待としたいところです。
[スポンサードリンク]







下値では4215円を割り込むと下値期待とされてくるため
売りが出やすくなってきます。

戻りは売られやすいことから下値を警戒としておきたい

ドル円に揺さぶられることもありそうですが、
上下の抵抗ラインを注視しつつ仕掛けていくつもりです。







東京ガソリンの夜間にかけての戦略

商品先物エネルギー
東京ガソリン

69000円を割り込み買戻しを見せて陽線を付けました。
調整的な上昇を見せることもあるかもしれませんが、
現状的にはまだ下値余地を残している様子から戻り売りを警戒したいです。
2012年の安値77.28ドルを視野に入れる気配からも警戒としておきたいです。
[スポンサードリンク]




国内では海外が上昇を見せてくる期待感などから
買戻しとなっているようです。
2013年に着けた安値68030近辺までの下げを見せたこともあり、
買戻しが入りやすかったようです。

ただ底打ちとみるにはまだ材料的にも薄いことから
戻り売りは警戒。

73500円を超えてきたときの戻り売りに注意したいです。

2009年からの長期上昇トレンドはまだ崩れていないため
この戻りがしっかりとしてくると
80000円を突破することを視野に入れておきたいです。






iphone6に続き新型ipadが登場

前回同様にipadの需要拡大を期待したドル買いをしばらく見せそうです。
この影響でドル買い主体の展開を商品市場でも想定していきたいです。

夜間ではガソリンが急騰、あれだけ下げていたのでこの上昇は調整高として処理されそうです。
東京ゴムも上昇、底打ち感が大投資てきており上値期待となっています



2014年10月16日木曜日

東京金の売買分析

東京金
動き的に非常に気になる値位置にいます
ドル円から見るとまだ円高の要素を残していることから
NY金の買い材料とされる気配がありますが、
1250ドルを上値抵抗としていることから注意しておきたいです。

[スポンサードリンク]





国内では4210円の下値抵抗を割り込むと
勢いから4200円割れを見せる気配です。

そこまで下げると投げも出やすいことから
直近安値の更新を警戒

NY金が上昇を見せると
国内でも底打ち期待からの上昇を見せる気配です。

ただ4245円の上値抵抗が上値を重くしている気配から戻り売りに注意したい。

前日高値の更新が難しいと
再び売り込まれてくることを警戒したいところ



商品先物穀物市況 東京トウモロコシ

 東京コーンは、総じて反落。
序盤から前日のシカゴの急落と、
円相場が1ドル=105.80円台に上昇したことから大幅安となり、
9月限が2万3500円割れを試す下げとなった。

新甫11月限は2万3700円まで下落した。
場中、午前10時半頃から円が106円台前半に小反落したが、
反応は鈍く、期近1月限を除き、400円超の下げで推移している。

新甫は夜間取引で2万4200円で発会値したが、
今日の日中取引は売り優勢となった。

午後も円相場が106円水準でほぼ高止まりし、
他商品も大幅安で推移する銘柄が多く、
押し目買いが伸び悩み、安もちあいで推移した。

 前営業日比、560~210円安。出来高は1558枚増の3357枚。そのうち夜
間取引は2096枚。



金市況

東商金・銀は、まちまち。
金は円高を受けて売り優勢で始まったのち、
ドル建て現物相場の上昇や円高一服を受けてプラスサイドに転じた。

午後に入ると、ドル建て現物相場の上げ一服を受け、まちまちとなった。
銀はニューヨーク高と円高を受け、まちまちとなった。

 前営業日比は、金標準~3円高、金ミニが変わらず~3円高、
銀が0.4円安~0.3円高。
 推定出来高は、金が5万7400枚、金ミニが6031枚、銀が300枚。



東京金の午前中の展開と午後の戦略

東京金
上値抵抗を4250円をとし上値重い様子
ドル円も106円を割り込みドルも上値重い
夜間取引の金も上値重く取引が全体的に重い展開を見せた午前です。

[スポンサードリンク]









下値を探る展開となると再び4220円を割り込むところ、
ここを割り込むと4200円割れの警戒となってきます。


戻りを見せても売られていることから
下値を警戒したいところですが、
戻り売りを見せずにじりじりと上昇を見せてくるなら
4235円を上抜けできるか注目したい。



ここを突破してくると陽線として引ける可能性から
買いが集まりやすい所です。






暴落のガソリン 東京ガソリンの分析

東京ガソリン
連日暴落を見せています。
NY原油から東京ガソリンの今後を分析。
海外も下げており2012年の安値77ドルを下値抵抗としている様子。
10月中にここを割り込むと11月は
さらなる下落を見せてくることもあり注意したい
[スポンサードリンク]








国内では
月足で見ると大きな陰線を見せており、
2008年の暴落を思い出させるようなところから警戒したい。

下値抵抗として75000円があり、
ここを割りこオムと60000円割れを視野に入れておきたいところ。


急落から本日買戻し期待などもありますが、
戻り売りに注意しつつの戦略で行きたいところです。






2014年10月15日水曜日

東京金 戻り売りとされてくるか

東京金
4200円を割り込み4259円まで上昇
そこから再び売られている展開です。

4260円が戻りの高値とされていると
4230円を再び割り込む展開となるところ
4225円では買いを見せる気配もありますが、

戻り完了感から上値を重い展開を見せる気配です。
[スポンサードリンク]








再び上値を試す展開を見せてくると
4250円を上抜けて4260円を試す展開を見せるところです。



ドル円が106円で中期の底打ち感が出ており、
貴金属に売られやすい気配があります。


そのことから戻り売りに警戒とし下げてくると
再び4200円割れを見せるところとなりそうです







商品先物東京金の売買材料

リースレート1カ月物                                                      
金   0.13% (前日  0.13%)

ETF現物保有量残高:単位はトン                                            
*世界12カ国金ETFトン残高    1,101.22(前日  1,101.22)               
*米国金ETFトン残高(GLD)   761.23(前日    761.23)               
*銀ETFトン残高(SLV)   10,717.20 (前日 10,752.98)                 
*東証金ETF終値(コード1326)   12,670円(前日  12,670円)                
*大阪金ETF終値(コード1328)   3,620円(前日   3,620円)    

[スポンサードリンク]





金鉱山株価                                                                
  フィラデルフィア(XAU)     79.27   (前日   78.49)                    
  AMEX(HUI)         194.68    (前日  192.65)                    
住友金属鉱山(5713)       1,432.0円   (前日 1,432.0円)      

米CFTC建玉明細報告の大口投機家(10/ 7)                                
NY金   6万6,447枚の買い越し  (前週   6万4,870枚の買い越し)    

【世界の金需給】                      単位:トン      
供給              2013     2014F     13H1     13H2     14H1   14H2F        
鉱山生産高       3,054     3,101    1,429    1,625    1,481   1,621        
二次供給         1,269     1,104      629      640      572     533        
鉱山会社のヘッジ   -46        42      -26      -20       52     -10        
供給合計         4,277     4,248    2,032    2,245    2,105   2,143        

需要                                                                        
宝飾品           2,368     2,210    1,274    1,094    1,074   1,135        
工業用             409       396      207      202      199     197        
公的部門の購入     409       412      223      186      242     170        
小売投資         1,775     1,156    1,096      679      550     607        
現物需要合計     4,961     4,174    2,800    2,160    2,065   2,109        
現物需給          -684        74     -768       84       40      34        

ETF残高        -880      -125     -579     -301      -42      -83        
取引所在庫         -98        14     -111       13       14       -        

需給変動           294       185      -78      372       68      117        

平均価格      1,411.23  1,270.00 1,523.29 1,301.81 1,290.76 1,250.00        

注:Hは半期、Fは予想、価格はドル/オンス                        



東京白金の今後の展開

商品先物貴金属
東京白金
プラチナ系貴金属(PGM)は、軒並み上昇。終値の前週末比は、プラチナが    
11.1~11.6ドル高、中心限月の1月限は11.6ドル高、パラジウムは    
9.15~9.20ドル高、中心限月の12月限は9.15ドル高。              
プラチナ1月限は、ドル安や金堅調を受けて反発した。パラジウム12月限も、ドル
安などを受けて買い優勢となった
[スポンサードリンック]






4500円を割り込み上値重い展開を見せております。
前日の上下乱高下から本日は動意薄のところ

このまま動きなしとなるか東京金を見ると
ロンドン市場で売られている展開から白金もそれなりの影響を見せそうです。

前日に下値からの切り替えしがあり、
本日もこの押し目買いを警戒している様子。

押し目があっても4400円でも売られてくると
下値を再び探る展開となってくるところから下値期待となりそうです。



結局下げている東京ガソリン 商品先物分析

東京ガソリン

ニューヨーク原油は期近が大幅続落。終値の前営業日比は、期近2限月が3.90~3.78ドル安、その他の限月は3.85~2.20ドル安。ICEブレント原油は、期近2限月が4.00~3.85ドル安、その他の限月は4.15~1.99ドル安。
国際エネルギー機関(IEA)による4カ月連続の今年の世界石油需要見通しの引き下げや、16日発表の米エネルギー情報局(EIA)統計での原油在庫増加見通しなどに圧迫され、期近は2012年6月29日以来の水準へ値を沈めた。

[スポンサードリンク]





連日下げている東京ガソリン

結局のところ戻り売りは変わらずの展開であり、
戻らずに下げている。

下値は深いとみており戻り待ちに戻りなしの展開となりそうだ。

売りで想像以上の利益が出ている状態であり、
焦って利益確定したくなるがストップロスを
余裕をもって設定しておきたいところ。

為替の展開を無視して動いていることから、ドル売りドル買い関係なしに仕掛けておきたい





2014年10月14日火曜日

東京金の売買分析

東京金
ドル売りから金が買われて国内では4200円割れから反騰を続けています

ただ4300円近辺では一目均衡表の雲があり、
ここでは戻り売りを警戒とされている様子。
雲は熱いわけではないので戻り売りもそれほど強くないかもしれません。
値位置に近付いたときのニュースには気を付けておきたいところ


[スポンサードリンク]







現時点ではドル円が107円となり海外は若干売られています。

このまま継続されるかはまだ不透明ですが伸びが弱いと
再び売られてくる展開から注意したい。


ドル円が106円まで下げ半値戻しとなったことから
再びドル買いがでていることで
金の売られやすい気配を見せています。


この駆け引きから強い方に動きますが、
この動きがある程度の方向性を
決めてくることもあり慎重になりたいところ。



ジムロジャース発言から為替を考える

まだまだ先のことだけにここで敢えて言及する必要はないのですが、
自分自身に忘れないために備忘録も兼ねて記載

ジムロジャースが北朝鮮と韓国の統合を予想しています。
そうなるとアジア圏としての成長株として超有力という話でした。
[スポンサードリンク]





ここから思うに現状は円安から調整踏まえて円高となっていますが、
将来的にはドルは売られやすい環境になりそうです。

これが統合の予想は5年以内としていることから
これが始れば一気に円高になりそうです。
その時に大きくドル買いのポジションを維持していると火傷となりそうです。

今回の円高の動きも若干将来的なドル売りを想定しての円高もありそうなので
あえてこの辺で警戒をしておきたい。

110円が前回高値になっています。
今回はこれを抜いていくのは難しいかもしれません。

高値でもみあいを続けていたら注意したいですね。
ドル売りがされているということから上値を突破できない要因かもしれません。



連休明け国内商品先物 東京金の売買戦略

東京金
NY金が上昇を見せてのスタートです。
国内では海外の上昇を好感して買われやすい状況。
NY金が高値から売られていることもあり、警戒されるところもありますが、日中はロンドン市場との動向を見ながらしっかりとしているようなら更なる上昇も見込めそうです。

日足からはNY金が底打ちの様子を見せていますが、週足ではまだ不安要素を残していることからもう少し慎重に仕掛けていくつもりです。



2014年10月11日土曜日

円高継続 商品市場は

東京金は動き薄く
ガソリンが反騰
全体的に同意薄く週明けの海外に注目との展開でした。
結局、円高は行き過ぎた円安の調整を踏まえていることから、円高という認識が薄く調整としてのドル売りとの見方のようです。





2014年10月10日金曜日

商品先物は連休に入ります、今晩は要注意

連休明けが荒れるのか心配です。毎度ながらそれなりの動きを見せてくるので今回もあるのかな 

金のドル建て現物相場は、軟調。きのうの海外市場では、ユーロ圏の先行き懸念など
を受けてドル高に転じたことを受けて上げ一服となった。アジア市場では、朝方の  
1224.14ドルから、原油安などを受けて軟調となった。

世界経済の先行き懸念を受けて株価が急落した。金はドル安一服が圧迫要因だが、株
安が続くと、逃避先として見直される可能性も出てくる。一方、目先は国際通貨基金
(IMF)・世銀の年次総会を控え、当局者らの発言も確認したい。米連邦準備理事会
(FRB)の出口戦略と欧州中央銀行(ECB)の追加緩和などでドル高が進む可能性
もある。



 ニューヨーク・プラチナは時間外取引で、反落。指標1月限は午後4時現在、前日比
17.8ドル安の1260.5ドルとなった。

 世界経済の先行き懸念を受けて原油が急落したことなどが圧迫要因になった。ただ南
アの減産の見方も出ており、安値拾いの買いが入るようなら、下支え要因になるとみら
れる。また目先は国際通貨基金(IMF)・世銀の年次総会を控えており、当局者らの
発言も確認したい。 

 9日のシカゴコーンは、新穀月5本は小幅ながら月初以来7日続伸。夜間取引中はド
ル続落推移のなか小反落商いが続いた。
 しかし、立会取引に入ると一転、ドルが大幅反発したにもかかわらず、きょうの米農
務省月例需給報告を控えたポジション調整において、引き続き収穫遅れによる買い戻し
が優勢となり続伸商いに振れた。
 きょうは、月例報告次第。事前予想以上の弱気サプライズとなるのかが焦点。織り込
み済みとして12月限が節目350セント抵抗突破を指向するのか、弱気サプライズと
なって8営業日ぶりに反落するのか注目される。


9日のシカゴ大豆は、反発。夜間取引中は、ドル続落推移を受けておおむね5セント
前後の反発商いが続いた。                                                    
立会い取引では、好調な週間輸出成約高などもあって夜間高値を更新したが、ドルが
大幅反発したため前日高値を試すには至らず反落し、夜間安値を更新する場面もあっ
た。しかし、前日安値にも遠くした支えられるとドル高一服を受けて買い戻され反発引
けした。


きょうの米農務省月例需給報告を控えて前日レンジ内のインサイドデー指向の商いと
なった。従って、きょうは月例報告次第の強弱となる。中心月の12月限は報告後、上
値は節目950セント、下値は8日安値926.50セントのいずれかを突破、または
乖離した方にさらなる値幅拡大の可能性があり注目される。




戻り売りを再び見せている東京白金

東京白金
前回のテクニカルの警戒ポイント
4455円を突破し4500円台に突入しましたが売られている展開です。
朝は4400円を割り込み現状は4400円回復

週末の連休もありポジションは整理されている様子から
大きな動きを午後から見せてくれるか疑問なところもあります。


戻りは売られている展開からも下値期待の声が多く安値更新期待とされている様子。
上値では再び4500円も戻ることがあると底打ち感から再び上値を探る展開となりそうです。
ただ連休前に仕掛けが出てくるかどうかは難しそうなところ



加速をつけて下げています
東京ガソリン

前回からの75000円割れを狙い仕掛けておりましたが
ここで一気に火が付いた
ガソリンだけに火が付くと早いとはこのことです。


売りを仕掛けた方はよだれ出てくるような展開ですね。
年末前のボーナスとしてしっかりと利益を確保していきましょう。

ただ利益確定は焦らずにじっくりと見てからで。

ストップロスを仕掛けておくのが良いと思っています。






市況がそろっています





◎NY外為:ユーロが4日ぶりに下落、ECB総裁が構造改革を訴え
ニューヨーク外国為替市場ではユーロが4日ぶりに下落。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は域内の構造改革を訴え、必要に応じて追加刺激策を講じる方針をあらためて示した。
ドルは主要16通貨の大半に対して上昇。ゴールドマン・サックス・グループがユーロ、円、その他3通貨に対してドルはさらに上昇するとの12カ月予想を示したことが手掛かりだった。朝方発表された米週間新規失業保険申請件数は予想外に前週から減少。これを受けてドルはそれまでの下げを埋めた。円は3週ぶり高値をつけた。米利上げ先送り見通しが広がったことが背景。
トレンドおっちゃん : 米国株大幅反落-成長懸念 《あさイチ10.10》
◎NY外為:ユーロが4日ぶりに下落、ECB総裁が構造改革を訴え  ニューヨーク外国為替市場ではユーロが4日ぶりに下落。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は域内の構造改革を訴え、必要に応じて追加刺激策を講 ...







欧米と中国の新車販売は好調 産地国も需給緩和を是正する方向へ舵取り
欧米と中国の新車販売は好調 産地国も需給緩和を是正する方向へ舵取り | みんなのコモディティコラム
欧米と中国の新車販売は好調 産地国も需給緩和を是正する方向へ舵取り ...





・フィッシャーFRB副議長、
 為替相場、FOMC決定と切り離された要素ではない
菊川弘之の月月火水木金金 - livedoor Blog(ブログ)
・フィッシャーFRB副議長、  為替相場、FOMC決定と切り離された要素ではない ...






おはようございます。
3連休前ですが、強力な台風19号の進路が気にかかります。

【金融・為替】
今週はダウが乱高下していますが火曜に272ドル下げ、翌水曜には274ドルの反発、そして本日木曜は334ドル急反落し今年最大の下げ幅を記録、さしたる目新しい下げ材料はないものの、米国の利上げ時期の先送り観測の好材料も、IMFやFOMCの観測で欧州をはじめとした世界経済の減速懸念が示されたことから、改めてこれらを嫌気して売りが売りを呼び込む暴落につながっている模様です。

本日のトピック(最前線情報) - livedoor Blog(ブログ)
おはようございます。 3連休前ですが、強力な台風19号の進路が気にかかります。 【金融・為替】 今週はダウが乱高下していますが火曜に272ドル下げ、翌水曜には274ドルの反発、そして本日木曜は334 ...











2014年10月9日木曜日

デイトレードをしている方に、デイトレードで利益を上げたい方に

仕事しながらとなるとなかなか難しいかもしれません
デイトレード

夜間取引が活発になってきているので夜間に仕掛ける方も増えてきました。
いずれは投資市場は全てが24時間取引の可能性もあります。

そういった先々を考えてもデイトレードの手法というのは活躍できる場が今後も増えてきます。

100万円を1億5000万円にしたデイトレード術 (<DVD>)
Tyun ちゅん
パンローリング株式会社
売り上げランキング: 212,417










金の上昇要因がまだ残っていることから、上値を探るか

円高が進行しています
まだ円高の余地が残っており、 NY金が上昇を見せてくる様子
国内では円高の下げ要因よりもドル円に対してのヘッジも踏まえて金買いが先行する気配です。

行きすぎたドル安の調整を踏まえた買戻しを考えると買い続けるのにも抵抗があるため
どこかで調整安を踏まえた金の値下げがでそうです。

ただ現状はロンドン市場でも金が買われていることから夜の金は上げ基調になりやすそうです。
国内は週末の連休を踏まえないといけないので、商いが閑散になりやすいことから値段を追って売り買いすると動きがそこで泊まることもあり、休み明けの相場次第では仕掛けたところから一気に逆に動くこともあるために注意したい。







東京カジノを考えて

カジノ法案
カジノ解禁を目指す超党派国会議員による「国際観光産業振興議員連盟」(会長・細田博之自民党幹事長代行)は7日、国会内で役員会を開き、カジノなど統合型リゾート(IR)を推進する法案(カジノ解禁法案)を修正し、解禁対象を当面は外国人に限定する方針で一致した。
これによってカジノの政策が一歩前進し進んでいくだろう。
ところでこのカジノによって潤う業種が様々に出てくる。建設業もしかり治安関係で警備とか英会話的なものなどなど
正直経済効果はそれなりにありそうだ。

違った角度でこのカジノ計画を考えてみた。
警備や建設関係の仕事が大幅に増えるということでそれはそれとしてよいのだが、治安悪化などを踏まえると対暴力関係の強化が必須。

警察を増やすというのは簡単にはできないので、民間の活躍が必要となる。
警備会社とかだろう。
現状の警備会社だけでは足りないかもしれない。ましてや外人などがきてお金をかけているところに来るわけだからそれなりの人柄も増えてくる。
そうなるとそれ用の対応も必要だ。
暴力に対抗できる警備ということだ。

簡単に対暴力の対応ができるわけではない。

そこで思ったのが、暴力団新法によって居場所を追われた組員や生活に困窮する元組員たちがいるとしよう。再就職も大変でそのまま放置すればカジノどころではなく治安の悪化につながる。

そこで仕事を作るために必要なこととしてカジノを作るというのは非常に理にかなった方法に思える。元組員による対暴力の警備会社が外人たちの治安悪化対策として活躍する場になるのではないかと考えたりもした。


長文失礼しました。



2015年に向けて今から準備 まずはカレンダー 投資家のためのカレンダー

今年も出てきました。来年のカレンダー
我々投資家たちを応援する投資家のためのカレンダー
サポートしてくれるカレンダーです

投資カレンダー2015: 株式・日経平均先物の必勝投資アイテム (マルチメディア)
大岩川源太
徳間書店
売り上げランキング: 1,532




円高が強烈なイメージ

ドル円が10月に入ってから上値重い展開を見せている。
108円を割り込みダラダラとした展開
107.5円を割り込んでも8月からの上昇を踏まえると行きすぎに対しての調整という認識を持てる。
そうなるとまだ円高の余地はありそうだ

102円から110円の上昇として8円
8円幅の半値が106円 ここまで下げても半値戻しのところ
これは円高に対しての油断はできないかもしれない



外務員の目線 展開予想集


菊川弘之の月月火水木金金 - livedoor Blog(ブログ)

菊川弘之の月月火水木金金 - livedoor Blog(ブログ)









郷右近ブログ
郷右近ブログ | Expert
2014/10/09 09:45 注目指標/豪9月失業率@▲2.97万人(予想2.0万人増)*オージーダ ...









トレンドおっちゃん
“トレンドおっちゃん”を自称する現役外務員による、日々の相場観測と 現状の認識を書き綴っています
トレンドおっちゃん
トレンドおっちゃん “トレンドおっちゃん”を自称する現役外務員による、日々の相場観測と 現状の認識を書き綴っています ...









2014年10月8日水曜日

東京金の分析

東京金
じりじりと上昇を見せ陽線で終えています
ここで海外の状況に目を向けると
1200ドルを割り込んでからの買戻しが今年は目立つ展開
ここを再び維持してくると少し上値を試す気配です。
1220ドルを突破してくると上値の期待が出やすい所。



NY金が上昇を見せると為替が円高となりますが、海外の上昇を好感して国内でも買いが先行する気配があります。





東京ガソリン続落

東京ガソリン
再び下げています
戻りは売られやすい展開とされており、下値を探る展開
75000円割れ期待しております



じり高見せる東京金

東京金がじわじわと上昇
勢いがあるわけではないがロンドン市場の金の上昇を受けて上げています。
今後の継続はとなりますが、市場の関心が上昇に向いており、買われやすい環境です。
ただドル円の円高に歯止めがかかると再び東京金は売られやすい展開となるため注意したい



再び下げる東京ゴム 商品先物

東京ゴム 
再び下げで儲けを狙えるか

180円を高値として下げを見せている
7月からの下げ基調を再び継続する気配から下値に対しての警戒が市場では言われているようだ。
174円割れとなると安値更新を見せるところから戻り売り主体とされている様子。





2014年10月7日火曜日

戻り狙えるか

市場で声が多いのが戻り売り狙い
このまま上昇が弱ければ売りを仕込まれていると見たい。
売りが仕込まれているなら便乗と考えてます



ドル円が109円台再び突入して

ドル円が109円を見せています
市場では突破を見せてもドル売りに急ぐ様子はなく静観している様子。
急激な下げに対しての調整的な上昇ととられているようです。
あとは109円を維持してくると再びドル買いが目立つ形になりそうです。
そうなるとじわじわとドル高を見せる展開。
再び割り込むと上値の重さを嫌気してドル売り加速しやすくなります
キーポイントとして109円を注目です。



急騰白金、利益を狙うにはどこから攻める

東京白金
急騰しております。下げも強烈だっただけに上昇も強烈ですね。
4994円から4225円の下げとなり769円の値下げ、
値幅に対して30%が230円 
4335円4225円から4455円のところが第一警戒ポイント

次が50%384円 4610円のところ 
ここまでは戻り売りを警戒しておきたいです。

戻りが弱いと再び売られてくる勢いが
強くなる気配のため見逃せないところです。



東京金の急反発 ここからの戦略

東京金は急騰
今までの下げに対しての上昇を見せた様子。ドル円がドル安に転じたことから金買いになり上昇。
9時からの為替との展開でもう一段の上昇となるところ、円高を見せれずにいると利食い先行から東京金はダラダラと下げる気配。
為替との絡みを見ながらの仕掛けどころ




2014年10月6日月曜日

動きが静か。東京金の分析

東京金
現時点では静かな展開
動きの本番は21時以降に動けるか

為替も静かな展開を見せていることから、21時以降からの展開か




商品先物暴落を見せた東京白金の売買分析

東京白金
夜間のスタートは上昇を見せています
大幅な下げを見せていただけに調整的な上昇も大きな値上げです。
4500円を突破してきてもまだ調整高の範囲とされていることから戻り売りに注意したい。
戻り売りから4500円を維持してくると底固めの気配が出てくるために動きに注視





商品先物 東京ゴムの分析

東京ゴム
200円からの崩れ方印象的だったゴム
今後の展開を考えたい。
現時点ではまだ弱い材料から上値を見せるには難しそうだ。
ただゴムだけに突然の反転もあるので気を付けたい。

下値の視野としては200円割れをしっかりと見せたことで100円近辺が視野になる
ここまでを一本調子とは言えないが乱高下を見せながらの展開となるかもしれない。

先ほども言ったようにゴムだけに急激に反転もあるためポジションの取り方は慎重にしたい
185円を超えてくると少し200円をうかがわせるようなところもあり要注意
戻りが再び売られてくると下値の期待は高くなりそうだ。



商品先物東京金の分析

続落続きの東京金

下値の抵抗として4170円に
下値抵抗を見せている様子

急落に対しての調整高は弱いかもと市場では声が出ています。
4150円でも下値抵抗を見せてくることから
4170円を割りこ出からは鈍い動きを見せるかもしれません。

上値としては4220円での上値抵抗を見せているために
4200円を超えても底打ちとみるには時期尚早の気配です。
戻り売りに注意したいところ。

4100円を割り込むと4000円割れも視野に入れておきたいところです



ドル円の動きが鈍い

ドル円が膠着しています
日経平均は上昇
円高材料出尽くし感がありながらもドル高への動きを見せず
ドル安にもならず
動かず

しかし日経平均がこれだけ動き市場自体は静観しているわけではないとみると
動くところがあるとみています。
それが日経平均の動き終わってからか
関係なしに来るのか

どの値段とかどの時間とは現時点では言えない所のため市場を監視している状態です。
情報入りましたが更新していきます。



東京トウモロコシ 穀物の売買分析

東京トウモロコシ
陽線を付けているが22000円台でのもみあいの範疇に思える
動きが再びでてくると下げの継続を見せる気配もあることから注意したい。
下値としては22000円を割り込んできても押し目買いとされる気配が薄く
下値を探りやすい
ここから反発を見せてくると23800円での上値抵抗がしっかりとしていることから
戻り売りの注意のところ
まだ下値警戒は継続しているところです。



東京ガソリンの続落中 売買分析

東京ガソリン
商品市場全体に下げを見せています
東京ガソリンも下げており昼に近付いて少し落ち着いた様子。

下値抵抗として77000円を割り込むと
週足では雲を割り込む展開から
下値に対して意識した動きを見せています。

戻りを見せるにしても材料難から
戻り売りの警戒が市場でささやかれている様子。

新規に売り込むには材料が足りず、
上昇を見せても調整高とされているために材料待ちのようです。

為替の円高が落ち着くと再び全体的に動きを見せる気配から
ドル円も注視しておきたいです。



暴落している商品市場 東京金の分析

暴落で月曜はスタートです
東京金の分析
週足で見てみると下値抵抗とされているのが4140円前後となっているようです。
この下げにより先週のデッドクロスがしっかりとしたものとなり下げに勢いが付きそうです。
急落に対しては常々調整的な上昇がありますが、上昇を見せても戻り売りとされる展開となりそうです。



下値抵抗近辺の東京白金

東京白金
4350円を割り込み4340円を割り込めるのか
市場の関心が集まっています。

ここを割り込むと4400円近辺までの下げの警戒とされており、
押し目を拾った買い方の投げが再び出てくる気配。

4500円の上値抵抗もしっかりとしていることから
上昇を見せてきてもその辺の戻り売りに注意としたいところです



2014年10月5日日曜日

戻しを見せれるか東京ガソリン

続落の東京ガソリン
下値はそれほど深くなかったことから回復期待も出てはいますが、戻したところは戻り売りとされやすく下値警戒は継続されているようです。

ドル高基調からも商品の売りやすさが目立つために注意したいです。




2014年10月4日土曜日

上値の重さ継続

ドル高の進行により金は益々売られやすい展開を見ました。
戻しても売られる展開から下値の警戒が一段と強くなっています。ドル円の110円に対しての抵抗も薄まっていることも東京金の上昇要因のようです




Amazonの利用が多いなら、これを使った方が絶対お得

何かと買い物がネットというのが増えた時代です。
ネットースーパーを知った時はめちゃめちゃ衝撃的でした。
買い物もクリックでできるってのは素晴らしい。
しかも買いすぎなども計算しながらできるので防止できるんです。
時代ですねぇ
[スポンサードリンク]




今回はネットで買い物、とくにアマゾンを利用する機会が多い方には朗報です。
これは絶対持った方がいいというもの
クレジットカード




Amazonのショッピングで、1.5%還元。
Amazon以外のご利用でも常に1%還元。
貯まったAmazonクレジットカードポイントは1,000ポイント毎にAmazonギフト券100円分へ自動交換。
手続き一切不要で交換忘れがありません。


こういった特典がついているわけですから、使えばそれだけ貯金ができるという感じです。
黙った買うだけよりは全然いいですよ








2014年10月3日金曜日

もう一度110円

今晩にでも再び110円を到達する勢いだ。
どうやら円高材料の出尽くしからドル買いに安心感が出ている。過度の円安に対する日本の対策は月曜以降とすると今晩から明日にかけてはやりたい放題なんだろうか




東京ガソリン売買戦略

東京ガソリン
急落に対して買い戻しを見せたガソリンです。下ヒゲの長いローソクになりました。引き続き下値を探る気配から下げと見てますが、調整高を踏まえた上昇には注意
下げてくると安値更新を期待した売りが出てくるところ




東京金は要注意したい

東京金
週足で見てみるとそれほど動きを見せていない
雲のねじれが来週にかけて起きていることから動きの展開を見せることもあり注意
4220円での買い戻し傾向が強く下値抵抗とされていることから、ここから反発を見せてくると
再び4300円を視野に入れようとする傾向がある。
4290円で上値の重さを見せてくると再び下値を試すところ
そうなると4220円割れを試そうとしてくるため下値警戒。

大きな動きを見せた10月スタートから第2週目となる

東京白金



東京白金暴落 引け間際も下げた

急落の東京白金
強烈な下げを見せた東京白金
次なる視野が4350円の下値抵抗となる。
ここではそれなりにしっかりとした下値抵抗を見せており
近づくと買戻しの警戒となるが勢いがついての割り込みとなると買戻しの期待も薄い

反発を見せても調整高として処理されやすく戻り売りは狙われるところ
売り方としてはある程度の買戻しをさせてから売りを仕掛けてくるところがあることから戻りを見せたらしっかりともどるところを見てから売りとしておきたい。
安易にすぐ仕掛けると下げた幅が大きいために調整高としてもそれなりの上昇を見せることもあり注意したいところだ。



一旦落ち着きを見せている商品市場。午後からの展望

商品先物市場が落ち着きを見せています。
午前中の動きは一旦終わり、これからは午後の展開

下げに対しての落ち着きを見せてくると当然反発の警戒です。
ドル円の下落にも落ち着きを見せてくると円安をじりじりと見せる気配もあります。

円安効果の上昇ともみえますが、単純に買戻し的な上昇となりそうです。
午後も再び下げを加速してくれると面白いですが、動き的に下げ渋ってくると買い方の展開を見せてくるために上値の警戒をしたい。

東京金 東京ガソリン 東京白金
これらの買戻しを見せてくるとそれなりの上昇もあるので注意したいです。



商品先物市場 戻す気配を見せている

若干戻しを見せてきています
東京ガソリンの戻りの目安といわれているところが
79000円まで戻せるかとの声がありました。
ここまで戻してくると一目均衡表の雲にタッチするところです。
急落に対しての調整的な上昇としても不思議ない所であり
窓を開けての下落のため窓埋めするには一気には難しそうですが
下げすぎに対しての穴埋め程度の上昇はありそうです。






白金暴落により下値抵抗を割り込んだ

東京白金前日予想
とうとう4500円を割り込みそれでも下げを見せている白金
次の下値抵抗として4430円を下値抵抗としている様子
4430円を割り込むと4350円を次の下値抵抗としています
4350円はしっかりとした抵抗を見せていますが、ここを割り込むと
さらなる暴落になり売り方にしてみれば早めのボーナスという展開



東京金のここからの展開

下げた東京金
安値では雲を割り込みを見せており反発気配を残しています。ただ安値からの切り返しもそれほど強くなかったことから引き続き下値の警戒。
安値を更新してくると失望的な売りが出て来るために一段安の警戒。

雲の中に戻る上昇を見せてきても調整高として処理されやすいところ。ただそこから売られても再び割り込めるかは難しいために動きを見極めての仕掛けとしたい




2014年10月2日木曜日

白金暴落

夜間は商品先物は下げています。
特に東京白金の暴落は嬉しい
しっかりと利幅を稼がせてもらってます。
ストップロスを設定して寝ないと何があるかわからない動きですね




東京金の分析

東京金
一目均衡表の雲をした抜けしてきた展開
ここから割り込んだことに対しての反発警戒となるが
勢いが強いと反発を見せれずに下げを加速してくる
円高の勢いから下げを見せておりドル円を注視しつつ
金の売りは決済ポイントを見極めたいところ。






東京ガソリン崩れたか

東京ガソリン
反発見せれずに崩れた
下値深いとみるべきか



東京ガソリン下げてスタート この下げスタートは気を付けるべき

東京ガソリン下げてのスタートです
この下げは窓を開けていることから下げ止まりを見せてくると反発して窓を埋めてくることがあります
この反発には注意したい。
つまりこの下げを押し目買いとして狙っているトレーダーがいるので獲物にされないようにしてほしいです。
下げているからと売りを仕掛けるのは少し嫌な感じがします。
下げ止まり78300円の安値を割り込めないと反発見せることがあり、その際に前日の終値までの上昇を見せる気配です。

割り込んでくると追随して売りを仕掛けてくる動きもありそうですが、勢いで300円割れを見せてくることもあるため安易に割れれば反発がないとみるには危険のようです。





東京とうもろこしも 今年は暴落している

東京トウモロコシ
下げ続けているトウモロコシ
月足で見ると何とも今後の値下がりの期待をしてしまう
目先の注目ラインは23000円のライン。ここを割り込むと20000円の下値抵抗となってくる
23000円のラインを維持してくると今度は今年の安値を終了する予兆かもしれないために注意したい。
下げ止まると今度はその反動を見せてくる
その時はまたこのブログで紹介するが、今は下げについて記載します。
23000円を割り込み20000円を視野に入れた展開となると20000円の下値抵抗はしっかりとしていることから22000円台での展開は鈍い動きになるかもしれません。
それを踏まえて仕掛けていくつもりです。



ウィルスも進化しているようです。パソコンを守りましょう

会社のパソコンにもたまに侵入してくるのがあります。
ウィルスといっても自然にできるものではなく、人の手によって開発されているものなので毎年毎年あらゆるものが発生しております。
だからセキュリティーソフトなるものが何時の年でも衰退することなくあるのでしょうね。

今回はそんなウィルスを駆除したりそれから守ったりするソフトのお勧めを紹介

ESET パーソナル セキュリティ 2014 3年版
キヤノンITソリューションズ (2013-12-12)
売り上げランキング: 3


Windows [対応OS]Windows XP/Vista/7/8/8.1 ※64bitにも対応。Windows 7 Enterprise、8 Enterprise、8.1 Enterprise、Windows RTシリーズには未対応 [CPU]Windows XPは400MHz以上、Windows Vista/7/8/8.1は1GHz以上 [メモリ]Windows XPは128MB以上、Windows XP x64 Editionは256MB以上、Windows Vistaは512MB以上、Windows 7/8/8.1は1GB以上 [HDD]320MB以上の空き容量
Macintosh [対応OS]Mac OS X 10.6 Snow Leopard/OS X 10.7 Lion/OS X 10.8 Mountain Lion/OS X 10.9 Mavericks [CPU]インテルプロセッサー ※PowerPCは対象外 [メモリ]512MB以上 [HDD]100MB以上の空き容量
Android [対応OS]Android 2.3/3.0/3.1/3.2/4.0/4.1/4.2/4.3 [メモリ]256MB以上 ※microSDカードなどの外部媒体へのインストールには対応しておりません。


パソコンに対策をしていないのは鍵をかけないで生活をしているのと同じ。
せめて鍵くらいはしてほしいという気持ちからも、セキュリティーソフトは導入してほしいです。



東京白金で儲けを狙え

東京白金
4500円の下値抵抗は重要なところ
4500円を割り込むと下値抵抗もしっかりとしてくるために安易に売りの仕掛けを増やしたくない所
そのため割り込んでもじっくりと動きを見たい
じりじりと下げてきても4430円にも下値抵抗があるためこの近辺での買い戻しを注意


さらに割り込むと4250円を下値抵抗とした戦略

週足で見ると7月を天井とした崩れた展開を見せており下値期待が継続
注意点として4500円の下値抵抗がしっかりとしており、ここの攻防を注視しています。
戻り弱く割り込みを見せてくるとさらなる下値期待と考えています。



東京ガソリンの買戻し警戒ライン

下げを見せている東京ガソリン
この下げの買戻しを注意しておきたいです

79000円割れてくると買戻しの警戒
子の買戻しからの反発が弱いと再び割り込みを狙ってきます
再び割り込んでくると下げの勢いが増しそうです。





売られている東京ガソリン

東京ガソリン
連日下げを見せています
新しい限月がスタートしても状況は変わらず下げ展開
80000円を割り込み買戻し警戒感をただ寄せながら下げています。
売りを仕掛けるならストップロスは80000円
反発して再び割り込んでくるならそこでも再び仕掛けるつもりです。

下げ下げムードですね

前回のガソリン予想



どこまで下げる東京ゴム 売りで稼げるか

東京ゴム
下げが止まらない東京ゴム
売り方には非常にうれしい展開を見せています。
このブログでも紹介していましたがやはりゴムの下げはまだまだ深い感じです。
月足で見ると200円を割り込んだところから下値抵抗がなく100円割れを視野に入れているようです。
多少の戻りを見せるところもありそうですが、しばらくは売りで稼がせてもらうかな



円高を見せたドル円

為替が円高となりました。
110円に向かう上昇過程の中で調整安を見せとようです。
一時的な円高と見たいのですが、110円手前での失速ということから目先の天井感が出てきています。そのためドル買いに慎重な姿勢になりやすくもみ合いとなりやすい。

もみ合いとなると再び109.5円まで上昇を見せても売り叩かれることがあるためにじり高で来るときは注意のところ。
下値としてはドル買いを手放す動きを見せると少し深くなるところがあります。




2014年10月1日水曜日

東京金の展開予想

東京金
下げを見せた東京金
反発も弱く上値重い展開
ただまだ調整的な上昇を含めている様子もあり注意したい。

下値探りを期待しつつの戦略

来週から雲のねじれが出てくるために注意のところ。
そのため今週で仕掛けをするには来週は反発や急激な展開があると避けれないために今週の仕掛けは早めに撤退したいところです。





東京ガソリンの売買戦略 売りで利益を狙う

東京ガソリン
下げました。
チャートを見ると先限つなぎでは高くなって下がっているように見えますが、売られています
上値の重さから売り方が先行
先では80000円割れを視野に入れたいところ。急落に対しての調整高を警戒しつつ戻り売り戦略を継続。
ここから売り込むには反発を警戒しての仕掛けとなるため、じりじりと上昇を見せている間は様子見たい。しっかりと上値重く下げてきたところに追撃的な仕掛けと考えています。





これがあると癖になる。家の雰囲気がセレブ感にあふれます


持っている人をどれだけ見たことがあるでしょうか
無くてもいいからとどれだけの人が買わなかったでしょうか

あるだけでこれだけ雰囲気が変わるなら早くに勝手おけばよかったと思うばかりです。

ワインセラー LW-S12 12本収納
ルフィエール
売り上げランキング: 14



お友達やホームパーティなどを考えたときに雰囲気が盛り上がります。
ここから出てきたワインを飲むなんて一味もふた味もついて病み付きですね。

ワインだけではなくジュースなども入れておいても問題なし
ボトル系のものをしまっておく所としても大活躍です。



白金が下げ加速 来たぞ狙い通りだ

東京白金

前回の想定通り白金が下げを見せている

東京白金

このまま下げを見せてくると雲を割り込む、その時の買戻しを注意したい
この下げはうれしいなぁ



商品先物ゴム

東京ゴム

下げが強い
戻り売り完了から10月のスタートは強烈に下げている。

やはり下げで取れる展開
今回も良い展開だ




10月スタート 東京金

東京金
4300円の上値抵抗突破ができずに
売りが先行している状況

下値抵抗であった4274円を割り込み
4258円の雲を安値で一時的に割り込みを見せた。

安値からは買戻しを見せていますが、
上値の重たさを見せており戻り売りの展開

下げに対しての調整的な上昇があるところですが、
戻りは狙われやすいです。

円安の進行でNY金が売られており
ドル安に転じたときの買戻しに注意したいところ






ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。