リンク

2014年1月14日火曜日

1/15 戦略 商品投資の戦い方


円高と海外高で動きまちまち
海外の動きに追随する気配からも上値期待の声が高い
下値としては4119円を割り込むと雲を下抜けするところだが、下値抵抗もしっかりとしている様子。
上値では4190円で雲を上抜けするところ、上抜けしたときに4190円前後を維持してくると上値期待が強く出てくるところ

白金
4800円を下値抵抗とし、4890円を上値抵抗とした様子。
下値抵抗を割り込むと失望売りを誘ってくるために下値注意

ガソリン
窓を生めることができずに下げを見せている展開。
下げに対しての調整的な上昇の警戒とされる雰囲気。
一目均衡表の基準線と転換線のクロスも見せてくる気配から、急激な動きに注意したい
81950円を上抜くと再び上値を探る気配、80500円を割り込むと78000円近辺を視野に入れた下げを見せそうだ。

ゴム
下抜けを見せていますが、急落に対しての調整的な買戻しを見せているところ。
256円が上値抵抗とされており、戻りは売られやすい展開。
上値抵抗を超えてくると下値の完了観から260円越えを試そうとする気配がある、










EFTとは・豆知識編

よく耳にするEFT
電話での質問も増えてきましたので、ここに簡単な解説を記入しておきます。

株式や債券等を売買するための市場を開設・運営している場所のこと証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託

TOPIXとは、東京証券取引所によって発表される、東証第1部の全銘柄の動きを反映した株価指数のこと。このTOPIXに連動するETFは、TOPIXの値動きとほぼ同じ値動きをするように運用されます。
つまりこのETFを保有することで、TOPIX全体に投資を行っているのとほぼ同じ効果が得られます。

投資信託協会

メリット
個別の株を買うことでは出来ないような、分散投資によるリスク低減効果が期待できる。例えば日経平均に連動するETFを買うことは、日経平均を構成する225銘柄に分散投資することと同じこと。仮にそのうちの1社が倒産したとしても、全体に与える影響は限定的。倒産リスクに強いといえる。









金の情報サイト

金についての情報が満載です

GOLDNEWS(ゴールドニュース)- 金・ゴールドに関する情報サイト








金だけのサイトですが、その分色々と載っています。
ネットだけで情報が手に入るので便利ですね。
ただネットの情報は一般的な情報だけしかなく、込み入った情報となるとどうしても人脈を通してじゃないと仕入れることのできない話があります。
実際はそういった話のほうが重要度はとても高いです。

良い担当者に出会うことが相場で儲かるコツとなっているのは、その点なんでしょうね。








戦略は継続しております


上値を試そうとしている気配を見せて終了
基準線と転換線に開きが出てきたので、動き出す気配。
4190円を上抜けると雲を上抜けてくる、そのときに決済の売りが出て押し目を再び雲に突入してくるのかに注目、雲に再び入ると上値の重さを見せるところもあるため注意したい。
雲を下値に底堅くなると押し目完了観から上値を探るところ

白金
じりじりと上値を探る展開を見せており、買われやすいところ
4895円に上値抵抗を見せているが、上抜けする勢いもあるため。下値では4800円近辺では押し目買いとされてくるが、買いが鈍いとずるずると売られてくる展開となる。

ガソリン
安値でじりじりとしているが年明けの急落に対しての窓埋めの警戒もある。下値抵抗としては82250円を再び割り込むと80000円割れを見せる気配もあり注意したい。

ゴム
260円を突破できずじりじりと売られた展開。安値からは買戻しを見せており、260円を再び試そうとする気配がある。戻りを見せても再び売られる気配から戻り売りには注意したい。戻りを見せずに下げてくると押し目買いとされづらいためにずるずると下げそうです。










雇用統計

先週の株式市場は金曜日の予想外に弱い雇用統計の発表にもかかわらず小幅高となったが、大型株で構成されるダウ工業株30種平均(NYダウ)は小幅安だった。

 雇用統計以外に大きな材料がない一週間だったが、金曜日(10日)に労働省から12月の非農業部門就業者数の増加数が7万4000人と発表






ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。