リンク

2014年1月27日月曜日

1/28 戦略 商品投資!!

週明けから激しい展開を見せてくれました。
今週は大きな動きを期待していただけに、うれしい展開です。今後の展開も目が話せなく、為替には特に注目しております。これだけ一気に円高とは想像以上でした。
それでは夜間からの戦略です

東京金
下値に4136円に一目均衡表の雲があります。ここを下値抵抗とした展開を見せるところ。ここを割り込むと4100円を下値抵抗としてきます。じりじりと下げて割り込むには難しい気配のため、急落の材料が出てこないと押し目買いとされやすいところ。上値では4200円が上値抵抗を見せています。再びここ試してくると上値生きたいが出てきますが、4221円の高値を突破しないと戻り売りとされやすいために注意したいです。

東京白金
4800円を割り込み調整的な上昇で引けましたが、上値重い気配があり、下値には注意したい。
急落に対しての調整高気配から4860円までは戻り売りとされやすいところ。
下値では4721円を下値抵抗としており、ここを割り込むと4600円割れの警戒です。

東京ガソリン
80000円の下値抵抗を意識しており、ここを割り込んでこないと押し目買いとされやすいところ、
一目均衡表の雲があり油断できないところです。
もみ合いを見せてくるとじりじりと買われやすいですが、簡単に割り込んでくると下値でもみ合いとなりそう。

東京ゴム
想定どおり下げを見せています。225円を割り込むか注目、割り込んでくると押し目買いとした調整高も含んだ回を見せそうですが、戻りが弱いと205円を試しにくるところです。
本









東京ゴム 商品先物

東京ゴム
下げ続けてます
去年6月の安値225円にタッチするのでしょうか








日経平均大幅続落

日経平均大幅続落、新興国不安の連鎖で1万5000円割れ

 寄り付きの東京株式市場で日経平均は大幅続落。下げ幅は400円を超え取引時間中としては、昨年11月15日以来の1万5000円割れとなっている。
不安心理の高まりによる投げ売りや、信用取引の追い証(追加証拠金の差し入れ義務)発生を意識した処分売りが加速することにより、目先は一段の下振れリスクもあるが、日米のファンダメンタルズは引き続き良好であり、1ドル102円前後の為替レートであれば企業業績の上振れ期待も持続するとみられている








ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。