リンク

2014年1月31日金曜日

2/3 商品先物 戦略

月末に動きを見せてきました。ドル円との兼ね合いがとても目の離せない展開です。
日経平均が大幅安からの買戻しもとても印象的な月末です
では商品投資の戦略

東京金
下げを見せて一目均衡表の雲の下限にぶつかっております。方向的には上値重い気配がありますが、ここをしっかりと抜けるのを見たいところ、抜けてくると買い戻してきな動きもありそうですが、戻り売りとされる気配です。
上値としては再び雲を抜けてくる4137円を突破してくると押し目完了観を思わせてきます、ただ転換線がまだ上値にあるために戻り売りの圧力がありそうです。

東京白金
4600円の雲にぶつかりとどまっております、そのまま下げを継続との見方が大勢ですが、下げに対しての利食い的な買戻しも警戒したいところ。
ただっ戻りはまだ売られてくる展開から下値をどこまで探るのかに注目されております。
雲を下抜けするのが4536円。ここを割り込むと4500円われを見せる気配です。さらに4498円を割り込んでくると4400円割れを試す展開と視野に入れたいところですね。

東京ガソリン
一目均衡表の雲がじりじりと上昇を見せており、しっかりと下値抵抗をみせているところ。
ここを早い段階で割り込んで欲しいところでしたが1月では難しかったようです。
そのため買戻しをじわじわ見せる気配もあり、注意したいところですね。
81200円前後を上値抵抗としており、ここを上抜けると売りが出てきている様子。終値で81200円を超えてくると下値探りの失敗から買戻しなどを見せてくるところとなりそうです。
80320円を割り込み雲に突入してくると下値期待感がでてきます。
ただ一月の下げ渋りもあり、追随して売りが出るか市場的には様子見ながらの下げになりそうです。突発的な材料が出てくると下げやすいところ

東京ゴム
なかなか225円を下値抵抗とした展開から底堅いような動きを見せていました。だからといって底打ちと判断するには時期尚早な気配です。上値でも235円をしっかりと上値抵抗とした展開を見せており、もみ合ったところです。
再び抜けてきたほうに動きやすいところですが、下げ続けているために買戻しの警戒もしたい。
220円では下値抵抗を見せているところもあり、225円を割り込んでもこの辺では警戒したいところです。上値では235円が注意したいところ。









売りたたかれてる

商品先物も動き出してきたなって感じです。

金の下げが目立ちますね
上値重いような展開から、じりじりと下げを見せています。

海外の動きと為替の動きから国内だけの展開を見せているようです。
下げても押し目が見えてこないと、まだまだじり安を見せる気配で下値深そうです。

4100円での攻防が面白そうですね。
下げを期待している方も多いので、売り買いの攻防が午後からも見れそうです。

ゴムはもみ合いを見せています。225円の下値もしっかりとしており、なかなか割り込みを見せてくれません、かといって上値抵抗である235円もしっかりとしており、ここを突破させてくれないところ、
他市場が動きを見せてくるとゴムも動きを見せてきているので、貴金属の展開を注視しつつゴムを
横目で見るという作戦にしたいです









ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。