リンク

2014年2月10日月曜日

2/12 商品先物の戦略

上昇が目立った週明けのスタートでした。国内では明日は休みとなりますが、海外は休日ではないために、水曜日は2日分の海外の動きがやってきます。そのために国内では夜間取引もそれなりの売買がありそうです。

東京金
雲をしっかり問うわ抜けて4200円を意識した展開を見せております。4221円の直金高値を視野に入れた展開を見せる気配です。下値では4145円を下値抵抗としてますが、ここを割り込んできても押し目買いとされやすいところ。

東京白金
動き的に弱かった展開です。4635円では戻り売りの気配もありますが、それほど強い抵抗でもない様子です。4590円を割り込むともう一段下値を探る気配を見せてくるため注意したいところです。

東京ガソリン
雲の突入しているところ、ここから再び下値に圧力を受けるのか、82100円の上値抵抗を目指すのか注意したい。
82100円前後では戻り売りとされやすいことから注意したいところ。79790円を割り込むと上値の重さから再び下値を探る展開を見せてくるところとなりそうです。

東京ゴム
210円を底打ちとした上昇を見せている気配です。232円を上抜けてくると240円を突破しようとするところがあり注意したい。225円を割り込むと220円割れを見せるか注目したい。220円を割り込むと再び下値を探る展開を見せてくるところ。









濡れた室内はよく滑る。革靴のスプレー式室内の滑り止め、

札幌はとても良い天気です。
こんな日は路面の雪が解けてアスファルトが見えたり、人通りの少ないところでは表面が凍りになりよく滑ります。
外での滑り止めは前回紹介した、靴に装着するものがベストなんです。
油断できないのが室内!!
濡れた靴でみんなが通るタイルなどの通路は、驚くくらいのスベリです。
その滑り止めとして


これがベスト。
靴の裏にシュッと吹き付けるだけ。
装着式の滑り止めは、スパイク上になっているためにタイルなどを傷つけてしまいます。
そのためこのスプレーだ度傷をつける心配はいりません。

この時期の滑り止めとしても縁起がいいので、学生の靴の裏にもシュッとしてあげたいところですね。

Amazon.co.jp 一般








2/10商品先物戦略

全体的に下げに対しての反動が目立った週末でした。
為替も円安の流れとなり、今までの下げで持ちこたえれなく
手じまい売りが一巡し手からの展開となったようです。

東京金
上昇により基準線と転換線がクロスを見せてきました
。この上昇が目先の底打ちを思わせる展開となる気配です。

雲を上抜け4136円を下値抵抗とする気配があり、
4160円前後の上値抵抗に対して、
どういった動きを見せるか注目です。

再び4136円の雲割り込み、
下げを見せてくると4110円を次の下値抵抗としてきます。

ここを割り込んでくるともう一段の下げを見せる気配です。

東京白金
転換線と基準線のクロスからしっかりとした展開を見せており、
上値を探る気配を見せています。

4650円近辺では戻り売りとされやすいところもあり、
注意したいところ。

下値では4590円を割り込むと
上昇失敗から下値を再び探る展開となるところです。


東京ガソリン
上昇を見せていますが
79740円の上値抵抗を意識している展開から、
今後の動きを注目です。

このまま雲をに進入するような上昇を見せてくると
82100円を上値抵抗としたところですが、
雲にはじかれて再び下げを見せてくると
下値は深くなるところです。

東京ゴム
下げに対しての調整的な上昇を見せています。
222.2円を上値抵抗としていることから、
今後、もう少し伸びてくると228円を上値抵抗とした展開となり、
ここを突破してくると235円を視野に入れたいところ。

突破してもすぐ割り込みを見せたり、
230円手前でちょろちょろとしているなら、
まだ反落の気配があり下値の警戒です。

しっかり上値抵抗を抜けるまでは
下値探り継続と見たいところです。












ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。