リンク

2014年2月17日月曜日

通勤時の時間を埋める

私はバス通勤をしています。
毎日、バスに揺られながら、会社に向かいます。
基本的に読書をして時間をつぶしたりとしてますが、それ以外としてはニュースのチェックをしてます。
そのニュースの確認として便利なアプリをご紹介
iphoneアプリ
これはとても便利なニュースアプリです。
自分好みに設定も出来ますので、通勤時の必須アイテムとなってます。








2/18商品先物の戦略 17日夜間から

動きを見せてくれている商品市場です。
夜間は米国が休場なので、動きが閑散になりそうです。
為替も102円を割り込んだところを動いております。

東京金
4300円を超えても上げすぎ観を見せていないことから、高値警戒の声が多かったです。
4350円台では利益確定の売りを注意しておきたいところ、勢いから再び4300円を割り込む下げも十分ありえるところです。下値では4320円近辺では押し目買いとされる気配もあります。ここを割り込んでくると4270円を下値抵抗とした展開を見せてきます。

東京白金
4340円前後では上値手一行を見せているところもありますが、それほど強い抵抗でもないために、上値を探ると4800円を視野に入れた展開です。ただ4800円では上値抵抗がしっかりとしていることから、戻り売りに注意のところ。
下値では4656円を割り込むと4600円を視野に入れた展開です。

東京ガソリン
上値抵抗を82100円とし、下値抵抗を79660円としているところ、この間でのもみ合いが続いております。


東京ゴム
じわじわと上値を探る展開を見せてきています。235円を目先の上値抵抗としており、ここを突破してくると246.50円を上値抵抗としたところ。
下値では227円を割り込むと下値の警戒です。さらに225円を割り込んでくると再び220円を視野に入れた下げを見せるため警戒です。









ゴム!!

商品先物戦略ゴム編

ゴムが伸びてきています。
上値抵抗とされていた
232円を突破していることから

235円を視野に入れての展開です。

ただ午後からの利益確定の売りを気をつけつつ

おしめを拾う動きを見せる気配。

210円を目先の底打ちとして上値を探る展開となるなら

面白い上昇を見せてくれそうです。









異常気象を踏まえて災害対策、食料編

大雪とか色々と自然災害てきなものが目立つ気がします。
ある程度は家の中に要れば対応できる時代ですが、一歩も出れないと困ることも色々と出てきます。

今回は災害対策グッズということで色々と紹介させていただきます。
まずは食料
何が必要かといえば、まずは
水!!
[2CS] 四季の恵み 自然湧水 木曽 (2L×6本)×2箱
勝水
売り上げランキング: 4

お茶とかコーヒーという声もありますが、水は色々と使うことが出来るため水が常備するものとしてはお勧めです。料理にも使えるし、身体を洗うことも出来る。なんにでも使うことが出来るのです。

食料
ウーケ ふんわりごはん 特盛り国内産100% 300g×24個
ウーケ
売り上げランキング: 77

米がなければ始まりません。力の源と考えてもらってもいいと思います。



そしてこれ!手軽に栄養補給できるという点ではアウトドアにもお勧めです。
これ一本でお茶碗一杯分
井村屋 えいようかん 5本
井村屋 えいようかん 5本
posted with amazlet at 14.02.17
井村屋製菓
売り上げランキング: 83



あとは種類があると食べ飽きることも減ります

最後にこの定番。日常的に食べることはお勧めしませんが、万が一の時には保存食としてはベストです。

日清 カップヌードル 77g×20個
日清食品
売り上げランキング: 148

必要ないと思って私の周りに常備していない人は意外に多かったです。そういった方に限り、いざという時に回りにおこぼれを貰おうと考えている人もいます。
まずは自分の身は自分で守ることを考えないといけません。その上で余裕が出てくると周りにも目を配ることが出来ると思います。
最近の異常気象は無視できるものではないようなので、みなさんも万が一の対策はお勧めしております






-->




ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。