リンク

2014年2月24日月曜日

商品先物売買戦略

東京金
一段上値の跳ね上げた展開でした。
週足で見ると一目の雲の中におり、4415円を上抜けると雲を上抜ける展開です。
それまではまだ戻り売りの気配も越していますが、押したところに買いが入ったことから上値警戒したいです。
下値では4333円を割り込むと雲を下抜けしてくることとなり、下値を探る期待がでてきます。

東京白金
4740円を超えてくると売りが出てくる気配から、終値は上値抵抗とされている4737円を割り込んで終了。
じりじりと買われているために4800円超えの期待が強く出ています。下値としては4700円を割り込むと一目均衡表の雲を割り込み舌抜けとなる展開です。

東京ガソリン
もみ合いの最中であり、方向を探る展開を見せています。
82520円を上抜けると一目均衡表の雲を上抜けることから、上値を探りやすくなりますが、81350円を割り込むと80400円を押し目買い警戒のポイントとした下げを見せる気配です。

東京ゴム
上値探りを失敗し、急落を見せています。210円を視野に入れるような下げを見せており、下値警戒の展開。
再び220円を上抜くと226.5円を上値抵抗とした展開を見せてきますが、戻りは売られやすい気配です。








日経平均は下げに転じる、中国株安を嫌気

<12:46>  日経平均は下げに転じる、中国株安を嫌気
日経平均は下げに転じ1万4800円付近で推移している。下げ幅は一時100円を超えた。「上海総合株価指数 が2%を超える下落となったことが嫌気された。3月5日から始まる中国全人代で、市場に安心感を与えるような2014年の成長率目標が出るかどうかが注目される」(準大手証券)という。
<10:53>  日経平均はやや伸び悩む、戻り売りが上値抑える
日経平均はやや伸び悩み、1万4900円台前半で推移している。10時45分現在の東証1部売買代金は7219億円と低調。市場では「弱含みの円相場に反応して先物買いが入ったものの、上値では戻り売りも多い。好業績銘柄等の個別物色の域を出ていない」(ネット証券)との声が出ている。
<10:10>  日経平均はプラス転換、下値堅く切り返し
日経平均はプラス転換し、1万4900円台後半で推移している。特段大きな材料が出たわけではないが、「下値が堅かったことで、短期筋が上方向に仕掛けたようだ。実需筋は様子見で商いは薄いが、前週末から上方向に仕掛けたがっている短期筋がいるようだ」(大手証券トレーダー)との声が出ている。   一方、「為替が1ドル102円台半ばで落ち着いていることを手掛かりに、買い戻しが入っているのではないか」(岡三証券シニアストラテジストの大場敬史氏)との指摘もあった。
<09:26>  反落、大幅高の反動で利益確定売りが優勢
寄り付きの東京株式市場で日経平均は、反落して始まっている。前週末に400円を超える大幅高となった反動で利益確定売りが先行した。21日の米国株が小幅安となったこともあり、主力輸出株などに売りが出ている。小売り、保険もさえない。半面、その他金融、ゴム製品などがしっかり。
シドニーで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、今後5年で2%以上の成長押し上げを図ることで合意したが、具体策の策定は11月と先の話であり、手掛かり材料になりにくいとみられている。来週の米ISM製造業景気指数や米雇用統計で米景気の状況を見極めたいとのムードもあり、上値を買う動きは限られている。
<08:30>  寄り前の板状況、主力輸出株はまちまち

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 が売り買いきっ抗、ホンダ 、ソニー はやや買い優勢。キヤノン 、パナソニック はやや売り優勢と主力輸出株はまちまち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック はやや売り優勢。
ロイターより








ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。