リンク

2014年4月8日火曜日

ガソリン、ゴム 売買戦略

東京ガソリン

78700円を超えても戻り売りとされているところだが、
ここを維持してくると
79500円を上値抵抗とした展開を見せるところ、
下値では77600円を下値抵抗としているところ



東京ゴム

下値の堅さから上昇を見せており、227円を試すところ
下げを見せてもまだ押し目買いとされる気配があり
上値期待の雰囲気です。

220円を割り込んでしまうと、
崩れるのは早く210円割れも想定しておきたいです。



商品先物、売買戦略。仕掛けるのはここだ! 貴金属

東京金
下値から買いが目立っています。
NY金の上昇の影響から新規買いなども入っている様子。
上値期待があり4360円を上抜けると4400円を視野に入れた展開となるところ
下値では4300円を割り込んでくると押し目買いとされているようです。


東京白金
4750円を下値抵抗としており、下げてくると押し目買いとされている様子
再び4800円を上抜いてくると、押し目完了感から上値を試し展開となりやすい
4750円割り込み買いが乏しいと4700円割れの警戒

東京ガソリン
78700円を超えても戻り売りとされているところだが、ここを維持してくると
79500円を上値抵抗とした展開を見せるところ、
下値では77600円を下値抵抗としているところ

東京ゴム
下値の堅さから上昇を見せており、227円を試すところ
下げを見せてもまだ押し目買いとされる気配があり
上値期待の雰囲気です。
220円を割り込んでしまうと、崩れるのは早く210円割れも想定しておきたいです。



空いた時間でOK、fxシステムトレードサイン

為替の円高を見せていた日中です。

ドル円
ポジションなし。

ユーロ円
サインなし

ポンド円
売りポジション維持

豪ドル円
買いポジション維持

システムトレードの良いところは、仕掛けておけば後は自分の仕事をすることができます。
通常の仕事を持つ方であれば、こういったシステムトレードが一番都合がよいのかもしれません。






商品市場全体的に切り上げてきている

商品先物市場が値を上げてきています。
全体的に下げ基調だったところから反発を見せているために
目先の底打ち感からか、上値期待が膨らみそうです

金ゴムガソリンなどの上昇を注目
短期的にも買いを仕掛けたいところ



東京ゴム220円を割り込めるか

220円を下値抵抗とした展開を見せており
ここを割り込んだ時に買い方がどう出るか注目です。
215円でも下値抵抗を見せていることから、
この辺でも押し目買いの警戒としておきたいです。

ここをさらに割り込んでくると210円を視野に入れた展開となり
210円を割り込むと下値はさらに深くなるところとみたいです。

220円で反発を見せてくると223円の上値抵抗で戻り売り注意としたいところ





東京ガソリン下値期待か

東京ガソリンが戻りが売られる展開が続いています

下値期待を見せており、
77690円を割り込むともう一段の下げ期待となるところ

上値では戻り売られやすく、
78670円を超えてきても戻り売り警戒のところ





東京白金の分析

東京白金
売られ続けています。地合いが弱く戻りが売られるという展開
下値抵抗も薄く4760円を割り込むと
4720円を試す気配があります。

上値では4800円を超えてくると買戻しだけではなく
新規買いも入ってきていることから、上値期待となってくるところ






東京金の分析

じりじりと上値の重い展開となっている東京金

4300円を割り込むと買戻し気配がありますが、
ここで買い戻しが弱いと、じわじわと売られてくるところ。

4250円近辺では再び押し目買いとされ安ところですが
その辺までは強い下値抵抗を見せていないことから
下げ圧力で下げやすい地合いです。

上値では4310円を超えてくると下値からの反発となり
直近の高値を試せるか注目






103円を割り込む、商品市場は少し戻し気味

為替が円高を見せており、
商品市場が若干の買い戻しを見せています。

103円を割り込んだ割には
買い戻しも少ないような気もするところです

103円を割り込んだところから
ドル買いが入ってこないとドルの弱さを見せることとなり
じりじりとドル安を見せる気配です。







ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。