リンク

2014年4月10日木曜日

東京ガソリン、東京ゴムの商品先物売買戦略

東京ガソリン

じりじりとした展開が続いております。
79000円を上値抵抗としていることから上値も警戒されており、
下げてくると78000円割れから押し目買いとされている様子。

方向感を探る気配となりますが、
下値を探りやすい地合いのようです。
77800円を割り込むと上値の重さを見せていることから
もう一段売られそうです。


東京ゴム

やっと220円を割り込んだという展開です。
この下げにより調整的な上昇もあるので注意したいところ。

221円を上値抵抗としており、
上値抵抗近辺から再び220円を割り込むと
215円を下値抵抗とするところ。
ただ220円を再び割り込むと勢いから
210円を視野に入れた下げとなりそうです。

急落の反発から221円を上抜けてくると
225円を上値抵抗とした展開を見せてくるところです。
ここを上抜けてきてもまだ戻り売りの警戒があるために注意しておきたいです。





金、白金の商品先物展望。これからの戦略

東京金

下値をしっかりと割り込んできましたが、
再び雲を上抜ける展開を見せました。

上値に対しての重さを見せつつも、
下値からの押し目買いを見せているところ
ドル円で振り回されているところもあります。

下値では再び4280円を割り込むと上値重い気配です。

上値では4330円までは
戻り売りとされやすい気配から売りに気を付けたいところ
4330円を超えてくると押し目完了感から
上値を探りやすい地合いに入ってきます。


東京白金

4760円あたりからの押し目買いが出てこないと、
売られやすい展開のために下値警戒となりそうです。
4720円を割り込むと4632円割れの期待が出てきます。

上値では4800円が上値抵抗を見せており、
ここを上抜くと4840円で再び戻り売りとされやすいところですが、
戻り売りが弱いと4900円を視野に入れた展開となってきます。






円高でした。システムトレード

ドル円
売りサインになりました。反発から円安があるかもしれませんが、現状は売りサインです。

ユーロ円
様子見。サインはまだでていないです。

ポンド円
売りポジション維持です。ストップロスを設定しつつ売り維持

豪ドル円
買いポジション維持です。



午後の上海ゴムは大幅安

午後の上海ゴムは大幅安。指標9月限は1万5070元まで下落し、1万5000元
割れ寸前。                                                                  





ゴムが下げてきている

ゴムが下げてきています

ゴム戦略



一万円起業を読み終えて

書評です
1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法
クリス・ギレボー
飛鳥新社
売り上げランキング: 365


自分の趣味を仕事にすることができれば素晴らしい。
ただ市場がそれを求めているわけではないことから、
自分の得意と市場の需要の共通性を理解することが大事

ビジネスとして売るものは、価値である。
人に価値を与えること
その価値の与え方などが本書に書いてありました。

大事なところとして価値のとらえ方を間違うと顧客の気持ちとすれ違うことになるということ
商品の価値を伝えようとして、その商品開発の苦労や貴重さ
これは販売者が自己満足している部分であり、購入者が聞きたいところではない

つまりお腹をすかせて飲食店に入り、料理の大変さや苦労などを聞こうとは思っていない
その料理の量やうまさを聞きたいだけである。食べることでの満足度を知りたいだけなのである。


こういったことが細かく書かれており、成功者の体験談や失敗例なども記載されています。

とても勉強になる本でした。

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法
クリス・ギレボー
飛鳥新社
売り上げランキング: 365





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。