リンク

2014年4月16日水曜日

商品先物戦略、ガソリン、ゴムの売買展望



東京ガソリン
前日の上抜けをしっかりと引き継ぎ上昇を見せてきたガソリン
80000円の上値抵抗を意識した展開となり、ここを上抜けてきたときに
戻り売りに注意したい。
下値では79000円を割り込むと売りの圧力が気になるところ、ただ下値では78600円では下値抵抗として押し目買いの気配を見せているところ


東京ゴム
220円を試してきているところ
212円の下値抵抗た強くしっかりとしており、意外にすんなり割れてきません。
下値に対しての失望感と円高からのドル買いで急激な円安の展開を想定してか、ゴムの買い戻しに動いている様子です。ただ220円や221円ではしっかりとした上値抵抗があり、ここを超えてくるとしっかりと新規買いも入っていることから、225円を意識した展開を見せるところです。





貴金属、商品先物の戦略会議だ



東京金
窓を開けての急落から、反発を見せてくるなら窓埋めを意識した上昇を見せるところ
4230円台から買戻しを見せており、下値抵抗としている様子、
再度4230円台に入ると上値期待感の後退から4200円割れを意識した下げとなりそうです。
上値では4310円までの窓埋めとしてくると、そこからの戻り売りに気を付けたいところ
4310円を超えてもまだ戻り売りとされやすく4340円を上抜けるまでは売りに気を付けたい。
急落に対しての調整高を踏まえていきたいです。


東京白金
金同様に急落を見せています。この下げに対しての調整高として上昇で、4800円を超えてきても戻り売りとされる気配。4820円に上値抵抗を見せている様子。
下値では4720円を割り込むと一目均衡表の雲を割り込む展開となり、下値の警戒です。






黒田日銀総裁の信託大会でのあいさつ

黒田日銀総裁の信託大会でのあいさつが始まっている。総裁は、振れを伴いつつも基
調的には緩やかな回復を続けている、2%物価目標の実現に向けた道筋を順調にたど
っている、量的質的緩和は着実に効果を発揮している、生産所得支出の前向きの循環
メカニズムが働いている、世の中の資金の流れが活発になってきている、デフレから
の脱却をできるだけ早期に実現したい、などと述べている。市場ではやや円売りの動
きが見られており、ドル円は102.30近辺、ユーロ円は141.47レベルなど本日の高値を
小幅ながら更新した



自転車を出動させる時期ですね。自転車に最低限つけておきたい装備

北海道も雪がなくなり、道路は自転車にとって快適になりました。
私の家は駅まで下り坂
自転車を載ると数回漕ぐだけで駅に着きます

その代り帰りは猛烈に漕ぎまくります。
もう漕ぎっぱなし
少しでも休めば駅に戻っていきます。

そんな季節になりました。

大事な自転車を泥棒や雨、暗闇などの対策をしていきたいと思っております。

お勧め商品はこちらです。


マルト(MARUTO) GEL入りサドルカバー SC-GXL ダークグレー
マルト(MARUTO) (2012-05-17)
売り上げランキング: 54
必要ないのではといわれますが、めちゃめちゃ重宝します。
なぜなら急な雨降りで駅に着いたときにサドルが濡れていると
とても不快になるんです。
降りた後もお尻だけ濡れているのも恥ずかしい。


そして泥棒対策
自転車を盗む奴は基本的にそれほど悪意を感じていません。
だから、その辺の少年からおばさんまで年齢層は幅広い
手元に自転車内から、その辺の乗って帰ろうって感じです。
盗られたほうは、たまったもんじゃないですよ。
そこでこれ

簡単には切れません。簡単には外せません。
気軽に盗もうと考えているなら、こっちもそれなりの対策で!

夜道対策です。
これは取り外して、アウトドアとしても使えるお勧め品

Bikeguy バイクライトホルダー(ライト別売り)
UNICO(ユニコ)
売り上げランキング: 43

これだけは、必要最低限として揃えておきたいですね。
私はまずはパンクを直します・・・





金の急落



NY金
貴金属が急落を見せています。
1300ドルを割り込み引けにかけて戻してはいますが、
再度割り込んでくると押し目買いとされづらいところです。
急落に対しての調整高を見せてこないと
下げは速そうなので警戒したいところ





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。