リンク

2014年9月10日水曜日

ユーロ円の売買分析

ユーロ円
年明けから上値重い展開を見せているユーロ円

去年までの上昇がここで下落基調に変わるのか注目
日足では反発をしてきているが週足、
月足ではまだ下値の警戒をしておきたいところ

目先の上値抵抗として138円をポイントとしておきたい
ここを超えてきたときに売りたたかれることがないと、
底打ちという展開から上昇基調になってくる

138円で売りたたかれてくると警戒だ

ここで戻り完了とされてくると今度の下値は深くなる警戒のところ



東京金の上昇パターン

東京金

午後からじりじりと上昇を見せている
ドル円がしっかりしており、ドル建て金もしっかりとしていることから
上げ材料しかない状態。
上昇の幅が小さいので国内ではじりじりとした上昇であるが
4300円の高値を超えてくると様子が変わることもある

上値には寝やすい展開
材料が上昇に味方しており、買いやすい所。
夜間から調整的に下げることを警戒するのであればデイトレとなる
ここから売り込めるかというと売るには材料がない

そうなると買いやすい展開から、どの水準で提灯筋がついてくるか!?
やはり4300円が一つのポイントのような気もする



iphone6発表からドル円の展望は

アップルがあたらしいiphoneを発表しました
iphone6

ここからドル円がどう展開してくるか考えてみます。

単純の今回の発表内容は新機能や新商品がでており、市場期待は強いとみています。
発表されたばかりだからかドル円事態にそれほど動きは見せていないですが、私の見解としては米経済の底上げに貢献する内容と思いますので、ドル円はじりじりとでも上昇を見せてくれるとみています。

これから発売などになりますが、その発売の状況により再びドル円の乱高下あると思いますが基本スタンスはドル高と思っており、円安方向で攻めていくつもりです。




No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい為替の本
上野 泰也
かんき出版
売り上げランキング: 42,931




ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。