リンク

2014年9月26日金曜日

週刊展望が更新された

ゴムの週刊展望が更新された
展開予想
 東京ゴムは週間で約10円下落。週初は上海ゴムが供用期限切れを迎える荷圧迫により続落したことにより東京ゴムは直近安値の186.3円を完全に割り込み、183.0円まで下落した。週中も上海ゴムが続落したこと、また納会日にて当限が一時10円安となったことによって中心限月もこれに追随し、一時180円を割り込んだ。週末現在は売られ過ぎによって若干買い戻され、184円台で推移している。
ゴム週刊情報 | みんなのコモディティコラム
展開予想  東京ゴムは週間で約10円下落。週初は上海ゴムが供用期限切れを迎える荷圧迫により続落したことにより東京ゴムは直近安値の186.3円を完全に割り込み、183.0円まで下落した。週中も上海ゴムが ...






やはり投資家たちの目はゴムに集まっている。
久々に動いているゴムで年末に向けての荒稼ぎと考えているのだろうか


しかし、今回の下げはしっかりとおいしくいただいた



外出先での売買がやりやすい環境に

iphone6の話題が盛り沢山なこの頃です

画面が大きくなって持ちづらいとかポケットに入れづらいなど
大きいことに対して否定的な話も出てきています。

私個人的に思うところは大賛成

この画面が大きくなったことで電話機能だけのものから
ポケットPC的な位置づけがしっかりと出来上がり
大きくなった画面からのメリットは画面同様に大きいと思ってます。

売買をする方にしても出先でノートpcを広げる必要もなく
タブレットの持ち運びももしかすると必要なくなるかもしれません
それはこの大きくなった画面ですべてのことが可能となり
ニュースはもちろんチャートの分足なども本数を増やすして
表示することができるからです。


つまりネット売買の環境からみると非常にうれしい発展になっていると思います。





外務員たちの相場予想

各社の外務員たちがこの荒れ狂う市場の予想をしています
様々な角度から分析しているので参考になります




金【利食い先行が賢明か?】

25日のNY金相場は、米株式相場の大幅な下落を背景に、代替投資先としての金買いが再燃し、反発した。中心限月12月限は前日比2.40ドル高の1,221.90ドルで取引を終えた。
日本ユニコム㈱ コンシェルジェ・サービス室BLOG 『眠らない夜』 by I 日中立会見通し(2014-09 26 10:00)












NYダウは264ドル安の1万6945ドルとなり、ロシアや中東の地政学的リスクの上昇に圧迫されました。ドル円は、昨日15時半比55銭の円高となり、地政学的リスクの上昇により円が買われました。ユーロドルは、昨日17時ごろに1ユーロ=1.27ドル付近まで下落し、その後はじり高を続け、現在は1.276ドル付近で推移。 
イラク首相は、拘束したイスラム教過激派組織「イスラム国」のメンバーから、米国とパリの地下鉄を攻撃する計画が立てられているとの情報を得たと明らかにしたことにより、中東の地政学的リスクが意識された模様
松永総研 : 海外市況
NYダウは264ドル安の1万6945ドルとなり、ロシアや中東の地政学的リスクの上昇に圧迫されました。ドル円は、昨日15時半比55銭の円高となり、地政学的リスクの上昇により円が買われました。ユーロドルは ...









波乱相場はこれから
9時23分みんなの株式
来週はテクニカル的な調整リスクも
 春先から長く続いていた低ボラティリティが、8月20日に20日間高値や60日間高値を上抜き、上げ加速。その後も、連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、政策金利予想見通し(中央値)が上昇となった事、ルー米財務長官の円安容認姿勢、スコットランドの住民投票での反対派勝利などを受けて、109円台半ばまで急速に続伸した。90日と200日移動平均線も再びゴールデンクロスとなっており、中長期的なドル高円安基調が続きそうな状態だ。
波乱相場はこれから - 株価予想 - Yahoo!ファイナンス
コラム [外国為替] 波乱相場はこれから 9時23分みんなの株式 来週はテクニカル的な調整リスクも  春先から長く続いていた低ボラティリティが、8月20日に20日間高値や60日間高値を上抜き、上げ加 ...













東京ゴムのコラムが更新されていました

今のゴム相場が底値圏にあることは誰の目から見ても明らかだ。しかし、大底を打ったのか?という問いに対してはまだ明確な答えは出しにくい。
 先週、大手通信社が天然ゴムに関する楽観的な記事を掲載、それには、「天然ゴム価格が1月に始まった弱気相場の底値に近づいており上昇に向かうとの見通しがアナリスト15人を対象に実施した調査で示された」としていた。しかし、その強気の予想とは逆に、実際の相場はここにきて一段と急落する場面を迎えている。
海外は高値から76%の下落 産地国の増産が最大の上値圧力 | みんなのコモディティコラム
今のゴム相場が底値圏にあることは誰の目から見ても明らかだ。しかし、大底を打ったのか?という問いに対してはまだ明確な答えは出しにくい。  先週、大手通信社が天然ゴムに関する楽観的な記事を掲載、それには ...





為替の展望はこちら



円高のドル円

為替が揺さぶりを見せる展開になっている。
目立つ材料が出てくるまでは上下の突破が難しくボックス圏の展開となりそうだ。そのため短期的な仕掛けとしては逆張りで仕掛けていこうと思う




ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。