リンク

2014年10月6日月曜日

動きが静か。東京金の分析

東京金
現時点では静かな展開
動きの本番は21時以降に動けるか

為替も静かな展開を見せていることから、21時以降からの展開か




商品先物暴落を見せた東京白金の売買分析

東京白金
夜間のスタートは上昇を見せています
大幅な下げを見せていただけに調整的な上昇も大きな値上げです。
4500円を突破してきてもまだ調整高の範囲とされていることから戻り売りに注意したい。
戻り売りから4500円を維持してくると底固めの気配が出てくるために動きに注視





商品先物 東京ゴムの分析

東京ゴム
200円からの崩れ方印象的だったゴム
今後の展開を考えたい。
現時点ではまだ弱い材料から上値を見せるには難しそうだ。
ただゴムだけに突然の反転もあるので気を付けたい。

下値の視野としては200円割れをしっかりと見せたことで100円近辺が視野になる
ここまでを一本調子とは言えないが乱高下を見せながらの展開となるかもしれない。

先ほども言ったようにゴムだけに急激に反転もあるためポジションの取り方は慎重にしたい
185円を超えてくると少し200円をうかがわせるようなところもあり要注意
戻りが再び売られてくると下値の期待は高くなりそうだ。



商品先物東京金の分析

続落続きの東京金

下値の抵抗として4170円に
下値抵抗を見せている様子

急落に対しての調整高は弱いかもと市場では声が出ています。
4150円でも下値抵抗を見せてくることから
4170円を割りこ出からは鈍い動きを見せるかもしれません。

上値としては4220円での上値抵抗を見せているために
4200円を超えても底打ちとみるには時期尚早の気配です。
戻り売りに注意したいところ。

4100円を割り込むと4000円割れも視野に入れておきたいところです



ドル円の動きが鈍い

ドル円が膠着しています
日経平均は上昇
円高材料出尽くし感がありながらもドル高への動きを見せず
ドル安にもならず
動かず

しかし日経平均がこれだけ動き市場自体は静観しているわけではないとみると
動くところがあるとみています。
それが日経平均の動き終わってからか
関係なしに来るのか

どの値段とかどの時間とは現時点では言えない所のため市場を監視している状態です。
情報入りましたが更新していきます。



東京トウモロコシ 穀物の売買分析

東京トウモロコシ
陽線を付けているが22000円台でのもみあいの範疇に思える
動きが再びでてくると下げの継続を見せる気配もあることから注意したい。
下値としては22000円を割り込んできても押し目買いとされる気配が薄く
下値を探りやすい
ここから反発を見せてくると23800円での上値抵抗がしっかりとしていることから
戻り売りの注意のところ
まだ下値警戒は継続しているところです。



東京ガソリンの続落中 売買分析

東京ガソリン
商品市場全体に下げを見せています
東京ガソリンも下げており昼に近付いて少し落ち着いた様子。

下値抵抗として77000円を割り込むと
週足では雲を割り込む展開から
下値に対して意識した動きを見せています。

戻りを見せるにしても材料難から
戻り売りの警戒が市場でささやかれている様子。

新規に売り込むには材料が足りず、
上昇を見せても調整高とされているために材料待ちのようです。

為替の円高が落ち着くと再び全体的に動きを見せる気配から
ドル円も注視しておきたいです。



暴落している商品市場 東京金の分析

暴落で月曜はスタートです
東京金の分析
週足で見てみると下値抵抗とされているのが4140円前後となっているようです。
この下げにより先週のデッドクロスがしっかりとしたものとなり下げに勢いが付きそうです。
急落に対しては常々調整的な上昇がありますが、上昇を見せても戻り売りとされる展開となりそうです。



下値抵抗近辺の東京白金

東京白金
4350円を割り込み4340円を割り込めるのか
市場の関心が集まっています。

ここを割り込むと4400円近辺までの下げの警戒とされており、
押し目を拾った買い方の投げが再び出てくる気配。

4500円の上値抵抗もしっかりとしていることから
上昇を見せてきてもその辺の戻り売りに注意としたいところです



ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。