リンク

2014年10月15日水曜日

東京金 戻り売りとされてくるか

東京金
4200円を割り込み4259円まで上昇
そこから再び売られている展開です。

4260円が戻りの高値とされていると
4230円を再び割り込む展開となるところ
4225円では買いを見せる気配もありますが、

戻り完了感から上値を重い展開を見せる気配です。
[スポンサードリンク]








再び上値を試す展開を見せてくると
4250円を上抜けて4260円を試す展開を見せるところです。



ドル円が106円で中期の底打ち感が出ており、
貴金属に売られやすい気配があります。


そのことから戻り売りに警戒とし下げてくると
再び4200円割れを見せるところとなりそうです







商品先物東京金の売買材料

リースレート1カ月物                                                      
金   0.13% (前日  0.13%)

ETF現物保有量残高:単位はトン                                            
*世界12カ国金ETFトン残高    1,101.22(前日  1,101.22)               
*米国金ETFトン残高(GLD)   761.23(前日    761.23)               
*銀ETFトン残高(SLV)   10,717.20 (前日 10,752.98)                 
*東証金ETF終値(コード1326)   12,670円(前日  12,670円)                
*大阪金ETF終値(コード1328)   3,620円(前日   3,620円)    

[スポンサードリンク]





金鉱山株価                                                                
  フィラデルフィア(XAU)     79.27   (前日   78.49)                    
  AMEX(HUI)         194.68    (前日  192.65)                    
住友金属鉱山(5713)       1,432.0円   (前日 1,432.0円)      

米CFTC建玉明細報告の大口投機家(10/ 7)                                
NY金   6万6,447枚の買い越し  (前週   6万4,870枚の買い越し)    

【世界の金需給】                      単位:トン      
供給              2013     2014F     13H1     13H2     14H1   14H2F        
鉱山生産高       3,054     3,101    1,429    1,625    1,481   1,621        
二次供給         1,269     1,104      629      640      572     533        
鉱山会社のヘッジ   -46        42      -26      -20       52     -10        
供給合計         4,277     4,248    2,032    2,245    2,105   2,143        

需要                                                                        
宝飾品           2,368     2,210    1,274    1,094    1,074   1,135        
工業用             409       396      207      202      199     197        
公的部門の購入     409       412      223      186      242     170        
小売投資         1,775     1,156    1,096      679      550     607        
現物需要合計     4,961     4,174    2,800    2,160    2,065   2,109        
現物需給          -684        74     -768       84       40      34        

ETF残高        -880      -125     -579     -301      -42      -83        
取引所在庫         -98        14     -111       13       14       -        

需給変動           294       185      -78      372       68      117        

平均価格      1,411.23  1,270.00 1,523.29 1,301.81 1,290.76 1,250.00        

注:Hは半期、Fは予想、価格はドル/オンス                        



東京白金の今後の展開

商品先物貴金属
東京白金
プラチナ系貴金属(PGM)は、軒並み上昇。終値の前週末比は、プラチナが    
11.1~11.6ドル高、中心限月の1月限は11.6ドル高、パラジウムは    
9.15~9.20ドル高、中心限月の12月限は9.15ドル高。              
プラチナ1月限は、ドル安や金堅調を受けて反発した。パラジウム12月限も、ドル
安などを受けて買い優勢となった
[スポンサードリンック]






4500円を割り込み上値重い展開を見せております。
前日の上下乱高下から本日は動意薄のところ

このまま動きなしとなるか東京金を見ると
ロンドン市場で売られている展開から白金もそれなりの影響を見せそうです。

前日に下値からの切り替えしがあり、
本日もこの押し目買いを警戒している様子。

押し目があっても4400円でも売られてくると
下値を再び探る展開となってくるところから下値期待となりそうです。



結局下げている東京ガソリン 商品先物分析

東京ガソリン

ニューヨーク原油は期近が大幅続落。終値の前営業日比は、期近2限月が3.90~3.78ドル安、その他の限月は3.85~2.20ドル安。ICEブレント原油は、期近2限月が4.00~3.85ドル安、その他の限月は4.15~1.99ドル安。
国際エネルギー機関(IEA)による4カ月連続の今年の世界石油需要見通しの引き下げや、16日発表の米エネルギー情報局(EIA)統計での原油在庫増加見通しなどに圧迫され、期近は2012年6月29日以来の水準へ値を沈めた。

[スポンサードリンク]





連日下げている東京ガソリン

結局のところ戻り売りは変わらずの展開であり、
戻らずに下げている。

下値は深いとみており戻り待ちに戻りなしの展開となりそうだ。

売りで想像以上の利益が出ている状態であり、
焦って利益確定したくなるがストップロスを
余裕をもって設定しておきたいところ。

為替の展開を無視して動いていることから、ドル売りドル買い関係なしに仕掛けておきたい





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。