リンク

2014年11月25日火曜日

日経平均ドル円から商品市場を考える

日経平均が上昇を続けており
15000円の底固めからの上昇が力強い
ただ市場的にはいつ暴落を見せるのか!?という不安感も拭えぬまま
市場の観察が続いているところ。
このままどこまで行くのか
チャートからはやはり18000円をポイントとしている様子があり
ここからの売りの仕掛けは出てきやすい。
ただここまでの上昇材料も現時点では乏しいのも事実
つまりきっかけ待ち状態。
[スポンサードリンク]





ドル円
120円を試したいところから上値を探るが、上昇を見せるとたびたび出てくる
ドル売りに上昇の足を鈍らせられているところ
上昇の勢いが中々にぶらないことからもドルの底堅さを見せているが
上昇を支える材料も強いわけではないことから市場の風向き次第で簡単に円高を見せる展開となりそうだ。

商品市場
株やドル円などからも上昇したい気配を見せつつの動きを商品市場自体も様子見て仕掛けを待っているところ。上昇を見せてきても円安効果による上昇だけの内容の薄い上昇のところもあり
株などの急落で東京金なども引っ張られることもありそうだ。
ここから買うには高値掴みで嫌がられているようだが、売り方には厳しい展開を見せているのも事実のためまだまだ膠着状態、もしくはじり高を見せる気配がある。

全体の動きを見つつの仕掛けとしたい
月末となりだましの展開に振り回されないように仕掛けを待ちたいところ



上昇を続ける東京金

東京金
4500円台を維持しじりじりと
上昇を見せている東京金です。
円安などが上昇の要因としており、
なかなか下げを見せてくれません。
[スポンサードリンク]




日経平均がまだ下げを見せていないことが
東京金の買い材料とされており
一気に株の暴落を見せたときのヘッジとしての東京金が
役割を担っている以上はさげづらいのかもしれません。


円安の材料が乏しくなってくると
東京金の上昇材料も乏しくなり、
株の上昇が鈍くなると金も高値感からの
買いが入りづらいとみています。

ドル円が120円でも着けてくると
いったん調整的な円高を警戒して、
買いが鈍くなりその時に金の利益確定の売りが
出てくるとみています。

その際にこれだけの上昇を見せているため、
調整と言えども下げ幅はある程度のものを期待。

下げがいい気に来ると提灯筋がついて、
さらなる下げ幅となる見込みです。

ドル円の落ち着きや株の下げ傾向を見せるまで
どこまでの上昇を見せてくるのか
ここが注目点と考えています。






ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。