リンク

2015年10月28日水曜日

商品先物売買分析

為替が久しぶりに120円台で落ち着いている
このまま維持してくれるかな

東京金
10月に安値を付けて買いサインから上昇を崩していません。
10月中旬に調整安気配を見せつつも結局底堅い展開で推移
まだ調整的な下げ警戒を言われているところですが、売りサインに転換していないために上値期待
[スポンサードリンク]




東京白金
下げが目立ってきてます。
このままじり安を見せたりしてくると売りサインに転じやすいために注意したいところ
逆にここから反騰を見せてくると押し目完了感から上値期待が強くなることから4000円超えの期待です


東京ガソリン
先週から売りサインを見せていますが50000円を維持しております
そのため50000円を割り込む気配があり下値警戒。
維持していた相場だけに崩れてくると45000円を視野に入れておきたいところ


東京ゴム
安値更新から崩れています
157円を割り込み調整的な買戻しをみせているところ
もう少し調整高を継続する気配があり、戻りを見せてきたら売りに注意です
まだ下値を探る気配から戻り売りとみているところ





2015年10月22日木曜日

商品先物売買分析

ばたついている最中で中々更新ができませんでした。
メール配信はしっかりとやらせて頂いております。

東京金
急落から下値抵抗とされており辺りで下げ止まりを見せています。
夜間から再び下げを継続してくるのか、
下げてきたときに押し目買いが弱いと4400円近辺までの下げを見せる気配となり警戒されています。
ただ上昇トレンドを崩しているわけでないことから押し目買いとされる期待感があり、下げてもそのまま崩れるかは難しいかもしれません

[スポンサードリンク]




東京白金
下げを見せていますがまだ上昇トレンドを見せているために押し目買いとされている様子
3840円まで下げてくると下値抵抗として下げ渋りを見せる気配があり押し目買い注意
割り込みを見せると上昇に対する調整を大きく下げてみせてくるところとなりそうです。


東京ガソリン
下げサインを確定してからじりじりと下げており50000円の節目を割り込んだ時に買戻し気配となりそうですが、戻り売りとされているために下げを継続してくる気配。
反発を見せても調整高とされて戻り売りとされてくる気配です


東京ゴム
下げサインを確定してからずるずると下げを続けています162.7円の安値を割り込む材料がまだないことから様子見ムードがあり週末ともなることから買戻しの警戒です。
ただ買戻しを見せてきても買い続ける材料も同じように乏しいことから戻り売りに注意したいところ






2015年10月14日水曜日

商品先物売買分析

東京金
10月からの展開がしっかりとした上昇を見せています
調整安を見せるとの声もありましたが、引き続き上昇を見せました。
上値期待が継続されており4600円との声も出ています

[スポンサードリンク]




東京白金
買いサインから上昇を見せており、上値を探る期待感が強い銘柄
4000円のところでは売り買いの攻防が想定されており、
この時に買い玉の決済を見せてくる気配から警戒


東京ガソリン
失速を見せていますが売りサインをまだ見せていないことから押し目買いの期待があるようです。
50000円では売り買いの攻防が続いていたことから、再びこの辺からの買戻しを警戒されている様子。

東京ゴム
じりじりとした動きを継続しており、中々はっきりとした展開を見せてこない。
本来もっと動きのある銘柄だけに、こういった静かな展開は警戒をしてしまうところ
じりじりと10月は上昇を見せているが、本格的な上昇にならないことから
下げをどこかで見せてくるのではとの声が出ています。
買いサインは継続されており、下げを夜間に見せてこないのであればもう少し上昇を見せる様子







2015年10月13日火曜日

商品先物売買分析

東京金
上昇サインからしっかりとした上昇を続けていましたが、この連休明けで調整安の気配です
下げを気を付けたいところ

東京白金
しっかりとした上昇を見せた先週に対して調整するような下げも小さく終了
このまま上値期待が続いており、押し目を拾われてくる気配

東京ガソリン
55000円を手前に失速
このまま売りが続くのか注目の展開


東京ゴム
下げもわずかに見せて上値期待を継続している様子






2015年10月8日木曜日

8/24商品売買戦略 メール内容

 金は長期の決済狙いは4350円。4600円、4700円と上がっていくとは思えない。
4350円まで下げるのにも時間がかかりそうなので、新規の仕掛けはとりあえず控えた方が無難。
4500円を割れて下げが多少加速した場合、4430~4450円で建ち玉を減らし、
一時的な上げにも対応できる余裕を持って取り組みたいところ。

白金は4030円以上で引けた場合、1週間以内の決済狙いで4030円以上で夜間売りから。
安い売りは4010円で一部利益確定。長期は3900円決済狙いだが、時間がかかる可能性あり。

ガソリンは今日、夜間寄付きで買い。今週中に49500円~50500円で決済狙い。
海外が弱く買いづらいが、海外も一度瞬間的な反発があ ると予 想。

ゴム1月を180円で買いから日計りで185円決済狙い。
中長期は198円決済狙い。今月内の決済としては189.7円決済狙い。







2015年10月7日水曜日

10/7 本日の予想 商品売買戦略

白金は下げのトレンドが出来てきているので戻り売り作戦継続。
3400円割れ決済を狙って戻り売り。
戻りも終値ベースで3680円までと予想。3680円以上売り。
 
ガソリンは上向きの相場、大相場にはならず上昇も53000円~55000円までと予想。
53000円以上付けているので買い玉は値段を見て決済がおすすめ。
 
ゴムは180円をつければ売り方の手仕舞いも手伝って185円以上があると予想しており買い玉の決済狙いは180円以上。
チャート的に今週後半辺りからボックスを抜ける相場になる可能性あり。(上下五分五分)
 
金は売りから狙い4350円決済狙い。









2015年10月6日火曜日

本日の相場予想を公開

金は売りから4300円付近決済狙い。(50~100円幅狙い。)

白金は下げのトレンドが出来てきているので戻り売り作戦継続。
3400円割れ決済を狙って戻り売り。
3580円、3640円売り。最大に戻っても3600円台までと予想。

ガソリンは一応上向きの相場、ただ大相場にはならず上昇も53000円~55000円までと予想。
ボックス48000~53000円の上限を突破する程度までと予想。

ゴムは180円をつければ売り方の手仕舞いも手伝って185円以上があると予想しており買い玉の決済狙いは180円以上。
チャート的に今週後半辺りからボックスを抜ける相場になる可能性あり。(上下五分五分)


現在は白 金を注目! 今週末から来週にかけてはゴム注目!!



2015年10月5日月曜日

商品先物売買分析

東京金
急騰を見せており前日までの下げを上抜けた展開
ただ下げのトレンドを終えている様子がないことから
戻り売りとの声も出ている様子
[スポンサードリンク]




東京白金
3500円を割り込んだところからの反発となっている
上昇の勢いも一時的との声もあるが、調整を踏まえた
買戻しの勢いがまだ見せる雰囲気から上値の警戒がされている

東京ガソリン
50000円を割り込みつつも買い戻されており
ボックス圏内から脱していない様子
このボックスを抜けてこないと大きく動けない
レンジ相場が続いていることからも抜けたときの動きは
大きくなりそう


東京ゴム
10月に入り下げが落ち着きを見せて
緩やかながらも上昇トレンドを見せている
このまま上値への期待があり、下げてきた相場だけに
反発に期待する声が多い








商品先物売買戦略 

金は4380円以上売り。
基本大きなボックスで動くのではないかと見ている。(4250円~4400円)
4300円付近決済50~100円幅狙い。

白金は下げのトレンドが出来てきているので戻り売り作戦継続。
3400円割れ決済を狙って戻り売り。
3550円、3580円、3640円売り。最大に戻っても3600円台までと予想。
 [スポンサードリンク]




ガソリンはまだ 、終値ベ ースで48000円から53000円の間で動いている 。
作戦継続で4月限を48000円~49000円、成立値段から1500円以上幅を持たせた二段構えで買いから狙う。
先で48500円以下(できれば48000円)を付けた後、50000円まで戻れば買い相場になるとみている。
50000円付近で推移していれば今週末辺りよりボックスを抜ける動きがはじまる可能盛大。(実際ボックスを抜けた値段を付けるのは来週)

ゴムは180円をつければ売り方の手仕舞いも手伝って185円以上があると予想しており買い玉の決済狙いは180円以上。
チャート的に今週後半辺りからボックスを抜ける相場になる可能性が出てきている。(上下五分五分)
ただ、下に行くとしても一度上を試すと見ている。






8/21商品先物売買戦略

金は長期の狙いは4350円以下と変わらないが
枚数を減らしておいた方が無難。4600円を超えてくるとは思えないが、
基本仕掛けず様子見が良さそう。

白金長期は3900円以下決済狙い。(時間がかかる可能性あり)
4120円、4180円からの売りを狙う。短期なら4060円決済狙い。

ガソリンは49000円で買いから短期で51300円決済狙い。
来週なら50500円で決済。

ゴムは中長期では198円決済狙い。(182.5円の玉など)
今月内の決済としては189.7円決済狙い。
日ばかり狙いは182.5円買いを185円決済。
181円での 買いは全部に適用。




2015年10月2日金曜日

8/20 商品売買分析

8/20メール配信している売買分析です

商品先物売買分析

東京金
4470円を上抜け上昇を見せてきました
上値抵抗としては4560円があり、この辺では戻り売りに注意
さらここを突破しても4600円でもしっかりとした上値抵抗を
見せているために高値では売られやすい所

下値抵抗を抜けていることからも押し目は買われやすいです
4500円を割り込みを見せても4470円を下値抵抗としているために
下げて崩れるというよりは押し目を拾われる気配
[スポンサードリンク]




東京白金
4100円では上値抵抗としていたところもあり
夜間にかけて下げてくると調整的な下げを見せる気配
ただ4050円前後では下値抵抗となっていることから
押し目買いとされやすい
上値では4130円い上値抵抗があるので
この辺では決済売りに気を付けたいところ

トレンドは買いトレンドを見せていることからも押し目買いとされる気配



東京ガソリン
崩れていします
50000円を割り込み下値探る展開を継続してくるところですが
40000円の下値抵抗に行く前に
46000円台では押し目買いを見せてくる気配
戻りは売られやすい展開とされている様子から
戻り売りとして仕掛けたいところです

東京ゴム
173円を視野に入れている様子
下げすぎからの買戻しを見せており
週末に対しての決済を見せてくる気配から
買戻しの反発に注意
ただトレンドが下げていることからも
戻りは売られやすく下値注意としておきたい





本日の相場戦略 

金は4300円到達。
基本大きなボックスで動くのではないかと見ている。(4250円~4400円)
仕掛けは来週から。

白金は下げのトレンドが出来てきているので戻り売り作戦継続。
3400円割れ決済を狙って戻り売り。前日比50~100円戻したところは追撃売り。
[スポンサードリンク]




ガソリンはまだ 、終値ベ ースで48000円から53000円の間で動いている 。
作戦継続で4月限を48000円~49000円、
成立値段から1500円以上幅を持たせた二段構えで買いから狙う。

先で48500円以下(できれば48000円)を付けた後、
50000円まで戻れば買い相場になるとみている。
49000円以下が出ると見て50000円後半を売り、
1000円幅を狙う手も有るが、基本は上記の様な相場になるところを狙いたい。

ゴムは180円をつければ売り方の手仕舞いも手伝って
185円以上があると予想しており買い玉の決済狙いは180円以上。

チャート的に来週後半辺りから
ボックスを抜ける相場になる可能性が出てきている。(上下五分五分)

白金はかなり利益が出せそう。
ゴム、ガソリンも白金同様トレンドが出来れば大きく取れる。





2015年10月1日木曜日

8/20 売買戦略 メール配信内容

金は長期の狙いは4350円以下と変わらないが、明日以降下げたところで
枚数を減らしておいた方が無難。今週は基本仕掛けず様子見が良さそう。

白金長期は3900円以下決済狙い。(時間がかかる可能性あり)
4120円、4180円からの売りを狙う。短期なら4060円決済狙い。
[スポンサードリンク]








ガソリンは50150円、49000円で買いから短期で51300円決済狙い。
建ち玉から1週間以内なら50500円で決済。



ゴムは中長期では198円決済狙い。(182.5円の玉など)
今月内の決済としては189.7円決済狙い。
日ばかり狙いは182.5円買いを185円決済。
181円での 買いは全部に適用。








東京白金 

東京白金
下げが続いております

この下げトレンド、想定以上に長くなりそうですね。もしくは深く下げてくるのか。
しばらくは買いと考えたくない

気を付けたいのが乱高下が激しいので、戻り売りの指値基準
どの辺で売ればいいのか、どこまで戻ると想定したほうがいいのか
そういった展開は戦略メールをご覧ください。

年末に向けての売買戦略配信しております

有料メール配信





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。