リンク

2015年1月27日火曜日

商品先物東京金

東京金
下げを見せておりますが、長期トレンドはまだ買われてくる気配
上昇トレンドにしっかりと乗っており4800円を割り込んできてもまだ押し目買いとされる気配です
[スポンサードリンク]


突発的な材料が出て急落という展開となると状況も変わってくるので、
そういった動きには気を付けたいところ


ドル円がまだ乱高下しており、NY金との綱引き状態がありそうです。

ただ有事の金的な要素がまだ継続されているために金の需要は高そう

人質写真が合成との話も出てこれが実際に合成となると
有事の金が崩れる気配もあります。
その際は一気に4800円割れなども有るかもしれない。
これはさすがに大げさかな







フィボナッチから

フィボナッチ指数

[スポンサードリンク]








188円と215.5円の値幅を
基準としたフィボナッチ指数

201.8円の上値抵抗と
205円の上値抵抗

198.5円が下値抵抗となっています。
198.5円を割り込むと192.1円








ギャンアングルの解説

ギャンアングル
重要な値動きのうち極端な高値と極端な安値をまず除く。 次にその高値から安値を差し引き、レンジを割り出す。 そしてその変動の幅を8分割し、1/8の分割点、12.5%、25%、37.5%、50% 62.5%、75%、87.5%をとると、それが支持水準、抵抗水準あるいは買い場、売り場となる。

東京ゴム編
10/3の173.8円を始点
10/14の184.9円を終点としてこれを基本のラインととらえた場合(赤線)
それぞれの指示線抵抗線がわかる





東京ゴム 商品先物売買分析

東京ゴム
上昇基調を維持しているゴムは押し目を拾われている展開
[スポンサードリンク]






190円を下値抵抗として上値を試している
上昇トレンドと下降トレンドを見てみてもまだ下降トレンドにぶつかっていない様子から買われやすいようです


7月限がでてきており200円台をしっかりと維持して動いています。
割り込みを見せてきても押したところは買いとみて攻めていきたいところ

205円から上値抵抗を意識しる動きを見せるところです。
上値期待があり210円を視野に入れたいです。

ただすぐに急騰というわけにはいかないかもしれないので
中期的なトレンドとして意識しておきたいところ






東京金売買分析

商品先物東京金
じrじりと4900円を割り込んでいます。
4900円からの目新しい材料を待っていたようですが、際立った材料もなく決済されている様子。特別下値を探るほどの材料もないために足取りがゆっくりです。
[スポンサードリンク]





このまま材料がとぼしいと満月に向けての
売られやすい環境となっています。
月末が近づくにつれて買い玉の決済も目立つ様子。
売り方は辛抱してくることから買戻しは見せづらいかもしれません

ただ4800円を割りこんできても長期的に
上昇基調ととらえられているところが多いために、
まだ押し目を拾うという動きを見せるところ

そのため4800円を割り込みを見せても
崩れたと見るには時期尚早かもしれません。



ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。