リンク

2015年2月3日火曜日

強い東京ガソリン 商品先物東京ガソリンの分析

東京ガソリン
上昇を連日見せています。50000円台を底とした買いの攻めを継続したいところです。
急な動きのために反落に注意しつつストップロスを設定しての買いの攻め
58000円台での上値抵抗を見せていることから、この辺から一度調整的な下げを見せてくることもあります。
[スポンサードリンク]




そのため無理に買い玉を増やすことは避けたいところ
NY原油との関連をしっかりとチェックしてポジションを守っていきます。
原油が12月に海外ファンドがガソリンを買い増ししているため
70ドルから50ドルの間を買っていることになります。
そうなると簡単な平均として60ドルのポジション。

ファンドとしてはこの60ドル近辺までを想定している可能性がある。

買いで攻めていくとするとこの60ドルを一つの視野として考えています。
途中で反落することとなれば話は別ですが、
しっかりと上昇基調を見せている間は視野に入れておきたい値段です。






東京ガソリンは攻めか

東京ガソリン
上昇を見せる東京ガソリン
この動きは期待してしてしまいますね。
底打ちと仮定して攻め時かと思っております



商品先物東京金の分析

東京金
下げを見せて4800円を割り込みました。
ドル安、NY金安下げ材料がそろっての下げです。
今後の金の動きを分析してみたいと思います
[スポンサードリンク]



アノマリー的にみると明日の満月に向けての下げと見て取れます
チャートにすると↓


チャートにトレンドを引いてみると↓

まだ下弦の抵抗線を意識している下げ方です。
割り込んでくる下げとなると警戒ですが、下げが弱いと再び買いが出てくるところ。

原油の上昇などを見ていると後々金などにも波及してくる気配があり、下げてきても押し目買いとされるとみています。
ドルが下げてきて資金シフトが出てくるのか、関係なしに上昇を見せるのか!?

動き的には押したところを拾う動きがあるとみているために4700円台で段階を踏まえて攻めていきたいところ



ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。