リンク

2015年2月9日月曜日

商品先物 東京金の売買分析

東京金
4700円の安値を見せてその後4725円前後をうろうろとした展開
ドル円がどこまで揺さぶれるのか、NY金が反転するのか様子見の日中でした。
今後の展開は
[スポンサードリンク]




国内ではドル高に対して売られている点から
資金シフトが金からドルに行っているために実需的に警戒されており、
4700円割れを見せても不思議ないところです。

ただそのまま下げていくのかというとまだ押し目は拾われる気配から
4700円割れからの買い方の出方が気になります。
4700円割れに対しても強い買いが出てこないと、
再び下値を探る展開を見せてくるために4600円割れの警戒としておきたいです。

NY金は1200ドル割れあたりには実需的にも
十分買われやすい値位置なので、
一本調子での下げは難しそう。

ドル円も120円には上値抵抗としてもう一段のドル高には材料が足りないので、
調整的なドル安がくると資金が再び金に一部流れてくる形から
押し目は気を付けておきたいところです。







ドル円上昇、今後の注目は

ドル円
しっかりとしたドル高を見せており、利上げ期待などの声があります、
この影響からドルが買われて円安という展開。
では今後の焦点は
[スポンサードリンク]




このまま一本調子のドル高とみるにはもう一つ材料が欲しい所、
今週の住宅ローン申請や失業保険申請件数などの
発表待ちの雰囲気から、酢恋押し目を見せる気配があります。

噂として利上げ期待で買われて、
事実が利上げ見送りで売られるという展開も
十分あるため仮に120円を超えてきても十分注意が必要

今週は押し目を拾って120円に近付いたら
ドルを売るというボックス展開を見せそうです。






ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。