リンク

2015年2月12日木曜日

商品先物 東京ガソリン売買分析

東京ガソリン
原油がs気を見せており下値警戒がされております。
NY原油が47ドルを割り込んでくると戻り完了感から下値を警戒したいところ
国内では
[スポンサードリンク]




まだ上昇トレンドをみせており直近の高値を更新していることから
上値期待を感じさせている。
59000円に入ってくると60000円の上値抵抗を意識した展開から
上げ足が鈍くなるところもありそうだ

下値としては57800円あたりでは押し目買いとされているために
下げ余地はある。
NYの原油の下げ幅が気になるところ



東京トウモロコシ 売買分析

東京トウモロコシ

ここ数年のパターンを再び見せてくれそうです。
ドル円も120円でしっかりとしているようですが、
今晩の発表があるまでは油断したくない所

[スポンサードリンク]




今年もこのパターンで狙っていきます。
円安なども助長してくれると嬉しいですね。

穀物関係が昔のようなにぎわいを
見せてくれることを常に思っているのですが、
中々そうはいかないようです。

まだ売買の低迷が目立っており寂しいところですね。


東京金の分析



ドル円120円からの東京金売買分析

東京金
ドル円が上昇したことで金からの資金シフトで下落
国内では円安の影響もあり下げ幅は小幅となっています。
では今後の展開は
景気回復基調から資金のシフトが続いています。
今晩の失業保険申請件数にも好調の期待があり
ドル円はしっかりとした展開を見せそうです。

そうなるとNY金などはやはり売られやすい傾向
市場的に120円からの伸びにたいして調整安警戒する声があり、
それに対応して金の安値を拾う動きもあるようです。
[スポンサードリンク]




ただ金自体の価値は下がっているわけではないことから、
やすい所の金価格には需要がありNYでは
1200ドル割れはしっかりとした買い場とされるところ。

国内でもドル円への資金シフトがずっと継続するわけではなく、
円安による上昇の助長もきたいすることからも
4700円前後はしっかりと買われてくる気配です。

そのため長期的にはまだ買いの方向として見ておきたいところ







ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。