リンク

2015年3月5日木曜日

商品先物の売買分析 東京金 東京ガソリン 

東京金
4700円を超えてから上値重く戻り完了感がある
そのため下値警戒となり4600円割れ視野に入れておきたい
反発を見せても戻り売りとされやすく下値警戒
上値の抵抗とされてくるところが
[スポンサードリンク]




4630円前後となりここを上抜けてくると少し上値期待があるた目注意のところ
NYがスタートしてくると再び流れが変わってくるかもしないが、目先的には弱い気配がある

4630円を超えて維持してくると逆に下値堅い展開となることもあるために
その辺だけ注意しておきたい


東京ガソリン
売られているところを見せているが、まだ上昇トレンドに沿っているために上値警戒
ただ60000円を割り込むと上値に対する失望感から買い玉の手じまいに気を付けたい
60000円を維持してくると直近の高値を試す気配があるところ






東京ゴムが崩れてきた

東京ゴム
夜間から崩れている東京ゴム
再びじりじりと値を下げています。
買いのポイントがどこに来るのか!?
[スポンサードリンク]




売りポジションは維持のまま
押し目買い狙いは下げ止まりを見極めるまで様子見のところ


210円ま出の勢いがあるかもしれません、
ただそこから押し目の気配もありじっくり見たいところ。

210円行く前に反発を見せてくるなら
再び下げの反動がでてくるために上昇の勢いもあるところです。






ビジネスパーソン必携、これぞハンズフリーイヤホンマイクの決定版

仕事をしていると職場の電話だけではなく
スマホなどにも電話はひっきりに無しにかかってきます。

外にいれば移動中であったり、職場にいてもパソコン操作をしながらの会話だったりが基本です。

そういう環境なので常にハンズフリーは意識して使っています。
イヤホンマイクがものすごく便利
[スポンサードリンク]




iphoneだと買ったときについてくるイヤホンマイクがありますが、これがけっこう線が邪魔
そこで無線でイヤホンマイクとして利用できるものを後付で購入するのですが、問題点がありまして、電池の寿命なんです。
これがここで切られたら!!ってタイミングで必ず電池切れ

本当に困ったもんです。

そんな時に見つけたのがこれ!!
驚いてくださいね
パワーナップバッテリー機能で最長365日間の待受け可能なBluetooth対応モノラルヘッドセット
めちゃめちゃ長いですよ!
充電の心配不要です。
連続通話9時間、音楽再生でも最大9時間使えます。丸一日使い倒せるのは、ビジネスの強い味方ですね!と書いてありましたのでこれは絶対使えますよ!!!

仕事でレベルの高い仕事を考えている方への最強アイテム





猛烈におすすめです





商品先物東京金の朝の売買分析

東京金 
夜間の下げに対する買戻しから小幅な調整高をみせるところもありそうですが、材料的にまだ戻せる材料が薄いことから下げを引きづる気配があり4600円割れ警戒
[スポンサードリンク]


     style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
     data-ad-client="ca-pub-8132327215834938"
     data-ad-slot="2504509978">


買戻しからの上昇で4620円を超えてきたときに買いの勢いを見せてこれないと、再び戻り売りとされやすいことから下値警戒したいです。

4600円を割り込むと利益確定の買戻しを見せやすく小幅な反発もありそうです。

反発を見せてきたときに再び4600円を超えて維持してくると下値に対する警戒から底堅いうごきをみせるところ。





ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。