リンク

2015年6月18日木曜日

商品先物売買分析 

東京金
引き続き4713円の高値を超えてくると上値警戒のところ
下値としては4660円を下値抵抗としたところのため、この値位置に注意しておきたいです。
ドル円が材料不足からじりじりと売られており、円高傾向をさらに見せてくると金への資金シフトから底堅い展開を見せてくる気配です。


東京白金
下げに対しての買戻しとなり、上昇幅も弱めです。引き続き下値を期待したいところ。
下げ一巡の思惑から買戻しが継続されてくると反動もそれなりに出やすい所なので売り玉はストップロスを継続
[スポンサードリンク]





東京ガソリン
レンジ相場を継続しています。あわてずにレンジを抜けてからの仕掛としたい


東京ゴム
じりじりと下げを見せています。もう少し下値を期待しているところですが、反発には気を付けたい。



伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術
カーティス・フェイス
徳間書店
売り上げランキング: 2,065











FX売買 ポジション

ドル円
ポジションなし

ユーロ円
134.9円買いポジション

ポンド円
192円買いポジション

豪ドル円
ポジションなし


[スポンサードリンク]






損益合計
ドル円   ¥315,590
ユーロ円 ¥185,050
ポンド円 ¥279,730
豪ドル円 ¥199,000







貴金属売買分析 東京金の売買戦略

東京金
[スポンサードリンク]





FOMCの発表は折込み的な内容だっただけに市場に与える影響は低かったようです。
( 米連邦公開市場委員会(FOMC)は17日、最大限の雇用と物価安定の目標に向けて、
フェデラルファンド金利の誘導目標水準を年0-0.25%のレンジで据え置いたことを発
表した。)


市場では新しい材料がないことから動きのきっかけになるニュース待ちのところ
ただじわじわ買われている様子から4713円を上抜いてくると買い圧力がしっかりとしていることとなり上値期待が強い所です。
4700円の維持が難しいとじりじりと売られてきます。
その際にドル円の動きが乏しいとデイトレード的な買戻しも出てくるために午後からの反発に気を付けるところとなりそうです。



ETF現物保有量残高:単位はトン                                            
*世界12カ国金ETFトン残高    1,031.98(前日  1,031.98)               
*米国金ETFトン残高(GLD)   701.90(前日    701.90)  







ブログタイムズ

jiji.comアクセスランキング

株式会社 共同通信社

為替ニュース | Klug クルーク

WSJ.com: Japan Market

WSJ.com: Japan Commodities

必読

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提 供としたものであり、今後の商品市況の動向や売買、FX取引に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じ たいかなる損害についても当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について、内容の正確性、完全性を保証するも ではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に際しては、「ご自身の判断」で行なって頂けますよう宜しくお願いい たします。


◇FX取引、商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引する為、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。